チェンソーマン/レゼは最後に死亡か生きてる?どうなった・復活理由についても




今や国民的漫画となった『チェンソーマン』。

主人公・デンジがチェンソーの悪魔と契約して他の悪魔を倒す物語です。

作中で、デンジが電話ボックスの中で出会った女性がレゼです。

華奢で低姿勢な美少女で、特徴はリングのついたチョーカーを首につけていることです。

デンジとレゼは一緒にお祭りに行ったりして仲良くなります。

そんなレゼですが、最後に死亡してしまうのでしょうか。

それとも生きているのでしょうか。

それでは見ていきましょう。

★PICKUP

スポンサーリンク



チェンソーマン/レゼは最後に死亡・死んだか生きてるか?


チェンソーマンに出てくるレゼは最後に死亡してしまうのでしょうか。

調べていきましょう。

爆弾の悪魔の武器人間で不死身

爆弾の悪魔の武器人間で不死身です。

レゼは、デンジと同じく悪魔と契約した人間の一人です。

「ボム」と呼ばれる武器人間で、爆弾の悪魔に変身する能力を持ちます。

身に着けたチョーカーのピンを引き抜くと返信します。

頭が爆弾のような形に変身し、ダイナマイトがついたエプロンが現れます。

爆弾でもあるため、水が弱点です。

小柄な女性とは程遠い凶悪な悪魔へと変身します。

新幹線に乗らずデンジが待つ喫茶店に向かう

新幹線に乗らずデンジが待つ喫茶店に向かいます。

レゼとデンジは、出会ったときからお互い惹かれあいます。

しかし、レゼの正体は「モルモット」と呼ばれるソ連軍によって工作員となるように人体実験された子どもでした。

その目的は、デンジの心臓を狙うスパイだったのです。

そのため、レゼの好意は全て偽物だったのです。

しかし、自分の正体がばれたあともデンジはレゼを変わらず好いています。

そしてレゼに喫茶店で待つと伝えます。

一度は新幹線に乗って去ろうとしますが、降りてデンジが待つ喫茶店へと駆け出します。

デンジと一緒に逃げるつもりだった

レゼはデンジと一緒に逃げるつもりでした。

デンジは、学校に通ったことがありません。

そんなデンジを、レゼはあわれみます。

「16歳なのに学校にも行かず悪魔と殺し合いをさせられているデンジの状況はおかしい」と感じています。

そこで、レゼはデビルハンターとしての仕事を辞めて一緒にどこかへ逃げようと提案します。

しかし、デンジは仕事が楽しくなってきたことを理由に断ります。

マキマと天使の悪魔により死ぬ

マキマと天使の悪魔により死にます。

レゼは、デンジが待つ喫茶店へ向かいます。

しかし、公安特異課のリーダーであるマキマが立ちふさがります。

天使の悪魔も現れて、天使の悪魔が放った槍に貫かれてしまいます。

致命傷となり、レゼは絶命してしまいます。

一部の最期でデンジとの戦闘で死亡したシーンはない

一部の最期でデンジとの戦闘で死亡したシーンはありません。

デンジの命を狙うことが目的であるリゼ。

仲の良い姿が印象的ですが、最終的にチェンソーマンであるデンジと戦います。

チェンソーマンは現在第二部が始まっていますが、作品一部の最後で死亡したシーンはありません。

レゼは最後まで死んでない可能性が高い

レゼは最後まで死んでいない可能性が高いです。

レゼは、マキマと天使の悪魔によって殺されてしまいます。

しかし、レゼは爆弾の悪魔として不死身の身体を持ってもいます。

そのため、最後まで死んでいないのではないかと言われています。

レゼはどうなった・復活理由や再登場するのか?


スポンサーリンク



レゼはどうなったのでしょうか。

復活した理由や再登場があるかどうかも調べてみましょう。

デンジがチェンソーマンになった時に再登場

レゼはデンジがチェンソーマンになった時に再登場します。

公安特異課のリーダーであるマキマの正体は「支配の悪魔」です。

その目的は、チェンソーマンを倒すことです。

マキマがチェンソーマンと戦うために私兵集団を率います。

その中にレゼもいたのです。

公安対魔特異5課に所属して生きてた

レゼは公安対魔特異5課に所属して生きていました。

レゼは、マキマの支配の悪魔の能力の餌食となります。

私兵集団である公安対魔特異5課に強制的に所属されていたのです。

しかし、公安対魔特異5課の武器人間たちはチェンソーマンに簡単に敗れてしまいます。

マキマ(支配の悪魔)に洗脳されている

マキマ(支配の悪魔)に洗脳されています。

マキマの正体は、支配の悪魔です。

支配する方法は、マキマに好意を抱くように洗脳されています。

レゼだけでなく、公安対魔特異5課の武器人間は全員マキマに好意を抱くように洗脳されています。

男も女も関係ない恐ろしい能力ですね。

第二部以降も生存している可能性は高い

第二部以降も生存している可能性は高いです。

チェンソーマンは第二部が始まり、戦争の悪魔が新しく登場しています。

この第二部でも、レゼは生きているのではないかと言われています。

第一部で、レゼが死んでしまった描写はなかったからです。

レゼの再登場・復活は何巻何話?

レゼの再登場・復活は何巻何話でしょうか。

レゼは、一度はマキマに見つかり殺されてしまいます。

しかし、10巻の第86話で再登場します。

この時は、チェンソーマンにばらばらに斬られます。

11巻の94話で再び復活し、デンジの前に現れます。

まとめ


ここまで、レゼが死んでしまったかどうかについて調べてきました。

・レゼの正体はモルモットと呼ばれるソ連の工作員

・目的はデンジを殺すこと

・デンジはレゼに好意を抱き駆け落ちを提案する

・一度はマキマに殺されるが支配され復活する

レゼは、不死身という特性を持っています。

もしかすると今後も作中に登場するかもしれません。

楽しみですね。

【超お得】チェンソーマンの原作マンガが全巻40%オフ!

実はチェンソーマンの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばチェンソーマンの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更にチェンソーマンの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

★PICKUP