東京リベンジャーズ/半間修二の正体は何者?過去や死神についても

★PICKUP

2022年の11月まで週刊少年マガジンで連載されていた作品で、遂に第二期が始まった東京リベンジャーズ。

腕っぷしが強くて、各組織で幹部格として暗躍していた稀咲鉄太(きさきてった)の部下の半間修二。

そんな半間ですが、正体が何者なのか気になる人は多いんじゃないでしょうか。

更に彼の過去や死神として恐れられていた事についても知りたい人は多い筈。

正直、知りたい事尽くしのキャラクターと言えるんじゃないでしょうか。

こちらの記事では半間修二の正体は何者?過去や死神についても詳しく解説していきたいと思います!

それではさっそく見ていきましょう!

※一部ネタバレ要素もありますのでご注意ください。

PICKUP

東京リベンジャーズ/半間修二の正体は何者?

まずは半間の正体は何者かについて解説します。

果たして、何者なのでしょうか!?

8.3抗争ではメビウス(愛美愛主)の仮総長

https://twitter.com/Anime_LiberT108/status/1401346293939675136

8.3抗争ではメビウスの仮の総長として初登場しました。

長内がマイキーに負けたため、後を継いだ形になりましたが、もし逃げたら酷い目に遭わせると部下達を恐怖で支配していたのです。

そしてマイキーと壮絶な死闘を繰り広げましたが、救急車が来たところで撤退しました。

血のハロウィンではバルハラ(芭流覇羅)の初代副総長

血のハロウィンではメビウスの者達を連れてバルハラのナンバー2として君臨していました。

戦いではドラケンと壮絶な戦いを繰り広げ、何度殴っても倒れない様子からドラケンからゾンビと言われます。

しかし、場地が一虎にやられたのを切っ掛けに闇堕ちしたマイキーの蹴りを喰らって気絶したのです。

聖夜決戦編では東京卍會陸番隊隊長

聖夜決戦の時には東京卍會陸番隊隊長を務めていました。

血のハロウィン後、稀咲の仲介によって東卍の傘下に下ってバルハラの者達と共に陸番隊として活動する事になったのですが、実際は稀咲の言うままに動く部隊です。

聖夜決戦では稀咲が千冬を拘束したり、柚葉にナイフを渡した等の事をした稀咲が東卍から追放される事になった際、彼と一緒に離脱する事になりました。

関東事変では横浜天竺幹部

関東事変の時は稀咲と共に天竺に所属し、幹部となりました。

バイクに乗って稀咲がエマを手にかける手伝いをしたのです。

戦いでは特に動きませんでしたが、追い詰められた稀咲を捕まえて戦場から離脱。

しかし、稀咲が早く飛ばすように迫ったせいで、バランスを崩して横転してしまいます。

そしてタケミチとドラケンが現れたので、稀咲がトラックに轢かれて命を落とすまでドラケンの相手をしました。

その後、稀咲の遺体を見て涙を流し、エマやイザナの殺害の件で指名手配される事になり、逃亡生活を送ったのです。

最終章では関東卍會の遊撃隊

最終章では関東卍會の遊撃隊に所属していました。

何故所属しているのかは不明ですが、戦いでは幹部達との戦いで疲弊していた者達を痛めつけます。

そしてマイキーや春千夜と共にタケミチ達を追い詰めるも、黒い衝動を纏ったマイキーにやられました。

喧嘩の強さは作中で上位

https://twitter.com/Miya77213520/status/1426802988945842182

半間の喧嘩の実力は作中でも上位に入るレベルです。

特にドラケンと戦って、一度も負けなかった事がそれを証明しています。

ドラケンはマイキーの次に強く、大寿が復活させた黒龍(ブラックドラゴン)の精鋭部隊を一人で潰し、引退した後も六破羅単代のサウスを宙に浮かせる威力の拳を持っているのです。

そんなドラケンの攻撃を喰らいながらも、耐えきる事で負けなかったのですから普通に凄いと思います。

上位に入るのも頷けますね。

東リベ/半間修二の過去や経歴・死神を解説

次は半間の過去や経歴、死神になった経緯を解説します。

果たして、どういう過去や経歴があり、死神になったのでしょうか!?

歌舞伎町の死神と呼ばれていた

https://twitter.com/candy_candyleaf/status/1445400108229701661

半間は歌舞伎町の死神と言われています。

何故そんな異名がついたかは分かっていませんが死神と言う事からも、立ち向かった相手をあの世に送ると言う形でぶちのめすと言う事でその異名がついたんじゃないでしょうか。

10人を相手に一方的に喧嘩に勝った

半間はたった1人で10人を相手にして勝利していました。

多少殴られた跡がありますが、殆ど無傷の状態で圧勝している様子です。

作中での活躍を踏まえると、モブ相手なら普通に圧倒するのは当然でしょうね。

ただ半間からすれば、全然歯ごたえのない戦いばかりで退屈に感じていたのです。

メビウス(愛美愛主)時代の稀咲にスカウトされてコマになった

そんな半間に転機が訪れたのは稀咲との出会いです。

半間は長内に呼ばれて稀咲に会い、彼から駒だと言われました。

普通だったら怒るところだと思いますが、半間は逆に興味を持ち始め、その駒になる事にしたのです。

稀咲は言葉巧みに相手を唆して行動を起こさせていたので、半間から見ればどれも新鮮でサーカスを見ている気分でした。

長内は稀咲を見て、何かやばい奴だと感じていたそうなので、半間も稀咲がこれまでの人間とは何かが違うと感じていたから興味を持ったのでしょう。

稀咲も半間がどうして自分の下についたのかと聞くと、彼は教えませんでした。

そして稀咲が命を落としてから数年が経過し、半間は稀咲の墓へとやって来て、恐らくその時に理由を語ったのだと思います。

まとめ

・半間はあちこちの組織で幹部格として暗躍していて、喧嘩の実力もドラケンと互角以上

・半間は歌舞伎町の死神と恐れられ、退屈な毎日を送っていたら稀咲に出会って配下になった

最後まで読んでいただき、有難うございます!

★PICKUP

★この記事を読んだ人におススメ

【超お得!】東京リベンジャーズの原作マンガが全巻40%オフ!

実は東京リベンジャーズの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えば東京リベンジャーズの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更に東京リベンジャーズの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

PICKUP