<PR>当ブログはアフィリエイトプログラムを利用しています。
又、プロモーションが含まれています。

MFゴースト/カナタ・リヴィントンの父親は誰?藤原拓海との関係についても

「MFゴースト」はしげの秀一原作で”頭文字D”のコンセプトを引き継いでいる事で話題になり、2023年10月からアニメ放送が始まっています。

“MFG”というカーレースが日本で開催されはじめ、世界中で注目されるカーレースとなりカナタ・リヴィントンも来日し参戦するというストーリーです。

そこで今回は「MFゴースト/カナタ・リヴィントンの父親は誰?藤原拓海との関係についても」というタイトルで書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

☆この記事を読んだ人におすすめの記事

MFゴースト/カナタ・リヴィントンの父親は誰?

「MFゴースト」の主人公の片桐夏向ことカナタ・リヴィントンは謎が多く、特に父親の事はあまり知られていませんでした。

少しづつカナタ・リヴィントンの事が明かされるにつれて、父親の事も分かってくるのではないかと期待されています。

カナタ・リヴィントンの父親は誰なのか調べてみました。

カナタの父親は片桐健

カナタの父親は片桐健です。

カナタは日本人の父とイギリス人の母との間に生まれたハーフです。

4歳でカートに乗り始め頭角を現し10歳でF4選手権に初参戦してから、2年でタイトルを手にしています。

ところが母親の死がきっかけで精神的なスランプに陥り、藤原拓海に背中を押されて来日し父親を探す事にしたのでした。

父親はカナタが幼い時に失踪

父親はカナタが幼い時に失踪しています。

物語当初から既に行方不明となっており、キャサリンと同じ美術大学で彫刻を学んでいた事ぐらいしか分かりませんでした。

そしてキャサリンと結婚しカナタが産まれるものの、カナタが物心付く前に理由も言わずに失踪してしまったのです。

父親は日本で仏師として活動している

カナタの父親は日本で仏師として活動している事が判明しています。

仏師として活動しているとは意外な事実だったかもしれませんが、真摯に取り組んでいたようです。

美術大学に通っていた頃から作品には凄みがあったと評され、ストイックさが伝わるとも言われています。

カナタは父親を探す為に西園寺家を頼り来日

カナタは父親を探す為に西園寺家を頼り来日します。

カナタの母親が日本の美術大学に留学した際に恋の母親がクラスメイトだったという縁から、行方不明の父親捜しに協力してくれる事になり来日したのです。

ただ日本との文化や生活習慣が違う為か、西園寺家の人を困らせる事もありました。

苗字で片桐を使うのは父親に存在を示すため

苗字で片桐を使うのは父親に存在を示すためです。

自身の存在を父親に示すためにMFGで使うエントリーネームを父の苗字と漢字を使った”片桐夏向”を名乗る事にしたのでした。

手がかりがないのでレースで有名になれば父親が気付いてくれるだろうと考えての事で、彼が父親にどれだけ会いたいかが分かります。

バイトをしているカフェでも片桐の苗字を使っている

ナナタはバイトをしているカフェでも片桐の苗字を使っています。

MFGの収入だけで十分生活できるのにバイトをする理由は、父親がカフェに来るかもと考えたのかは不明です。

カナタは真面目で努力家なので日本語の勉強を兼ねてバイトをしようと考えたのかもしれません。

手がかりは父親と母親が一緒に写っている一枚の写真だけ

手がかりは父親と母親が一緒に写っている一枚の写真だけです。

カナタの両親が一緒に写っている写真は1枚しかなく、約20年前の写真で”鎌倉の街のどこか”程度の情報しかありません。

写真の背景も曖昧でどこで撮ったものなのかは地元の人でも分からないレベルでした。

お寺か神社の境内で撮ったものと推測できたようですが、鎌倉には数えきれないほどの神社仏閣があるので探すのは大変です。

しかしカナタが恋に来日した理由を話すと恋も手伝うという事になりました。

第13巻148話で片桐健の死亡が判明

第13巻148話で片桐健の死亡が判明しています。

カナタが父親に知ってもらおうとMFG第3戦を戦っている最中に昏睡状態となってしまい、そのまま他界してしまいました。

会う事は叶いませんでしたが、息子の活躍を見る事ができた事だけは良かったのではないでしょうか。

カナタが来日した時はすいぞうガンの末期の状態

カナタが来日した時はすいぞうガンの末期の状態でした。

片桐健は日本で仏師として活動していましたが膵臓癌を患っていて、カナタが来日した時点で既に末期状態だったのです。

