彼女お借りしますは頭おかしいし気持ち悪い?イライラする理由は?




「彼女、お借りします」は、宮島礼吏による「週刊少年マガジン」(講談社)で2017年32号

から連載中の作品です!

略称は「かのかり」と呼ばれ、2021年12月時点でシリーズ累計発行部数は1000万部を突破し

ている人気な作品です。

そんな人気作品ですが、ネットでは結構頭おかしいや気持ち悪い、イライラするなどの言葉も

目立ちます。

一体どういうことなのでしょうか。

早速見ていきましょう!!!

★PICKUP

スポンサーリンク



彼女お借りしますは頭おかしい?

人気作品「彼女お借りします」ですが、ネットで検索してみると意外と荒れているコメントも

目立っています。

その中でも頭おかしいというコメントがあります。

下で詳しく見ていきます。

おばあちゃん(木ノ下和)が和也の恋愛事情に首を突っ込みすぎてる?

「彼女お借りします」という作品の中には人の恋路にかなり首を突っ込むおばあちゃんがいます。

それは木ノ下和です。

普通孫の恋愛事情にあんなに首を突っ込むでしょうか?

ネットで見てみるとこのような意見がありました。

「もともと和さんは陽気なタイプのひとで、今まで彼女が出来なかった和也に彼女が出来た(し

かも超美人)と思っているのでとても感動したんじゃ無いでしょうか。

きっと心が若いまま歳をとったおばあちゃんなんですよ。」

なるほど、納得です。

確かに今まで彼女が出来なかった孫に彼女が出来れば家族、親戚総出で祝ってもおかしくない

かもしれません。

自分はそこまで恋愛に困らなくても孫が大きくなってから初めて彼女が出来たとなればうれし

くなるものなのでしょうね。

元カノがヒロイン扱いされている

和也の元カノである七海麻美ですが、ゆるふわ系美少女として登場しました。

麻美は、小悪魔系女子として登場し、和也のことをたった一ヶ月で振りました。

一見人当たりの良い性格をしているようですが、実は黒い一面も持っていて付き合っていた頃

の和也とのエピソードを語ってレンタル彼女である千鶴を牽制する一幕もありました。

このことから作中ではメインヒロイン扱いを受けているようで、Twitter上では「悪い女だな

ぁ」「腹黒で怖いけど可愛い」といった感想が続出していました。

彼女お借りしますは気持ち悪い?

スポンサーリンク



今までは和也の祖母や元カノが「気持ち悪い、いやだなぁ」と言われていましたが、主

人公である和也も不人気の票が入っているようです。

主人公和也が不快できつい

木ノ下和也の性格は見栄っ張りなどからくる虚言癖だと思います。

作中の冒頭で、彼は、彼女に振られてしまって自暴自棄になっていた時に、レンタル彼女を利

用することになりました。

しかし、その後に家族や友人たちにはそのレンタル彼女を「自分の彼女」だと言っています。

当然ながら、水原千鶴からすると、レンタル彼女としてサービスを行なっているだけです。

それなのに、彼は見栄からなのか、本当のことを告げていません。

わざわざ「彼女」として紹介するのではなく、普通に友達として紹介すればよかったのになと

思います。

彼の見栄っ張りなところが出てしまった一面でしょうが、ファンとしては、さらに、「気持ち

悪い」と思われてしまったのではないでしょうか?

