【動画初投稿】1分でテンション上げる方法!

彼女お借りします(かのかり)の主人公和也がうざいし嫌い?不快でクズ・ムカつく理由も




現在マガジンで連載中の大人気漫画「彼女、お借りします」。

通称「かのかり」と呼ばれ、2022年7月からはアニメ第2期の放送が控えています。

「彼女、お借りします」は発行部数1000万部突破の人気作ですが、主人公の和也がうざい、嫌いだという声も聞かれます。

この記事では、和也がうざい、不快でクズ・ムカつく・気持ち悪いといわれる理由についてまとめています。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク



彼女お借りします(かのかり)主人公和也がうざい

「彼女、お借りします」の主人公である和也。

しかし、この和也がうざい、嫌いだという声が実はかなり聞かれるのです。

どういう理由でうざい・嫌いだと思われているのでしょうか?

こちらについてリサーチしてみました。

主人公の和也がうざい・嫌いな理由

和也は、東京に住む怠惰なダメ大学生。

最近初めてできた彼女には、わずか1ケ月で振られてしまいました。

性格は優柔不断、自分を大きく見せるためにとっさに嘘をついてしまうという悪癖があります。

例えば物語の序盤では、レンタル彼女である水原千鶴を、「本当の彼女」と偽っていました。

これだけを聞くと、なかなかのダメ野郎です(笑)

しょうもない嘘をつく奴は一番嫌われますよね。

あまりそばには寄りたくないタイプです。

主人公和也がゴミすぎて見ていて不快

和也を不快に感じるという声もあります。

和也の特徴を挙げると、怠惰で、優柔不断で、さらには嘘つき。

そのくせ臆病ときたら、見ていて不快なレベルかもしれません。

友人・知人として周りにいたらちょっと嫌かもしれません。

凄く仲が良かったら別かもしれませんが。

それにしても「不快」ってなかなかにひどい言葉ですけどね(笑)

でも、わざわざ買った漫画でこんな主人公が登場してきたら、不快と思ってしまう人がいても不思議ではないかもしれません。

優柔不断な性格でクズだとおもわれている

さらに、和也はクズである言う声も。

和也は、序盤には元カノである七海麻実との復縁を強く望んでいたものの、物語が進むにつれて水原千鶴のことを本気で好きになっていきます。

しかし、更科るか、桜沢墨などの、和也に思いを寄せているサブヒロインとの関係にもまんざらではない様子。

かつ、優柔不断な性格から、水原千鶴に対してもあと一歩を踏み出せていません。

これは確かに、クズと思われてもしようがないですね。

良い感じの異性に思い切ったアプローチができてないことも、評価を下げている原因な気がします。

虚言癖があってムカつく

和也がムカつくという感想も見られます。

ムカつくといわれる理由は、先に述べたように優柔不断であったり、虚言癖があったりすること。

でも、限度を超えたクズを見ると、苛立ちより先に哀れみが湧いてきますよね。

もしかしたら、「ムカつく」と言ってもらえている和也には、まだ救いの余地があるのかもしれません。

個人的には、漫画を読んでいて登場人物に腹が立ったことがないので、「ムカつく」と言えるほど作品に入れ込める人を羨ましくも思います。

下心がが気持ち悪い

さらに、和也はかなりの助平という設定です。

女性の胸や、水着姿を見て鼻の下を長くしている描写も見られます。

この、すぐに妄想をしてしまうという設定が、気持ち悪いといわれることもあるようです。

でも男性向けの漫画で、主人公を親しみやすく感じさせるためにこういう描写を入れるのはよくあることです。

まあ気持ち悪いといえば、レンタル彼女を使っていること自体が少し気持ち悪いですよね。

彼女お借りします(かのかり)主人公和也が成長したシーン

和也がゴミクズと言われる理由をまとめてきました。

しかし、最後に彼が本当に成長していると思わされるシーンをご紹介したいと思います。

第3巻では、フェリーから海へ水原千鶴が転落。

すると、和也は躊躇なく千鶴を救助しに海へと飛び込んだのです。

海中で意識を失ってまで千鶴を助けた和也。

この一件で、和也と千鶴の距離は少し縮まりました。

和也も、心の底から腐りきっているというわけでもなさそうです。

怠惰・優柔不断・虚言壁・臆病といういかにもダメ人間の様な一面がありますが、ここから考えると和也は千鶴と出会って成長したとも言えますね^^

まとめ

和也が不快であるといわれる理由をまとめると、以下になります。

・優柔不断なこと

・怠惰なこと

・嘘をついてしまうこと

・複数のヒロインに対して煮え切らない態度をとっていること

・女々しいこと

※物語が進むにつれて、成長する姿も見られる

記事はいかがだったでしょうか?

調べてみると確かにクズな気もしてきましたが、こういった一面はだれもが持っているもの。

それに、「ダメな主人公」って意外と少ないので、貴重だとも言えるのではないでしょうか。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!

【ミカタ生インタビュー⑦】中学受験において番狂わせは茶飯事!?「覚悟」と「強い信念」を貫き通し、絶望の淵から這い上がったミカタ生を直撃
【トラウマ注意】猛スピード【 怖さ★★★★ 】
マーベリック スクリプトタグ

マーベリック 広告タグ
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする