ブリーチ/松本乱菊の能力や強さは?戦闘力や霊力についても




連載完結から時間が経過しても人気が全く衰えない「ブリーチ」。

ネット上では作品に関する記事・動画が世界中で未だに作られ続けています。

人気の勢いが止まらない最大の要因は作中に登場する魅力的なキャラクターたちではないでしょうか。

総勢100名を超えるキャラの大半が斬魄刀はじめ独自の技を持ち、キャラ自身の成長によって使用できる技の幅が広がっていく姿を見ることで、我々読者は心が揺さぶられます。

今回はそのキャラ達の中でも作中一と言っていい豊満なボディで男性読者を悩殺しつつも、未だコアな考察ファンからも議論の対象となる謎めいた過去を持つ人気キャラ、松本乱菊について触れていきます。

作中では護廷十三隊十番隊副隊長として活躍した松本乱菊ですが、その能力、強さはどのようなものなのでしょうか。

この記事では、その他にも乱菊の戦闘力や霊力も併せて深堀していきます。

ブリーチ/松本乱菊の能力や強さは?

松本乱菊の能力や強さにおいては、乱菊の斬魄刀、灰猫が大きく関わってきます。

乱菊曰く、「ワガママで気分屋でぐうたらでバカ」ということでソリが合わないらしいですが、綾瀬川弓親が言うには、乱菊そのままの性格ではないかとのことです。

灰猫の始解は「唸れ、『灰猫』」。

これにより、刀身が灰状に変化して霧散し、柄を振ることで灰になった刀身で相手を攻撃できます。

ここからは、灰猫を起点として、乱菊の能力・強さをより詳しくみていきます!

斬魄刀灰猫の攻撃範囲が広い

乱菊の斬魄刀灰猫は攻撃範囲が広いです。

灰猫の始解は「唸れ、『灰猫』」。

これにより、刀身が灰状に変化して霧散し、柄を振ることで灰になった刀身で相手を攻撃できます。

なので、通常の刀と比較するとより遠距離攻撃が可能となるわけです。

灰猫で灰が降りかかった場所を切断できる

そして、斬魄刀灰猫が始解すると、灰が降りかかった場所を切断できるようになります。

攻撃範囲の広さでも述べましたが、灰猫の灰は刀身そのものなので、灰が降ったということは刀で切られたことと同じことになるからです。

作中では灰猫の破壊力描写はあまりありませんでしたが、アニメではコンクリートなどを切断できる程、攻撃力は高いです。

戦闘で日番谷冬獅郎のサポートをしたりと頼りになる

松本乱菊といえば、十番隊隊長の日番谷冬獅郎との息の合ったコンビ仲が有名ですが、戦闘面でも冬獅郎のサポートにおいて頼れる相方となります。

有名な例として、シュテルンリッターHのバズビー戦があげられます。

乱菊は、卍解を奪われて強度が弱くなった冬獅郎の氷を灰猫で覆うこと(通称・ミルフィーユ大作戦)で、バズビーの強力な炎を完璧に防御することを可能にし、勝利へ結びつけました。

個人的には、戦闘時の冬獅郎と乱菊コラボシーンをもっと見たかった気持ちはありますが、作中においてもっとも信頼関係を築いている有名コンビと言えるのではないでしょうか。

技:猫輪舞(ねこりんぶ)

松本乱菊は灰猫始解時に猫輪舞という必殺技を繰り出すことができます。

この技は、灰猫によって生じた刃の灰を竜巻のように回転させて相手を攻撃するものです。

藍染配下で十刃(エスパーダ)のNo.3・ハリベルの従属官(フラシオン)、アパッチ、ミラ・ローズ、スンスンの3人との交戦にて、乱菊は猫輪舞を炸裂させましたが、残念ながら敵の虚閃(セロ)により灰は吹き飛ばされてしまいました。

その後乱菊は致命傷にもなりかねない攻撃を受けてしまいます。

遠距離攻撃や、刀への物理攻撃を無意味化することなど利点も大きい灰猫ですが、3人の従属官との戦いでは灰への対策がなされた際や防御面など、課題も露呈してしまいました。

個人的には、灰が吹き飛ばされない狭い空間など使用する場所を限定することで、猫輪舞は無双出来るのではないかと考えています。

BLEACH/松本乱菊の戦闘力や霊力について

それでは、松本乱菊の戦闘力や霊力はどの程度なのでしょうか。

ここから詳細に見ていきましょう!

