東京リベンジャーズ/ドラケンが生き返る・生きてるのか?死なないか解説




東京リベンジャーズでは、タケミチが幼馴染の日向と、憧れのマイキーを救いにタイムリープします。

マイキーの心は黒い衝動にかられ、ドラケンが「マイキーの心」として動いていました。

今回の記事では、ドラケンが生き返る・生きてるのか?

死なないかを解説していきます。

それではさっそくみていきましょう。

PICKUP

スポンサーリンク



東京リベンジャーズ/ドラケンは生き返るし助かるのか?

ドラケンは正義感が強く、「不良の世界の事は不良が片付ける」と悪役になっても文句を言いません。

タケミチに対しても平等に接している印象が強いですよね。

タケミチはマイキーの異変と稀咲の情報を手に入れ、ナオトの手を借りてドラケンに会いに行きます。

ドラケンはタイムリープの中で生き返って、助かるのでしょうか。

8.3抗争後の未来で死亡回避で生きてるが死刑囚

8.3抗争はいわゆる「ドラケン派」と「マイキー派」で下の不良が対立した抗争です。

ドラケンは死刑囚として現代でタケミチに会い、稀咲について話しました。

マイキーやドラケンは抗争をする前に仲直りをしています。

ドラケンは「稀咲はマイキーの全てをうばおうとした」と語っており、死刑囚としての生存をタケミチは目の当たりにしたんです。

関東事変後の現代では生存してバイク屋

関東事変後の現代では、タケミチが誰も死なせなかった事でドラケンも生存しています。

ドラケンは元々好きだったバイク屋を経営していました。

本来なら敵対していたイヌピーとも仲良くしています。

日常生活のように「キャプレター(バイク)発注した?」と口にしているドラケンに感動を覚えた人もいるでしょう。

六波羅単代の下っ端の銃弾を身代わりで受け死亡

タケミチとドラケンは六波羅単体の下っ端から銃撃戦を一方的に受けます。

本来ならタケミチを狙っていたのですが、ドラケンはタケミチの身代わりに銃弾を受け死亡したんです。

ドラケンは「お前にもらった命だから、おまえのために死ぬんだ」と言い、笑います。

ドラケンはタケミチにずっと命を救われてきました、しかしタケミチをかばった事であっけなく死亡してしまったんです。

関東事変までは過去で死んだキャラは生き返らない

関東事変まで、タケミチが過去死を確認したり死んだキャラは生き返りません。

タケミチがタイムリープ出来るのは「12年前の同じ日」という制限があるんです。

タイムリープする時間は基本的にミッションクリアをした後で、ミッション以外で死んだキャラは「死んだ」という認識のまま話が進みます。

現時点では場地は生存しておらず、エマも生き返っていません。

東リベ/ドラケンの生きてる説や死なない・救えるのか解説

スポンサーリンク



ドラケンは最初、死刑囚になってタケミチと会いました。

「東京卍會は全てで、最高に楽しかった」とドラケンは話しています。

ドラケンは最終的に生きているのでしょうか。

ドラケンが死なない方法や、救えるかを解説していきます。

タケミチが場地圭介と佐野エマを救うと発言している

タケミチは場地圭介と佐野エマを救うと発言しています。

場地は「タイムリープ」を理解し、佐野エマはドラケンが大好きでドラケンにとって欠かせない2人です。

タケミチが1人でタイムリープしていたように、ドラケンも1人でマイキーを助けようとしていました。

タケミチは場地とエマの死亡がドラケンの人生を左右すると考え、「ドラケンくんも助ける」と言った事で、ドラケンの生存ルートはあり得ます。

最終決戦時にタケミチとマイキーが小学生時代へタイムリープ

最終決戦の時、タケミチとマイキーは小学生時代にタイムリープしています。

マイキーとドラケンは小学校5年生の頃からの仲良しです。

ドラケンはとにかく喧嘩をし、マイキーと交戦した事で親友になりました。

ドラケンはタケミチとも仲良くなり、日向のタイムリープも止め生存しています。

その後は東京卍會が解散するまでドラケンは副総長を努める

ドラケンは東京卍會がマイキーの手によって解散するまで、ずっと副総長をつとめました。

マイキーは稀咲によって心をむしばまれ、後に引けない状態です。

ドラケンはマイキーの親友であり、マイキーにない「優しさ」でマイキーを補っていました。

マイキーの暴走や他のメンバーの暴走を止めながら、ドラケンは話しやすい副総長として生きます。

ドラケンはその後どうなる・10年後や12年後現代は?

ドラケンは、死刑囚ルートや死亡ルートが多く、救えないとタケミチが感じる事もありました。

ドラケンは最初、とてつもない不良に見えていましたが優しい心の持ち主で、タケミチはドラケンを救う事を決めます。

ドラケンは10年後や12年後の現代は大人になって何をしているのでしょうか?

ドラケンのその後について解説していきます。

現在はドラケンも生きており死亡回避

現在はドラケンは生きており、死刑囚にもなっていません。

死亡回避し、関東事変でもドラケンはタケミチとともに稀咲を追い詰めます。

ドラケンは稀咲に利用されていた半間修二と喧嘩をしますが一気に勝利。

また、エマの事が好きだったと言い、ドラケンとエマは両想いだった事も分かります。

12年後・10年後はイヌピーとD&D MOTORSを開業

12年後・10年後の未来ではタケミチの努力の甲斐あり、ドラケンは楽しそうにシャンパンを飲み交わしています。

対立していたイヌピーとドラケンですが、D&DMOTORSというバイク屋を営んで楽しんでいたんです。

「みんなが生きている世界だ」とタケミチは思わず感動しましたが、1つタケミチが気付いた事がありました。

マイキーは東京卍會にいたものの、黒い衝動が激しくなった事で東京卍會を去ったという情報です。

マイキーの親友であるドラケンはタケミチの話を聞き、ドラケンはマイキーの後を追う事を決意します。

まとめ

スポンサーリンク



・ドラケンは8.3抗争でマイキーと仲直りをするも、稀咲に操られた事で死刑囚になる

・ドラケンは関東事変後は夢だったバイク屋を経営して生存している

・ドラケンは六波羅単体にタケミチが撃たれそうになったので、タケミチをかばい、ドラケンは死亡

・関東事変までは死んだキャラは生き返らないため、場地やエマは助からず、ドラケンは生存している

・タケミチは場地とエマも助け、ドラケンの恋や友情を継続させようと決意

・最終決戦時の小学校時代で、マイキーとドラケンは親友になっているところをタケミチが確認している

・東京卍會を支え、マイキーを支えているドラケンは東京卍會が解散するまで副総長

・10年後・12年後の未来ではドラケンは生存しており、夢だったバイク屋をイヌピーと経営「D&D MOTORS」を開業

・現在もドラケンは生存しているが、エマが好きだった事やマイキーが救えなかった事で、タケミチと一緒にマイキー生存ルートを模索する

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【超お得!】東京リベンジャーズの原作マンガが全巻40%オフ!

実は東京リベンジャーズの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えば東京リベンジャーズの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更に東京リベンジャーズの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

東京リベンジャーズのキャラクターを深掘りする方法

東京リベンジャーズにはキャラクターブック天上天下という公式キャラブックがあります。

こちらではトーマンや東京のチームとの関係者たちのキャラクター名鑑があり、更に各登場人物について深く知る事が可能。

また、トーマンのメンバー達が乗っている愛車についての紹介もしていますよ。

個人的には〝タケミチの1Dayルーティン〟が凄く気になります!


東京卍リベンジャーズ キャラクターブック 天上天下 (週刊少年マガジンコミックス)

PICKUP