東京リベンジャーズ/ドラケンは最後死ぬのか?誰に殺される・殺されたか解説




東京リベンジャーズの東京卍會、No.2のドラケンはとても人気が高いですよね。

マイキーの黒い心を埋め、優しさと強さを兼ねそろえていました。

今回の記事では、ドラケンは最後死ぬのか?

誰に殺される・殺されたかを解説していきます。

それではさっそくみていきましょう。

PICKUP

スポンサーリンク



東京リベンジャーズ/ドラケンは最後死ぬのか?

ドラケンはタケミチがタイムリープした後、死刑囚でした。

人望が厚いドラケンが稀咲にハメられたという事実にタケミチは驚いていましたね。

ドラケンは人を庇い、けじめをつけてしまう事も多いキャラクターです。

ドラケンは最後は死んでしまうのでしょうか。

タイムリープ前は8.3抗争で死んだ

タケミチがタイムリープする前は、ドラケンは8.3抗争で死亡しています。

東京卍會のNo.1のマイキーとNo.2のドラケンが争った事が原因です。

マイキーとドラケンが仲直りしたものの、稀咲は噂話を広めていきました。

東京卍會はもみくちゃになり、タケミチが見ていない時にドラケンは刺されて死んでしまいます。

しかし、ドラケンの最初の刺殺は過去のものであるため、タイムリープ後にはタケミチによって死亡フラグを回収されました。

聖夜決戦編後の過去で斬殺された

ドラケンは聖夜決戦編後の過去では斬殺されています。

ドラケンが斬殺された事に関しては、タケミチが12年後に戻って分かりました。

負のタイムリープからミッションクリアが出来たとタケミチは喜びます。

しかし、ナオトから「マイキーが幹部全員を殺し、ドラケンは斬殺」と聞いたんです。

遊園地で花垣タケミチを庇って死亡

タイムリープの事を知ったドラケンは、タケミチに加勢します。

遊園地でタケミチと遊んでいたドラケンですが、六波羅単体に発砲されました。

本当はタケミチが狙われていたのですが、ドラケンはタケミチを庇い倒れます。

エマの事を想いながらドラケンは死亡しました。

ドラケンは過去で何回死ぬ?

ドラケンは過去では3回死亡し、回収された後は2回の死亡です。

死刑囚になり、もっと死亡したのではないかと考える人もいるでしょう。

ドラケンが死亡する直前、タケミチがタイムリープする事でドラケンの死の回数が増えてしまったんです。

「キヨマサに刺殺」、「マイキーに斬殺」、「タケミチを庇って死亡」で計2回の死亡をしました。

東リベ/ドラケンは誰に殺される・殺されたのか?