藍染惣右介に魂魄と霊王の爪を取られなかったら霊力は最強クラ

松本乱菊は藍染惣右介に魂魄と霊王の爪を過去に奪われており、これさえ無ければ最強クラスの霊力を持つキャラであったと考えられています。

乱菊を語るうえで決して外すことが出来ないのが、十三隊三番隊元隊長の市丸ギンの存在です。

藍染と共にソウル・ソサエティを裏切ったギンですが、実はその裏切りも乱菊のために行ったことでした。

元々、乱菊とギンは貧しい幼少期を同居しながら過ごしていた幼馴染でした。
しかし、能力を奪われ倒れている乱菊をギンが発見し、その黒幕が藍染だったことを知ります。

乱菊が奪われたものを取り返す。この目的のために藍染へ近づき、何十年もかけて藍染の斬魄刀、鏡花水月の弱点を探っていたのでした。

しかしながら、ギンの計画は最後に失敗で終わってしまいます。

死に際では、ギンの乱菊への想いを読者は知らされますが、それまでジョーカー的立ち回りで憎かったギンの印象が180度変わってしまう程の感動シーンとなっています。

乱菊が藍染に何を奪われたのかは作中では明記されていません。

ただし、連載終了後に発売された小説「BLEACH Can’t Fear Your Own World Ⅱ」にて、奪われた乱菊とされる少女の魂魄には霊王の爪が混じっていたという事実が分かります。

奪われた乱菊の魂魄は元々の大部分であり、市丸ギンはこれを取り戻そうとしたと物語はつながります。

魂魄のほとんどを奪われたにもかかわらず死神として十番隊副隊長を長期間務めていることを考えると、もし奪われていなければ作中最強クラスの霊力だったと推測しても間違いとは言えないのではないでしょうか。

吉良イヅルの侘助とは相性が良い

松本乱菊は三番隊副隊長・吉良イヅルの斬魄刀・侘助と相性が良いです。

吉良の斬魄刀である侘助は、斬りつけたものの重さを倍にする効果があります。

二度斬れば更に倍、三度斬ればそのまた倍、というように倍々ゲームとなり、斬られた相手は重みに耐えかねず、地に這いつくばり詫びるように頭を差し出すことが名前の由来です。

一方、乱菊の斬魄刀・灰猫はすでに紹介した通り、刃を灰と変えて攻撃出来る効果があります。

すなわち、吉良がどれだけ乱菊の刃を斬りつけても、刃は灰となっているため乱菊にはほとんど影響を与えることはありません。

このことから、乱菊は吉良にとって、まさに生物界の天敵ともいえる存在なのです。

後日談では、吉良が乱菊に謝罪して仲直り後、二人は飲み仲間になっています。

戦闘で乱菊に勝てる見込みがないからかは不明ですが、吉良が乱菊の弟分となっている様子は微笑ましいです。

アランカル(破仮面)のナキームに圧勝

松本乱菊の作中唯一の圧勝シーンがアランカル(破仮面)のナキーム戦です。

護廷十三隊の隊長・副隊長は現世に来る際は、現世の霊に不要な影響を及ぼさないよう、各自の霊圧を80%圧縮された状態となっています。

しかし、ソウル・ソサエティから限定解除の許可が出れば、現世でも通常の霊圧使用が可能となるため、許可が無事に降りた後のナキーム戦は一方的という言葉がふさわしい程、乱菊の圧勝でした。

作中では苦戦する描写も少なくありませんが、改めて乱菊の副隊長として相応な強さが分かるシーンです。

まとめ

・松本乱菊の斬魄刀は灰猫。

・灰猫の始解は、刃が灰に変わり攻撃範囲も広くなる。

・灰猫で灰が降りかかった場所は切断される。

・松本乱菊は戦闘面でも日番谷冬獅郎のサポートをし、頼りになる。

・灰猫の必殺技は猫輪舞。

・もし藍染惣右介に魂魄と霊王の爪を取られなかったら、松本乱菊は最強クラスの霊力となる。

・松本乱菊の斬魄刀・灰猫は、吉良イヅルの斬魄刀・侘助とは相性が良い。

・現世で限定解除となれば、アランカルのナキームは楽勝。