シュテルンリッター(星十字騎士団)の最後を解説!その後についても




バトルアクション漫画として大人気のブリーチ。

2004年にはアニメ化され、今年2022年10月より「BLEACH 千年血戦篇」の放送開始が決定し、今再び大注目を集めている人気作品です。

そんなブリーチに登場するのが、クインシー(滅却師)で構成された「見えざる帝国」の精鋭部隊であるシュテルンリッター(星十字騎士団)です。

今回はシュテルンリッター(星十字騎士団)の最後、その後についても詳しく解説していきます。

※一部ネタばれを含みますので、読む際はご注意下さい。

★PICKUP

スポンサーリンク



ブリーチ/シュテルンリッター(星十字騎士団)の最後を解説


ユーハバッハからそれぞれの能力シュリフト(聖文字)に対応したアルファベットを授かっているシュテルンリッター(星十字騎士団)。

護廷十三隊の隊長格ですら圧倒する程の戦力を持っている彼らはそれぞれどのような最後だったのでしょうか。

詳しく解説していきましょう。

多くのクインシーは2度のアウスヴェーレンで死亡

2度のアウスヴェーレン(聖別)を発動させたユーハバッハ。

不要と見なした配下に対して躊躇なくアウスヴェーレンを行い与えた力を回収、そしてシュッツシュタッフェル(親衛隊)を復活させる時もアウスヴェーレンを発動しています。

これにより多くのクインシー(滅却師)が死亡。

恐らく死神と対戦して死亡した数より多いのではないでしょうか。

アスキン・ナックルヴァールはグリムジョーに心臓を貫かれ死亡

シュリフト(聖文字)は「D」、ユーハバッハ直属のシュッツシュタッフェル(親衛隊)。

四楓院夜一と浦原喜助の最強コンビと対戦し苦戦させられますが、アスキン・ナックルヴァールが完聖体を発動させたことで形成が逆転。

ギフト・ベライヒ(猛毒領域)で浦原喜助にとどめを刺そうとしますが、浦原喜助の卍解の能力により「グリムジョー・ジャガージャックを猛毒領域の中にいるナックルヴァールのもとに誘導する」という奇策でアスキン・ナックルヴァールはグリムジョー・ジャガージャックに心臓を貫かれ死亡しました。

ペルニダ・パルンカジャスは過剰成長によって死亡

シュリフト(聖文字)は「C」、零番隊とも渡り合える戦闘能力を持つ4人のシュッツシュタッフェル(親衛隊)の1人。

護廷十三隊の十二番隊隊長及び技術開発局二代目局長である涅マユリと対戦した際、想像を上回る戦術を次々と繰り出して涅マユリを追い詰め苦戦させる。

途中で涅ネムと交戦し、涅ネムの強制細胞分裂加速器官を取り込んだことにより、過剰成長の末、爆散し死亡しました。

最後まで苦戦を強いられた厄介な敵でしたね。

リジェ・バロは最後に吉良イヅルによって死亡

シュリフト(聖文字)は「X」、シュッツシュタッフェル(親衛隊)の一員であり、リーダー的存在。

ユーハバッハが真世界城を建設させた後、他のシュッツシュタッフェルと共に死神たちを迎撃しますが、そこに京楽春水が現われ交戦します。

初めは京楽春水の斬魄刀に翻弄させられますが、滅却師完聖体となったリジェ・バロは、イクサクシス(万物貫通)を駆使し京楽春水を追い詰める。

しかし京楽春水の卍解による攻撃はリジェ・バロの能力は通用せず、首を断ち切られますが、異形の姿となり復活、再び京楽春水に攻撃を仕掛けます。

そしてリジェ・バロの大技であるトロンペーテ(神の喇叭)を使用しますが、跳ね返されリジェ・バロの身体は爆発。

爆散したリジェ・バロの身体はそれぞれが鳥に似た異形な姿に変化し、再度復活しますが、そこに吉良イヅルが登場し、リジェ・バロの分裂体を全て討伐、やっとここでリジェ・バロは完全に敗北し死亡しました。

