【ブリーチ】雛森桃は不遇でかわいそう?メンヘラで地雷女なのか?




久保帯人さん原作のアクション漫画「ブリーチ」には色々なタイプの女性キャラが登場します。

その女性キャラの中で、これでもかというほど悲惨な目に遭うキャラはにないだろうと思われるのが雛森桃ではないでしょうか。

今回は「【ブリーチ】雛森桃は不遇でかわいそう?メンヘラで地雷女なのか?」というテーマで書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

★PICKUP

スポンサーリンク



【ブリーチ】雛森桃は不遇でかわいそう?

雛森桃(ひなもりもも)は不遇でかわいそう?という声がよく聞かれます。

雛森は小柄で華奢なところが守ってあげたくなるというイメージがあるようですが、藍染惣右介に関わったことから散々な目に遭う事になったようにも思います。

そんな雛森について調べてみました。

刺されすぎで不遇

雛森桃は刺されすぎで不遇だと言われています。

まず、藍染惣右介(あいぜんそうすけ)で、死んでいたと思っていた藍染の生存を喜んだのも束の間、「さよなら」という一言と共に刺されます。

次に、藍染の鏡花水月の能力により、雛森を藍染と誤認してしまった日番谷冬獅郎に刺されてしまいます。

好きな人に刺され、幼馴染に刺されるという状況なら病んでしまうのも無理はないかもしれません。

日番谷冬獅郎の心を折る為に使われてかわいそう

雛森桃は日番谷冬獅郎の心を折る為に使われてかわいそうとも言われています。

藍染が雛森桃を利用した理由は、日番谷冬獅郎が雛森を想っている事に気付いていたからです。

雛森を攻撃すれば日番谷の心を折れるのでは、という藍染の狙いがありました。

藍染は「自分に憧れを抱く人間ほど御しやすい人間はいない」と言い、さらに「憧れは理解から最も遠い感情だ」という言葉で日番谷を煽りました。

いつもボコボコでひどい目にあっている

雛森桃はいつもボコボコでひどい目にあっています。

藍染の洗脳からいつまでも解けない、思い込みが激しい、戦闘能力が低いなどの理由もあって、雛森はひどい目にあいがちです。

自業自得という厳しい意見と、藍染がやりすぎでかわいそうという意見が多く聞かれました。

吉良イヅルとの戦闘後に拘留される

雛森桃は吉良イヅルとの戦闘後に拘留されてしまいます。

日番谷から「市丸ギンには特に気をつけろ」という言葉があったせいもあって、藍染殺害の犯人は市丸ギンだと思い込み、市丸ギンに斬りかかります。

それを阻止しようと斬魄刀「飛梅」と「侘助」を使うほどの戦いを繰り広げてしまい、拘留となりました。

幼馴染の日番谷冬獅郎が一時的に敵になる

雛森桃と幼馴染の日番谷冬獅郎が一時的に敵になります。

雛森が拘留中に松本乱菊から生前の藍染からの遺言書を渡されます。

本来ならすぐに雛森の手には届かないのはずなのですが、日番谷の計らいで手にしています。

その手紙には「日番谷冬獅郎が全ての元凶」と書かれており、「自分のかわりに日番谷を討て」とまで書かれていました。

雛森は「どうしたらいいか分からない」と言いつつ日番谷を敵認定して刃を向けてしまいます。

この展開に「藍染信じちゃうの!?」と思った方も多かったかもしれませんね。

復帰直後にアヨンにワンパンで吹き飛ばされる

雛森桃は復帰直後にアヨンにワンパンで吹き飛ばされてしまいました。

雛森は破面篇で復帰し、飛梅と鬼道で善戦します。

雛森は「五番隊副隊長としてここに来た」と藍染と戦う意思を表明したにも関わらず、アヨンからの強烈な一撃であっけなく戦線離脱しました。

アヨンは合成獣でかなり強く、雛森は内臓に深刻なダメージを負ってしまいました。

一度も単行本の表紙になっていない

雛森桃は一度も単行本の表紙になっていません。

雛森が刺された重要なシーンの単行本の表紙は山本元柳斎重國で、さらに言うと同期の阿散井恋次、吉良イヅルは表紙になっています。

参考までに女性では草鹿やちるも表紙にはなっていませんが死神図鑑などでの出番が多く、表紙になっていなくて可哀そうという声はありませんでした。

カラブリで草鹿やちるが眼鏡クッキーを粉砕し倒れた

雛森はカラブリで草鹿やちるが眼鏡クッキーを粉砕し倒れています。

このシーンはカラブリ「護廷十三屋台大作戦」でのヒトコマです。

まだ立ち直っていない雰囲気の雛森が屋台に出品したいと持ってきたのが「メガネクッキー」でした。

松本乱菊と伊勢七緒がドン引きしながらフォローしていると草鹿やちるが「私が天に立つ♪」と笑顔で握り潰し、ショックで雛森が倒れてしまうというシーンです。

「割って食べよう メガネクッキー」という名前が秀逸で話題になりました。

雛森桃はメンヘラで地雷女なのか?

