【東京リベンジャーズ】ヒナは死亡する?稀咲鉄太との関係についても!




週刊少年マガジンで連載されている東京リベンジャーズ。

タケミチは死んでしまったヒナを救おうと行動していましたね。

彼女は最終的に死亡してしまうのでしょうか?

また、稀咲鉄太との関係についても気になるところ。

こちらの記事では東京リベンジャーズのヒナは死亡するのか、更に稀咲鉄太との関係についても深掘り&考察をしていきます!

それではさっそく見ていきましょう。

※一部ネタバレ要素もありますのでご注意下さい。

補足

スポンサーリンク



【東京リベンジャーズ】ヒナは死亡する?

タケミチは過去へとタイムリープしてヒナを救おうとしましたね。

しかし、何回過去へ飛んでもヒナは死亡してしまいます。

最終的にはどうなってしまうのでしょうか?

こちらについて見ていきましょう!

7回目のタイムリープまでは死亡

タケミチがタイムリープする前は東京卍會の抗争に巻き込まれ死亡しています。

その後、何回か過去でミッションをこなしました。

その結果、どのように変わったのかを表にしてまとめてみました!

タイムリープ 日時 タイムリープ事の出来事
2017年

7月1日

東京卍會の抗争に巻き込まれ死亡
4回目 2017年

8月10日

千堂敦の運転する車に突っ込まれ死亡
6回目 2017年

8月10日

千堂敦の運転する車に突っ込まれ死亡
7回目 不明 交通事故死(暴走族関与の可能性あり)

7回目までどう頑張ってもヒナは死んでしまいます。

タイムリープしてミッションを達成しても未来が変わらないなんてキツいですね。

9回目のタイムリープ後は生存

タケミチが9回目のタイムリープをした後、ヒナは生存しています。

最新の193話ではナオトやドラケン達の東京卍會のメンバーもパーちんの結婚式に出席している描写がありました(記事執筆時)

9回目のタイムリープでは佐野エマが稀咲によって殺害され、マイキーが闇落ち寸前までいきました。

この時、タケミチはマイキーが闇落ちするのを救います。

更に関東事変で東京卍會と天竺の抗争の後に、稀咲はトラックにはねられて交通事故死。

そして、ヒナは生存しているという流れになります。

現時点では1番ハッピーな結末なのではないでしょうか。

橘日向と稀咲鉄太との関係は?

スポンサーリンク



稀咲鉄太が死亡した事でヒナの運命は大きく変わりました。

彼らには何かしらの関わりがあったという事が分かりますね。

では、この2人はどういう関係だったのでしょうか?

塾が一緒だった

ヒナと稀咲は小学生時代、通っている塾が同じでした。

この時、2人は知り合ったという事になりますね。

稀咲は小学生時代、全国模試1位の成績を修めたりして神童と呼ばれていました。

この時から稀咲はヒナに惚れており、『日向も神童の俺を好きに決まっている』と勘違いしていたそうですよ。

凄い自信ですよね!

僕もこんな自信が欲しいものです。

稀咲鉄太が生存時はプロポーズされる

ヒナは稀咲に好意を寄せられており、最終的にはプロポーズまでされます!

結果は残念ながら結ばれる事はありませんでした。

ヒナはタケミチの事が好きだったので、しょうがないのではないかと思います。

また、個人的な見解ですが稀咲とヒナが交際しているという感じもしませんでした。

なのでそういう前段階を飛ばしてプロポーズした可能性はありそうですね。

ヒナの死因は全て稀咲が関わっている

ヒナが死亡した原因は全て稀咲が関わっています。

これはプロポーズを断られた腹いせですね。

稀咲からすると『プロポーズを断ったヒナは死ねば良い』という考えでした。

この時、稀咲は日本一の不良になっています。

国を裏から牛耳っている感じですね。

なので簡単にヒナを殺害出来たという事が分かります。

プロポーズを断ったら殺されるなんて怖すぎる。

まとめ

・ヒナは7回目のタイムリープまでは現代で死亡する

・9回目のタイムリープ後の現代では生存しており、パーちんの結婚式に出席している

・稀咲とは小学生の時に塾が同じで惚れられていた

・稀咲からのプロポーズを断った事で、逆恨みをされて殺害された

関連記事

東京リベンジャーズのキャラクターを深掘りする方法

東京リベンジャーズにはキャラクターブック天上天下という公式キャラブックがあります。

こちらではトーマンや東京のチームとの関係者たちのキャラクター名鑑があり、更に各登場人物について深く知る事が可能。

また、トーマンのメンバー達が乗っている愛車についての紹介もしていますよ。

個人的には〝タケミチの1Dayルーティン〟が凄く気になります!


東京卍リベンジャーズ キャラクターブック 天上天下【電子書籍】[ 週刊少年マガジン編集部 ]

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

補足