何度も復活するのはさすがにしつこいなと感じましたね。

BLEACH/シュテルンリッター(星十字騎士団)のその後について

スポンサーリンク




千年血戦篇では二度にわたり瀞霊廷に侵攻。護廷十三隊と死闘を繰り広げたシュテルンリッター(星十字騎士団)。

その後彼らはどうなったのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

リルトットとジジは現世のアジトで生存

リルトット・ランパードとジゼル・ジュエルは作中の終盤ごろにユーハバッハに反逆するため、死神たちと強力して戦いますが、あっけなく敗北。

その後、聖兵によって救出された2人は現世某所の療養所にて治療を受け生存。

ソウルソサエティ(尸魂界)に捕らわれた仲間の奪還のため救出活動をしています。

ミニーニャ・キャンディス・ナナナは涅マユリの捕虜兼実験体になる

ミニーニャ・マカロンとキャンディス・キャットニップはユーハバッハのアウスヴェーレン(聖別)の犠牲の犠牲となり戦闘不能状態に。

ナナナ・ナジャークープは戦闘中に背後からバズビーに「バーナーフィンガー」で胸を撃ち抜かれてあっけなく敗北。

その後3人は涅マユリに回収され、捕虜兼実験体となります

生き残っても実験体にされるのはちょっと可哀想ですね。

キャンディーズはその後涅マユリから解放される

アウスヴェーレン(聖別)の犠牲の犠牲となり戦闘不能状態になったところを涅マユリに回収され、捕虜兼実験体となったミニーニャ・マカロンとキャンディス・キャットニップ。

ゾンビに改造され駒として扱われますが、その後綱彌代時灘一派との戦いに勝利し戦果を挙げた事で、調整装置を取り外してもらい晴れて涅マユリから開放される事になります

綱彌代家現当主綱彌代時灘の計画に巻き込まれる

ブリーチの中でも真の悪役として知られている綱彌代時灘。

他人を傷付けることや侮辱することに強い快感を得ており、多数の死神達を侮辱して喜びに浸っているサイコパスな性格の持ち主。

そんな綱彌代時灘がソウルソサエティ(尸魂界)で護廷十三隊を敵に回して暗躍しており、その綱彌代時灘と戦う戦力としてエスパーダ(十刃)やフルブリンガー(完現術者)と共に巻き込まれます。

最後は現世の喫茶店で今後の生き方ついて話し合っている

四大貴族筆頭綱彌代家現当主綱彌代時灘との戦い後、現世のとある喫茶店にてケーキを食べながら今後の生き方ついて話し合いをします。

これまで激戦を繰り広げてきたシュテルンリッター(星十字騎士団)の他愛のない会話を交える平和な光景に思わず涙が出そうになりました。

まとめ


・多くのクインシーは2度のアウスヴェーレンで死亡

・アスキン・ナックルヴァールはグリムジョーに心臓を貫かれ死亡

・ペルニダ・パルンカジャスは過剰成長によって死亡

・リジェ・バロは最後に吉良イヅルによって死亡

・リルトットとジジは現世のアジトで生存

・ミニーニャ・キャンディス・ナナナは涅マユリの捕虜兼実験体になる

・ミニーニャとキャンディスはその後調整装置を外してもらい涅マユリから解放される

・四大貴族筆頭綱彌代家現当主綱彌代時灘の計画に巻き込まれる

・最後は現世の喫茶店でケーキを食べながら今後の生き方ついて話し合っている

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

★PICKUP

ブリーチの原作漫画やアニメを無料で見る方法!

スポンサーリンク



『ブリーチの原作を読みたいけどわざわざお店に行って買うのもめんどくさい』

『漫画を読みたいけど、できれば無料または安く読む方法がないものか・・・』

『アニメを途中から見て面白いから最初から見たい!』

アニメを見ているとこう言った考えが出てきたりする事がありますよね。

実際僕もアニメを見て原作が読みたくなったり、途中から見て最初から見たくなったパターンがありました。

個人的には上記の悩み解決の方法をもっと早く知れておけばよかったと思っています!

【超お得】ブリーチの原作マンガが全巻40%オフ!

実はブリーチの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばブリーチの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

◆原作マンガ全巻を40%オフで購入する方法

ブリーチの漫画を全巻安く買う方法!安い値段で買えるサービスを比較

【料金不要】ブリーチのアニメを無料で視聴できる!

アニメを見逃した場合にも実質無料で視聴できる方法もあります。

過去に放送された作品を見る事が可能!

こちらはアニメを見れるだけでなく、漫画も1冊分お得に読む事が出来ますよ。

★PICKUP