スポンサーリンク



雛森桃は「精神的に弱い」という指摘が多いです。

日番谷冬獅郎の話を聞かず、ひたすら藍染を庇う姿や、好きな人に刺されても信じ続ける姿にメンヘラではないかと言われる要因があると考えられるのではないでしょうか

隊長とは言え寝巻で夜中に会いにいったりするあたりもメンヘラっぽさが伺えます。

藍染惣右介の裏切り後から情緒不安定

雛森桃は藍染惣右介の裏切り後から情緒不安定になっていきます。

あまりにもえげつない裏切り方なのでショックなのは分かるのですが、必死で守ろうとする日番谷の気持ちが切なすぎて、見ている人をイラつかせてしまった可能性があります。

思い込みが激しく、自身で決断できない脆さも情緒不安定に拍車をかけているのだと思いました。

藍染惣右介の肩を持つほど精神が不安定

雛森桃は藍染惣右介の方を持つほど精神が不安定でした。

周りがどれだけ支えても雛森には届かないようで、精神が不安定でも見放されないという恵まれた環境にいるのに、まだ藍染の方を持つ姿は雛森の評価を下げる事になったようです。

それは日番谷に「市丸ギンか黒幕に無理やりやらされてるかも」と言った事で判明しています。

山本元柳斎重國がそれ以上言わせなかったのですが、日番谷はショックだったと思います

裏切りだけでいうなら松本乱菊だって辛いのに、雛森は弱すぎるという意見で溢れていました。

出番の半分以上が病んでいる

雛森桃は出番の半分以上病んでいると見る人もいるようです。

藍染は、男慣れしていない初心なタイプだった雛森をスケープゴートに選び、自分がいないと生きていけないように仕込むという最悪な手段を取りました。

さらに藍染に刺され、日番谷冬獅郎にも刺されたりと、こんな目に遭ってばかりいたら病むのも仕方ないかもしれませんが、本当に周囲の声に耳を傾けて欲しかったです。

まとめ

・雛森桃は刺されすぎで不遇。

・日番谷冬獅郎の心を折る為に使われてかわいそう。

・いつもボコボコでひどい目にあっている。

・吉良イヅルとの戦闘後に拘留される。

・幼馴染の日番谷冬獅郎が一時的に敵になる。

・復帰直後にアヨンにワンパンで吹き飛ばされる。

・一度も単行本の表紙になっていない。

・カラブリで草鹿やちるが眼鏡クッキーを粉砕し倒れている。

・藍染惣右介の裏切り後から情緒不安定になる。

・藍染惣右介の方を持つほど精神が不安定。

・出番の半分以上病んでいる。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

★PICKUP

ブリーチの原作漫画やアニメを無料で見る方法!

『ブリーチの原作を読みたいけどわざわざお店に行って買うのもめんどくさい』

『漫画を読みたいけど、できれば無料または安く読む方法がないものか・・・』

『アニメを途中から見て面白いから最初から見たい!』

アニメを見ているとこう言った考えが出てきたりする事がありますよね。

実際僕もアニメを見て原作が読みたくなったり、途中から見て最初から見たくなったパターンがありました。

個人的には上記の悩み解決の方法をもっと早く知れておけばよかったと思っています!

【超お得】ブリーチの原作マンガが全巻40%オフ!

実はブリーチの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばブリーチの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

◆原作マンガ全巻を40%オフで購入する方法

ブリーチの漫画を全巻安く買う方法!安い値段で買えるサービスを比較

【料金不要】ブリーチのアニメを無料で視聴できる!

アニメを見逃した場合にも実質無料で視聴できる方法もあります。

過去に放送された作品を見る事が可能!

こちらはアニメを見れるだけでなく、漫画も1冊分お得に読む事が出来ますよ。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

★PICKUP