スポンサーリンク



ドラケンは稀咲によって恨みを買ってしまった人物です。

マイキーとドラケン、タケミチの日常が好きな人にとってはショッキングですよね。

ドラケンは東京卍會のNo.2として周囲を庇う事も多く、死亡も多いです。

ドラケンは誰に殺されてしまったのでしょうか。

8.3抗争:キヨマサによって殺された

8.3抗争では、ぱーちんが長内を攻撃した事で勃発しました。

マイキーはぱーちんを東京卍會から追放しようとしますが、ドラケンがマイキーを止めます。

マイキーとドラケンは仲直りをしたものの、稀咲はキヨマサに対し「ドラケン狩り」を言います。

東京卍會はお祭りの夜、キヨマサに衝突され、ドラケンはキヨマサに刺殺されました。

しかし、ドラケンが刺殺されたのはタイムリープ前であり、タイムリープ後は刺されはしますが回復し、復活しています。

聖夜決戦編後の過去:マイキーによって斬殺

聖夜決戦後の過去、ドラケンはマイキーによって斬殺されています。

詳しい事は原作では描かれていませんが、タケミチが未来に戻った後、タケミチは東京卍會を脱退しようとしたんです。

タケミチが脱退する事をドラケンはマイキーに許すよう説得しました。

しかし、マイキーは人生に辛さしかないと言い、幹部全員を殺し、ドラケンを斬殺した事がナオトによって分かります。

遊園地:犯人は六波羅単代の下っ端で撃たれる・撃たれた

遊園地での発砲は六波羅単体の下っ端でした。

タケミチは高校生になっていて、ドラケンは梵(ブラフマン)というチームに入っています。

東京卍會が解散した後、タケミチに協力して、ドラケンはマイキーの後を追おうとします。

しかし、六波羅単体の下っ端の銃撃にタケミチが遭い、ドラケンはタケミチを庇って撃たれるんです。

ドラケンはなぜ死んだ・本当に死んだのか死亡理由について

ドラケンは東京リベンジャーズが始まって、すぐに死亡や死刑囚という過酷な運命を背負っている人物です。

稀咲に翻弄されてたとはいえ、力の強く、メンタルも安定しているドラケンが死亡する回数が多いのが気になります。

東京リベンジャーズは最終章でもタイムリープをし、タケミチは高校生になっていますね。

ドラケンはなぜ死んだのか、本当に死んでしまったのか、詳しい死亡理由について解説します。

8.3抗争:内部抗争により死亡

ドラケンが最初に死亡した8.3抗争は、内部抗争が原因です。

マイキーとドラケンが対立しているところを東京卍會の全員は集会で見てしましました。

タケミチがマイキーとドラケンに説得し、仲直りをするのはタケミチと千冬が見ている場所だけです。

周囲は困惑した中で、稀咲が「ドラケンは東京卍會を捨てる」と嘘をつき、キヨマサがドラケンを刺殺しました。

しかし、内部抗争では「確実な死亡」は描写されていないため、過去ドラケンは内部抗争で死亡、タイムリープ後は死亡回避しています。

4回目のタイムリープ:死刑囚として収監

4回目のタイムリープ中ではドラケンを救う事が出来ました。

このタイムリープの後、ドラケンは死刑囚として収監されています。

当時、稀咲は東京卍會の総長代理を務めていました

そして、稀咲鉄太の命令でドラケンは3人ほど殺害。

これによりドラケンは死刑囚として収監。

4回目のタイムリープで過去を変えても良い結果にはなりませんでした。

聖夜決戦編後の過去:マイキーの黒い衝動により死亡?

聖夜決戦編後の過去は、タケミチはドラケンの死亡を間近で見ていません。

「タイムリープが成功した」とはしゃぎ、タケミチは協力してくれたナオトに話しかけます。

ナオトは警察で、「最悪の未来」と語り、マイキーが東京卍會の幹部全員を殺した事を報告しました。

マイキーはフィリピンに逃亡していたため、ドラケンはマイキーの黒い衝動によって死亡したと考えられます。

遊園地:タケミチを庇って死んだ

遊園地でドラケンが死亡した理由は、タケミチを庇った事です。

タケミチがタイムリープを進めると、タケミチは高校生になっており、ドラケンはタイムリープを知っていました。

ドラケンは東京卍會の解散後、梵の協力者として加入しています。

タケミチは銃撃されかけますが、とっさにドラケンがかばい、ドラケンは銃撃を受け死亡しました。

まとめ

スポンサーリンク



・ドラケンは過去3回死亡している

・ドラケンは8.3抗争でマイキーと対立し、稀咲が「ドラケン狩り」の噂をたて、キヨマサが怒り、ドラケンを刺殺した

・聖夜決戦編後の過去では、描写が無いがナオトによってドラケンがマイキーに黒い衝動によって斬殺された

・聖夜決戦編後の過去で、タケミチは東京卍會を脱退しようとし、庇ったドラケンは斬殺、マイキーはフィリピンに逃亡

・遊園地ではタケミチがタイムリーパーという事を知ったドラケンが東京卍會の解散後、梵に加入

・マイキーの行方を追うためタケミチに協力していたドラケンは遊園地で六波羅単体の下っ端の銃からタケミチを庇い死亡

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

★PICKUP

【超お得!】東京リベンジャーズの原作マンガが全巻40%オフ!

実は東京リベンジャーズの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えば東京リベンジャーズの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更に東京リベンジャーズの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

PICKUP