さらに、木ノ下和也は、初めてレンタル彼女を利用した時に、水原千鶴にデート中に、手を握

られたことで「自分に気があるのか?」と勘違いをします。

しかし、当然ながら彼女は、仕事として彼に対して奉仕しているだけです。

そして、また彼に再利用してもらうために、お客さん全員に行なっていることでした。

そして、ここからさらにクズ度が高まります。

再び、千鶴をレンタル彼女として利用し、その際に

「モテない童貞を相手に好きでもないのにデートをして金を貰うのに抵抗はないの?」

なんて発言をし、彼女に対して説教じみたことをしてしまいます。

また、この時もグチグチとおっさんの説教のような感じで話をしているので、この姿を見

た読者からは「自分を棚に上げてこれかよ」などと言われているようです。

やはり「クズ」なのには変わりはないので、彼の評価が読者からかなり低いものになってしま

うのも仕方が無いでしょうね。

メインヒロインが主人公に振り向く要素がない

木ノ下和也は、かなりスケベです。

彼は、水原千鶴の胸ばかり見てみたり、すぐにそういう妄想をしてみたり。

一人で処理するのも日課のようで、元彼女である七海マミの写真をお供にすることもありまし

た。

こんな主人公では元カノといえど振り向いてくれるなんてあり得ないですね。

彼女お借りしますがイライラする理由

散々気持ち悪いという内容を書いてきてさらに追い打ちのようになるが主人公にイライラして

いる視聴者・読者がいるのもまた事実です。

この「彼女お借りします」の主人公和也は過去最高にゲスな主人公だと言われています。

主人公が見ていてイライラする

主人公を見ていてイライラする要因に土下座や煮え切らない態度があります。

実は「彼女、お借りします」の作中では、木ノ下和也は幾度となく、平気で土下座をしています。

彼は、ちょっとしたお願いをするような場合でもすぐに土下座をしてしまうようです。

こんな姿を見た読者からは、「クズだなぁ」「救いようのないクズ」なんて言われているようです。

作中で木ノ下和也は、水原千鶴に対して恋心を芽生えさせます。

そして、物語が進んでいくにつれてそれがどんどん確実なものになっていきます。

しかしながら、彼は、作中の他のヒロインに対してもデレデレしてしまったり、煮えきれない

ような態度をしています。

それが読者にとってとても許せないポイントになりました。

何せ、彼は水原千鶴のために一生懸命になっているので、一途に思いをはせているのだと思わ

せていました。

しかしながら、他のヒロインに対してもデレデレなので本当に一途なのかと疑いたくなりま

す。

特に、桜沢墨(さくらさわ すみ)や更科るか(さらしな るか)に関しては、彼に対して少な

からず好意を持っているため、彼自身も煮え切らない態度になってしまうのでしょう。

しかしながら、こう言った一連の彼の行動がファンを逆撫するような態度になってしまってい

ます。

好きな人がいるのだから、他の人に隙を見せるべきではないと思いました。

一途に千鶴のことを想うことで、彼に対する「クズ」や「気持ち悪い」と言うイメージを払拭

することは可能だと思います。

しかし、今後も変わらなければ、イメージは変わらないままでしょうね。

展開が遅くてイライラする

この意見が出てしまった主な理由については、和也と千鶴の関係が一向に進まないといったこ

とが理由にあるようです。

最初は、「和也がレンタル彼女として雇った千鶴に恋をした」という関係なので、千鶴が和也

に恋心を抱くようになるには時間がかかるでしょう。

しかし、「彼女お借りします」は連載が開始して5年が経っているにもかかわらず、まだ完結

はしていません。

5年というのは漫画の連載としては長い期間です。

それに、単行本としては25巻まで発売されている状況ですので長いというのは否定できないと思います。

皆さんは、和也と千鶴の関係が進展しない状況がいつまで続くと思いますか?

これについてはあくまで私の予想ではありますが、30巻ほどで何かしらの進展があるのではな

いかと思います。

先ほども解説したように、現在彼女お借りしますは25巻まで発売されているのですが、現時点

でも「引き伸ばしがひどい」といった声があるほどです。

そういったことから、30巻あたりで物語が進展するのではないかという予想ができるのは妥当

だと言えますね。

まとめ

スポンサーリンク



さて、これまで木ノ下和也がどれだけクズなのかを見てきましたがいかがだったでしょうか。

実際に身の回りにこのような男がいたらと思うといやだなぁっと思うところですが、そういう男が世の中にたくさんいるのも事実だなと痛感しました。

こういう男は同じ男からも嫌われるのでもし読者の中にこのような行動や言動をしてしまっている方がいらっしゃれば反面教師にしてみてはいかがでしょうか。

★PICKUP

彼女お借りしますの原作やアニメを無料で見る方法!

『彼女お借りしますの原作を読みたいけどわざわざお店に行って買うのもめんどくさい』

『漫画を読みたいけど、できれば無料または安く読む方法がないものか・・・』

『アニメを途中から見て面白いから最初から見たい!』

アニメを見ているとこう言った考えが出てきたりする事がありますよね。

実際僕もアニメを見て原作が読みたくなったり、途中から見て最初から見たくなったパターンがありました。

個人的には上記の悩み解決の方法をもっと早く知れておけばよかったと思っています!

【超お得】彼女お借りしますの原作マンガが全巻40%オフ!

実は彼女お借りしますの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えば彼女お借りしますの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

【料金不要】彼女お借りしますのアニメを無料で視聴できる!

アニメを見逃した場合にも実質無料で視聴る方法もあります。

過去に放送された作品を見る事が可能!

こちらはアニメを見れるだけでなく、漫画も1冊分お得に読む事が出来ますよ。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

☆この記事を読んだ人におすすめの記事