【東京リベンジャーズ】ドラケンは未来で死亡する?現在についても!




Pocket
LINEで送る

週刊少年マガジンで連載されている東京リベンジャーズ。

作中では多くのキャラクターが死んでしまいますよね。

副総長であるドラケンはタケミチがタイムリープした後の未来で死亡してしまうのでしょうか?

また、現在はどうなっているのかも気になるところ。

こちらの記事では東京リベンジャーズのドラケンは未来で死亡するのか、更に現在についても深掘り&考察をしていきます!

それではさっそく見ていきましょう。

※一部ネタバレ要素がありますのでご注意下さい。

スポンサーリンク



【東京リベンジャーズ】ドラケンは未来で死亡する?

ドラケンはタケミチのタイムリープの度に生死や境遇が変わってしまう内のひとり。

彼は未来で死亡してしまったりするのでしょうか?

ひとつひとつ見ていきましょう!

2回目のタイムリープ:死亡

2回目のタイムリープ後の現代ではドラケンは死亡しています。

2005年8月3日に行われた8・3抗争が原因。

この時はマイキー派とドラケン派による内部抗争で腹部を刺されて死亡してしまいました。

マイキー派とドラケン派に割れてしまったのはパーちんが愛美愛主(メビウス)の長内を刺して自首した事が原因となります。

そして、4回目のタイムリープ中の8・3抗争では東京卍會VS愛美愛主という構図になりました。

ここで稀咲にそそのかされたキヨマサがドラケンを刺しますが、一命を取り留めます。

なので2回目のタイムリープ後、ドラケンは生存しているという事になりますね。

マイキー派とドラケン派に割れて内部抗争が起こった際、ドラケンを殺した犯人は公表されていません。

4回目では裏から稀咲が糸を引いていたいましたよね。

なのでこの時も稀咲がキヨマサをそそのかして死亡させた可能性が高いのではないかと思います!

4回目のタイムリープ:死刑囚として収監

4回目のタイムリープ中ではドラケンを救う事が出来ました。

このタイムリープの後、ドラケンは死刑囚として収監されています。

当時、稀咲は東京卍會の総長代理を務めていました

そして、稀咲鉄太の命令でドラケンは3人ほど殺害。

これによりドラケンは死刑囚として収監。

4回目のタイムリープで過去を変えても良い結果にはなりませんでした。

7回目のタイムリープ:斬殺される

7回目のタイムリープ後、ドラケンは斬殺されてしまいます。

この時はドラケンだけでなくタケミチ以外の東京卍會のメンバーはマイキーによって皆殺しになっていました。

こちらについては殺害された際の描写はありません。

斬殺という事なので、日本刀等で身体か首を斬られて死亡してしまったのではないでしょうか。

マイキーの右腕だったドラケンだけにとても意外な結果となってしまいました。

ドラケン(龍宮寺堅)は現在生存している

スポンサーリンク



7回目のタイムリープ後、ドラケンは死亡してしまいます。

マイキーが殺害したという事は本当に意外。

その後、ドラケンは現在生存しているのでしょうか?

最新話である193話(記事執筆時)ではドラケンは生存しています。

9回目のタイムリープ後、東京卍會のメンバーたちとパーちんの結婚式に出席中。

髪も黒くなり中学生の時以上に大人っぽくなっていました。

更にイヌピーと一緒にバイクショップを経営しているそうですよ!

今までで一番ハッピーな結果ですね。

職業もドラケンにぴったりなのではないでしょうか。

まとめ

・2回目のタイムリープ後はマイキー派とドラケン派による内部抗争で腹部を刺されて死亡

・4回目のタイムリープ中に稀咲にそそのかされたキヨマサがドラケンを刺すが、一命を取り留める

・7回目のタイムリープ後はマイキーによって斬殺される

・9回目のタイムリープ後、東京卍會のメンバーたちとパーちんの結婚式に出席中

・最新話である193話(記事執筆時)でドラケンはイヌピーと一緒にバイクショップを経営している

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!