【動画初投稿】1分でテンション上げる方法!

彼女お借りします(かのかり)まみはクズでうざいし嫌い?性格悪いし怖いのか?




現在マガジンで連載中の「彼女、お借りします」。

登場するキャラクター「まみ」が、クズで性格が悪いという声があるようです。

この記事では、まみがクズでうざいし嫌いという声や、性格が悪くて怖いといわれる理由についてまとめています。

ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク



彼女お借りします(かのかり)まみはクズなのか?

まみの本名は「七海麻実」。

第1話で、「他に好きな人ができた」といって和也をフッた人物です。

らに、その1か月後に居酒屋で和也と再会した際に、和也がレンタル彼女である千鶴と一緒にいたことに腹を立てたのか、和也をこき下ろすような言葉を放っていました。

一方的な振り方に加えて、和也を見下したような言動を取ることもあり、クズだといわれているようですね。

彼女お借りします(かのかり)まみはうざいし嫌いな理由

スポンサーリンク



自分本位な行動の他にも、まみが嫌われている理由はいくつかあるようです。

まみがうざいし嫌いといわれる理由について、下に詳しくまとめたのでご覧ください。

八方美人でお調子ものだから

まみはテニスサークルに所属し、華やかな大学生活を送っているようです。

しかし、一見社交的にふるまっているように見えても、本当は友達に心を開いていない様子。

また、和也と付き合ったのも和也のことが好きだったというわけではなく、「適当に付き合えれば誰でもよかった」という旨の発言をしています。

これらの描写から、まみは八方美人で好きになれないという声が多いようです。

八方美人というか、周りを軽んじているような印象も受けました。

元カレの和也が千鶴と付き合ったと聞きいやがらせをしている

まみと和也が下田旅行に行った際、まみはこっそりとSNSに「ぜってー別れさす」と書き込んでいました。

千鶴が部屋のカギをなくし、和也の部屋に上がり込んでいた際に、まみが突然部屋にやってきたことも。

何かと和也と千鶴が別れるように仕向けています。

和也と別れたのに思わせぶりなことをしている

和也を一方的に振ったにもかかわらず、和也に対して思わせぶりな態度をとっているのも、まみが嫌われている原因のひとつです。

一方的に振ったはずの和也と、関係を立とうとしないどころか、むしろ距離を続けようとしているような描写も見られます。

さらに、下田旅行の際には、和也に突然キスをしていました。

「他に好きな人ができた」はずなのに、和也に対して異様な執着を見せています。

これは確かに意味が分かりませんね。

彼女お借りします(かのかり)まみは性格が悪い?

まみについて、性格が悪いのでは?という声もあるようです。

まみは、SNSに鍵垢を持っており、何か嫌なことがあると、鬱憤のはけ口として書き込みを行っているようです。

先ほど登場した「ぜってー別れさす」という書き込み以外にも、和也と千鶴が一緒にいるところを見た際には「あてつけのつもり?」などといったツイートをしていました。

彼女お借りします(かのかり)まみは怖いのか?

スポンサーリンク



さらに、まみのことが怖いという人もいるようですね。

確かに、和也と千鶴が別れるように暗躍する姿や、和也を見下すような言動はサイコパスっぽくてかなり怖いと感じます。

何を考えているか分からない裏の顔が怖い

先程書いたように、まみはSNSに鍵垢を持っており、何か嫌なことがあると、なかなかブラックな言葉を書き込んでいます。

さらに、他人がいない場面では目から光が消え、冷めきっているような顔になることもしばしば。

何を考えているのか分からない、非常に怖い表情です。

公式からもラスボス設定されている

実は、まみは公式に「ラスボス」として認定されているんです。

第1話で、まみが和也に別れを告げて始まったこの作品。

ラストにも、まみが和也の前に立ちはだかるのでしょうか。

まとめ

・まみは和也の事を見下している

・まみには八方美人な面も

・和也に執着しており、千鶴と別れさせようとしている

・他人には見せない、裏の顔がある

悪役的な位置づけのまみですが、エピソード内では生い立ちが良くないようなことも示唆されています。

最終話で幸せになれるといいですね。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!

【ミカタ生インタビュー⑦】中学受験において番狂わせは茶飯事!?「覚悟」と「強い信念」を貫き通し、絶望の淵から這い上がったミカタ生を直撃
【トラウマ注意】猛スピード【 怖さ★★★★ 】
マーベリック スクリプトタグ

マーベリック 広告タグ
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする