マイキーが梵天を作った理由・なぜか?何巻何話か解説

★PICKUP

2022年の11月まで週刊少年マガジンで連載されていた作品で、そろそろ第二期が始まる時が迫る東京リベンジャーズ。

東京卍會の総長で、喧嘩では負け知らずであり、無敵の異名までついている佐野万次郎ことマイキー。

そんなマイキーですが、関東事変後の現代で犯罪組織の梵天のトップになっていました。

東京卍會を解散させたのに、何故別の組織を立ち上げたのでしょうか。

その理由を始め、何時から梵天や梵天のトップになったマイキーが登場したのか、興味がある人はいる筈です。

こちらの記事ではマイキーが梵天を作った理由・なぜか?何巻何話かについてより詳しく解説していきたいと思います!

それではさっそく見ていきましょう!

※一部ネタバレ要素もありますのでご注意ください。

PICKUP

東京リベンジャーズ/マイキーが梵天を作った理由・なぜか?

まずはマイキーが梵天を作った理由について解説します。

果たして、どういう理由で作ったのでしょうか!?

2018年の未来で梵天は日本最大の犯罪組織

梵天は現代で日本最大の犯罪組織となっていました。

賭博、詐欺、売春、殺人と言った犯罪には必ず梵天が関わっているとされているくらいの犯罪組織になっており、警察も全貌を把握できずにいるくらいの規模となっています。

しかも一般市民の多くが彼らの犠牲になっていて、過去を変える前の東京卍會と何ら変わりはありません。

過去でマイキーが設立した関東卍會に六破羅単代と梵(ブラフマン)が合併した事で誕生した事になっています。

それ故に元天竺の面々やココ、春千夜、明司が加わっているのです。

そして裏切りを起こせば、始末されて魚のえさにされてしまいます。

それは幹部が裏切っても同じでした。

マイキーには黒い衝動で制御できないもう1人の自分がいた

https://twitter.com/PONTA_FLC/status/1502242136728559619

マイキーには黒い衝動と言う自分では抑えきれないもう一人の自分がいたのです。

そのもう一人の自分は目の前にいる敵を始末しないと気が済まない性格をしていました。

これまでは真一郎、場地、エマがいたから表に出る事は余りありませんでしたが、彼らが命を落とした後は本格的に出てきて、マイキーを蝕んだのです。

周りを不幸にさせない為に東京卍會のメンバーと決別

マイキーもその事は薄々感づいていて、このままでは皆に迷惑をかけると思って東京卍會のメンバーを痛めつけたのです。

いきなりこんな目に遭わされた彼らはマイキーと決別しました。

その描写は余り書かれていませんが、決別を告げられた時は内心これでいいんだと思っていたでしょうね。

梵(ブラフマン)・天竺と同じ字が使われている

梵天には梵と天竺の2つの文字が使われています。

梵天の主な幹部は梵と天竺のメンバーから選出されているため、梵天と言う名前が付けられたのだと思いますね。

黒川イザナの思いを継いだ?

https://twitter.com/a_mondkoka/status/1518567383857647621

そしてマイキーは黒川イザナの思いを継いだんじゃないでしょうか。

イザナは絶対的な王として君臨し、仲間を駒のように使う男です。

マイキーは彼と同じ耳飾りを首に彫り、髪も白髪にする事で、自分はイザナの思いを受け継ぐと言う意思を示したのでしょう。

明司武臣が第2の稀咲役だった?

そしてマイキーに仕えている明司は前の東京卍會における稀咲と同じ立ち位置だったんじゃないでしょうか。

明司は千咒の代わりに人員、人脈、金を整えていた様子がある事からも、かなり有望な男です。

それに初代黒龍(ブラックドラゴン)時代は参謀的地位にいました。

更に明司は稀咲と違って戦いも出来た事から、頭脳や人脈、戦闘と色々こなせる実力者です。

マイキーは明司のそんなところに目をつけ、自分達では足りない部分を補って貰おうと相談役になってもらったのでしょう。

東リベ/マイキーの梵天時代は何巻何話?

次は梵天が何巻の何話に登場したのかについて解説します。

果たして、何時から登場したのでしょうか!?

梵天の登場は22巻194話/The keepsake

https://twitter.com/fmin_t/status/1449442036344492034

梵天が登場したのは第22巻第194話です。

タケミチがタイムリープして現代に戻ってから数日後、彼は第1話みたいに汚い部屋で寝転がってお菓子を食べながらテレビのニュースを見ていました。

ニュースの内容は都内で抗争を行った結果、一般市民に犠牲者が出たと言う事でした。

タケミチは現代の東卍の事を知っているため、似た組織もいるんだなと思いながらお菓子を食べていました。

そんな中、映像で黒川イザナと同じ耳飾りを首に彫っている男性の姿があったので、この映像を見たタケミチはドラケンとかに問い詰めてマイキーと決別した事を知り、ナオトに協力してもらった結果、マイキーが梵天のトップなのを知ったのです。

梵天時代のマイキーの登場は23巻201話/What’s up?

梵天時代のマイキーが出てきたのは第23巻第201話です。

タケミチは一虎と共にアジトを探していましたが見つからず、それにヒナタとの結婚式も近いのもあって探すのを控えるよう一虎に言われます。

そして昔、梵天の拠点となったアジトのボーリング場に来たタケミチはマイキーの事を考えていると、不意に現れた春千夜に銃口を突きつけられました。

更に後ろから目にクマを作ってるマイキーが現れ、平和な未来になったのにまだ何か足りないのかと呟いたのです。

マイキーに声を聞いたタケミチは涙を流しました。

まとめ

・マイキーはイザナの思想を継いだ事によって梵天を作った可能性がある

・梵天が登場したのは第22巻第194話、梵天時代のマイキーが出てきたのは第23巻第201話

最後まで読んでいただき、有難うございます!

★PICKUP

★この記事を読んだ人におススメ

【超お得!】東京リベンジャーズの原作マンガが全巻40%オフ!

実は東京リベンジャーズの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えば東京リベンジャーズの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更に東京リベンジャーズの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

PICKUP