結局群馬大学附属病院に運ばれて手術を受けますが、手の施しようがない状態で諦めるしかありませんでした。

MFGを見てカナタの存在は知っていた

片桐健はMFGを見てカナタの存在は知っていました。

息子のカナタが自分を探している事には気づいたものの、会う気はなかったようです。

直接会えなかったものの息子の活躍を遠くからでも見られて、嬉しさや誇らしさを感じていた思われます。

名乗りでなかったのは失踪したことに負い目を感じていたから

片桐健が名乗りでなかったのは失踪したことに負い目を感じていたからです。

病気とカナタが生まれて間もなく失踪したという負い目から連絡を取るのを躊躇ってしまったのか、第1戦と第2戦を入院先で応援するだけでした。

カナタの人となりを知っていれば、父親を責めたくて探していたのではないと分かって会う気になったかもしれません。

片桐健の妹の楓が片桐に父親の状態を伝えた

片桐健の妹の楓が片桐に父親の状態を伝えています。

父親の訃報を知らせてくれたのは片桐健の妹の楓で、カナタの叔母にあたる人です。

その際に父親が息を引き取る寸前までカナタを応援していた事、直接話す事はできませんでしたが最後まで息子を見捨ててはいなかったと語りました。

直接会えませんでしたが、カナタが父親の気持ちを知る事ができたのは良かったのではないかと思われます。

カナタ・リヴィントン(片桐夏向)と藤原拓海との関係は?

MFゴーストが始まった頃はカナタの父親は藤原拓海じゃないかという憶測が出ていました。

頑固さとストイックさがあり芸術家肌で職人気質と言われた藤原拓海とカナタの関係に注目が集まったほどです。

そんなカナタ・リヴィントン(片桐夏向)と藤原拓海との関係はどんなものだったのでしょうか。

藤原拓海はカナタのアカデミー時代の講師

藤原拓海はカナタのアカデミー時代の講師です。

藤原拓海はある事故から消息不明となり10年以上の歳月が流れていたのですが、英国の名門レーシングアカデミーRDRSで講師となっていた事が判明します。

突然の藤原拓海の登場はファンを喜ばせ、盛り上がりを見せました。

カナタは藤原拓海を最も信頼していた

カナタは藤原拓海を最も信頼していました。

カナタのアカデミー時代の講師でカナタが最も信頼していた先生が藤原拓海でした。

伝説級の藤原拓海から教えてもらえるというチャンスを手に入れたカナタですが、藤原拓海の頑固さとストイックさも受け継いだと言われています。

藤原拓海はカナタの師匠

藤原拓海はカナタの師匠でもあります。

カナタは休日に藤原拓海に2人で過ごした思い出や、特に目をかけてもらっていた事などを語るシーンがありました。

さらに”自分には父親がいないから先生の事を本当の父親みたいに感じる時もあった”と藤原拓海を師匠以上に慕っていた事も描かれています。

カナタはほとんど覚えていない父親と作れなかった思い出を、藤原拓海と作れたようで嬉しかったのではないでしょうか。

まとめ

・カナタの父親は片桐健。

・父親はカナタ幼い時に失踪。

・父親は日本で仏師として活動している。

・カナタは父親を探す為に西園寺家を頼り来日。

・苗字で片桐を使うのは父親に存在を示すため。

・バイトをしているカフェでも片桐の苗字を使っている。

・手がかりは父親と母親が一緒に写っている一枚の写真だけ。

・第13巻148話で片桐健の死亡が判明。

・カナタが来日した時はすいぞうガンの末期の状態。

・ MFGを見てカナタの存在は知っていた。

・名乗りでなかったのは失踪したことに負い目を感じていたから。

・片桐健の妹の楓が片桐に父親の状態を伝えた。

・藤原拓海はカナタのアカデミー時代の講師。

・カナタは藤原拓海を最も信頼していた。

・藤原拓海はカナタの師匠。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【超お得!】MFゴーストの原作マンガが全巻40%オフ!

実はMFゴーストの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。

この方法を使えばMFゴーストの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更にMFゴーストの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

☆この記事を読んだ人におすすめの記事
✔︎Check
 
アイモバイルネットワーク 記事下


 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする