ブリーチ/コヨーテ・スタークは最後に死亡する?生きてるか解説




ブリーチには、特徴的なキャラクターが数多く登場します。

その中の一人に、コヨーテ・スタークがいます。

アランカル(破面)と呼ばれる敵キャラクターの一人で、頭が相当切れる人物です。

作中では、死神に倒されてしまいます。

では、コヨーテ・スタークは最後には死亡してしまうのでしょうか。

生きているのかどうかも調べていきます。

それでは見ていきましょう。

★PICKUP

スポンサーリンク



ブリーチ/コヨーテ・スタークは最後に死亡する?


アランカル(破面)のエスパーダ(十刃)の一人であるコヨーテ・スターク。

エスパーダで一番の強さを誇るプリメーラ・エスパーダ(第1十刃)です。

そんなコヨーテ・スタークですが、最後には死亡するのでしょうか。

空座町決戦で京楽春水を撃ち落とす

スタークは、空座町決戦篇で京楽春水を撃ち落とします。

ブリーチに出てくる二大敵の一人である藍染惣右介。

藍染は、十刃と呼ばれる特別な強さを誇るアランカルを従えて、空座町を滅ぼそうと侵攻してきます。

その軍団の中にコヨーテ・スタークがいました。

アランカル達は、空座町で迎え撃つ護廷十三隊の死神たちと対峙します。

スタークは、護廷十三隊・八番隊隊長の京楽春水と戦います。

初めは、スタークも京楽も本気を出すことなくのらりくらりと戦っていました。

しかし、自身の能力を解放したスタークによって京楽春水を撃ち落とします。

愛川羅武(ラブ)と鳳橋楼十郎(ローズ)の2人に圧倒される

スタークは、愛川羅武(ラブ)と鳳橋楼十郎(ローズ)の2人に圧倒されます。

スタークは、京楽と戦っていましたが改造アランカルであるワンダーワイスによって京楽が負傷してしまいます。

その戦いを引き継いだのが、「ヴァイザード(仮面の軍勢)」と呼ばれる集団のメンバーである愛川羅武(ラブ)と鳳橋楼十郎(ローズ)でした。

ヴァイザードとは、藍染によって無理やりホロウの力を手にした集団です。

ホロウの力を自在に操るラブとローズにスタークは圧倒されてしまいます。

しかし、やはりエスパーダ・プリメーラ。

その実力の高さに、ラブとローズは苦戦を強いられます。

京楽の不意打ち・影鬼でリリネットが消滅

京楽の不意打ち・影鬼でリリネットが消滅してしまいます。

リリネット・ジンジャーバックは、常にスタークと一緒にいる女の子です。

スタークは、アランカルの中でも圧倒的な実力を持っています。

それゆえに孤独であったのです。

スタークは、自らから力の一部を切り離します。

これがリリネットだったのです。

刀剣解放時には、分かたれていた力が1つにまとまりリリネットが2丁の拳銃へと変化します。

一度は撃ち落とされて一時的に戦闘不能になった京楽でしたが、回復をして一撃をくらわせる機会をうかがっていました。

京楽は、スタークの影に隠れる「影鬼」という技で不意打ちに成功します。

これにより、スタークの相棒・リリネットが消滅してしまいます。

艶鬼で胸を貫かれ死亡

スタークは、艶鬼で胸を貫かれ死亡します。

京楽の斬魄刀の能力は、子どもの遊びを具現化すること。

その遊びの一つに「艶鬼(いろおに)」があります。

ルールは、相手と交互に色を口にして、その色がついている場所を攻撃できるというものです。

口に出した色をどれだけ身に着けているかによって攻撃の威力が決まってきます。

京楽にとって最大のリスクである死覇装の色である黒。

このリスクによって、京楽は最大のダメージをスタークに与えることができます。

それにより、スタークは死亡してしまいます。

BLEACH/コヨーテ・スタークはその後生きてる・復活するのか?

スポンサーリンク




では、京楽によって止めをさされたコヨーテ・スタークは、その後生きているのでしょうか。

そして復活するのでしょうか。

調べていきましょう。

獄頣鳴鳴篇(ごくいめいめいへん)でザエルアポロが登場した

ブリーチの読切・獄頣鳴鳴篇(ごくいめいめいへん)でザエルアポロが登場します。

獄頤鳴鳴篇は、ブリーチの続編で10数年後の世界を描いています。

そこでは、浮竹のために「魂葬礼祭」が開かれることになります。

魂葬礼祭とは、隊長格の死神の魂を葬送することです。

魂葬礼祭の開始を待っている間、虚が多数出現し死神を襲います。

そして、地獄の門が開いて宿敵ザエルアポロが登場します。

霊威三等以上の隊長格は魂葬礼祭で地獄に堕とす

霊威三等以上の隊長格は魂葬礼祭で地獄に堕とします。

魂葬礼祭では、ホロウ(虚)との戦いで命を落とした霊威三等以上の隊長格である死神を葬送します。

本来、隊長格にまで上り詰めるほど強い力を持つ死神の霊子は分解することができません。

それを強制的に地獄に叩き堕とす儀式こそ、魂葬礼祭の正体だったのです。

スタークも地獄に堕とされた可能性がある

スタークも地獄に堕とされた可能性があります。

スタークは、プリメーラ・エスパーダ(第1十刃)と呼ばれるアランカルで一番の実力者です。

当然、ザエルアポロよりも実力者であることは間違いありません。

そのため、スタークも隊長格の実力を持っています。

今回の魂葬礼祭で、スタークも地獄に堕とされたとしても不思議ではありません。

地獄の側から口を開けられる様になった

地獄の側から口を開けられる様になりました。

魂葬礼祭では、地獄の門からザエルアポロが登場してどういう儀式であるかを説明します。

ごく短い間にかつてなく強大な死神が何人も堕とされた結果、地獄の出入り口が緩み地獄の側から人間たちの住む現世へと侵攻することが可能となったと語っています。

度重なる戦いと勝利が、地獄側から口を開けることを可能にしたのです。

新章が連載するのではあれば復活・再登場する可能性はある

新章が連載するのであれば復活・再登場する可能性はあります。

獄頣鳴鳴篇では、かすかな謎を残してその幕を閉じます。

そのため、新章が始まる可能性が低いとは言えません。

そこでは、今回の地獄の門を題材に浮竹をはじめとした地獄に堕とされたキャラクターが登場すると考えられます。

スタークも地獄に堕とされている可能性が高いので、復活する可能性があります。

スターク以外にもアランカルが地獄に生存している可能性がある

スターク以外にもアランカルが地獄に生存している可能性があります。

獄頣鳴鳴篇で、京楽は「三等以上の霊子はどうやったってソウルソサエティ(尸魂界)の台地には還れない」と語っています。

アランカル、特にエスパーダは特別な力を持っています。

結果的に護廷十三隊の死神によって敗れてしまいますが、上位のエスパーダは隊長格の実力を持っていることは間違いないでしょう

そのため、スターク以外にもアランカルが地獄で生きている可能性があります。

まとめ


ここまで、コヨーテ・スタークは最後に死亡するのかどうかについて見てきました。

・スタークはアランカルで一番の実力者であるプリメーラ・エスパーダ

・護廷十三隊八番隊隊長京楽春水に倒される

・スタークも地獄に堕とされた可能性が高い

・新章開幕では再び登場するかもしれない

能ある鷹は爪を隠すといいますが、スタークはまさにそのような人物です。

仲間想いの部分もあります。

スタークが好きという読者も多いでしょう。

★PICKUP

ブリーチの原作漫画やアニメを無料で見る方法!

『ブリーチの原作を読みたいけどわざわざお店に行って買うのもめんどくさい』

『漫画を読みたいけど、できれば無料または安く読む方法がないものか・・・』

『アニメを途中から見て面白いから最初から見たい!』

アニメを見ているとこう言った考えが出てきたりする事がありますよね。

実際僕もアニメを見て原作が読みたくなったり、途中から見て最初から見たくなったパターンがありました。

個人的には上記の悩み解決の方法をもっと早く知れておけばよかったと思っています!

【超お得】ブリーチの原作マンガが全巻40%オフ!

実はブリーチの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばブリーチの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

◆原作マンガ全巻を40%オフで購入する方法

ブリーチの漫画を全巻安く買う方法!安い値段で買えるサービスを比較

【料金不要】ブリーチのアニメを無料で視聴できる!

アニメを見逃した場合にも実質無料で視聴できる方法もあります。

過去に放送された作品を見る事が可能!

こちらはアニメを見れるだけでなく、漫画も1冊分お得に読む事が出来ますよ。

★PICKUP