<PR>当ブログはアフィリエイトプログラムを利用しています。

青のエクソシスト/神木出雲の過去や正体は誰で何者?出身や使い魔も解説

「青のエクソシスト 島根啓明結社篇」が2024年1月からアニメ放送される事が発表され、ファンを喜ばせています。

その島根啓明結社篇で重要な鍵となる1人に神木出雲は、燐たちと関わった事で少しずつ良い意味で変わっていくキャラです。

そこで今回は「青のエクソシスト/神木出雲の過去や正体は誰で何者?出身や使い魔も解説」というタイトルで書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

☆この記事を読んだ人におすすめ

青のエクソシスト/神木出雲の過去について

「青のエクソシスト」」に登場するキャラで過去が描かれたキャラと、まだ描かれていないキャラがいます。

神木出雲はまだ過去があまり判明していないキャラです。

そんな神木出雲の過去について調べてみました。

信頼できる友人が朴朔子以外にいなかった

神木出雲は信頼できる友人が朴朔子(ぱくのりこ)以外にいませんでした。

子供の頃から悪魔が見える事を隠していなかった出雲は友人が出来なかった事から、最初に話しかけてくれた朔子以外は誰も信頼せずに過ごしてきました。

その為、祓魔塾で杜山しえみに”友達になって欲しい”と言われても素直に受け入れずに朔子から注意されたほどです。

確かにしえみをパシリのようにしていた出雲はちょっと見たくなかった気もします。

昔から陰口を言われ孤独だった

神木出雲は昔から陰口を言われ孤独でした。

サタンの息子だと知られてしまい竜士や子猫丸、しえみですら距離を取る中で出雲は唯一気にしない態度を取っていました。

出雲過去に自身にそういう経験があった事と、おそらくですが燐がTシャツを貸してくれたりした事が態度を変えなかった理由だと思われます。

協調性が芽生えつつも、周囲の意見に左右されない出雲の芯の強さが垣間見えたシーンです。

青の祓魔師(青エク)/神木出雲の正体は誰で何者?出身や使い魔も解説

神木出雲は作中で”こんなところで死ねない”と言うシーンがあります。

誰もが死にたくないというのは当然なんですが、出雲に関しては言葉の重みが違うように感じられます。

そこで神木出雲の正体は誰で何者?出身や使い魔も解説していきます。

巫女の血統であるという祓魔塾の候補生

神木出雲は巫女の血統であるという祓魔塾の候補生です。

自身でも”あたしは巫女の血統なの!!”と言うシーンがあり、このセリフは後に作中で大きな意味がある事を知らしめています。

巫女とは祈祷や神楽を行い神に仕える女性です。

そんな出雲は何の神に仕えた巫女だったのか気になります。

島根県稲荷大社の祭祀を担う稲神家の分家・神木家の出身

神木出雲は島根県稲荷大社の祭祀を担う稲神家(いなみけ)の分家・神木家の出身です。

“稲神家”とは神通力を手に入れる為に狐神と交わった一族と言われています。

稲神家は祭祀を担う為、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)の神使を祖としている一族でその分家の神木家は殺生石を鎮める役割がありました。

悪魔と血縁を持っている

神木家は悪魔と血縁を持っています。

燐は狐の御使いから”自分たちは狐神と交わって神通力を得た一族で、青い炎を纏ったお前と同じだ”と聞かされます。

燐はそこでやっと京都に向かう新幹線で出雲が言った”この世界に悪魔と人間の血縁者はざらにいる”という言葉の意味を知りました。

しかも狐の御使いは”神木家はそのつとめの性質から未だに血に強い神通力を持っている”とも語っています。

目的は手騎士二種の称号を取り神降ろしができる様になること

神木出雲の目的は手騎士二種の称号を取り神降ろしができる様になることです。

その目的の理由は出雲の母親である玉雲(たまも)にありました。

玉雲は不死の妙薬”エリクサー”の実験体で、もし実験が続けられなくなった場合は出雲が代わ
りに実験体になるからです。

その為に出雲は母親と同じように、九尾を自身に憑依させる”神降ろし”ができるようにならないといけないと考えています。

使い魔は稲荷神

神木出雲の使い魔は稲荷神です。

その2体の使い魔は正式名称・ウケモチ(保食)とミケツ(御饌津)と言い、白狐の上級悪魔です。

出雲は祝詞を唱える事で2体の使い魔の力を引き出し悪魔と戦うのですが、祝詞によって強さが変わり、略式だと威力が弱まるとされています。

出てきた祝詞の種類は、鎮魂(みたましずめ)、靈(たまゆら)の祓い、天の大御酒の祓いの3つで、出雲がよく使うのは靈の祓いの略式です。

出雲編で過去や出雲の事が描かれていますが、母親がもう少ししっかりしていれば出雲の人生も違うものだったかもしれません。

まとめ

・信頼できる友人が朴朔子以外にいなかった。

・昔から陰口を言われ孤独だった。

・巫女の血統であるという祓魔塾の候補生。

・島根県稲荷大社の祭祀を担う稲神家の分家・神木家の出身。

・悪魔と血縁を持っている。

・目的は手騎士二種の称号を取り神降ろしができる様になること。

・使い魔は稲荷神。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【超お得!】青の祓魔師の原作マンガが全巻40%オフ!

実は青の祓魔師の漫画を全巻40%オフで読む方法があります。

この方法を使えば青の祓魔師の原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更に青の祓魔師の漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

☆この記事を読んだ人におすすめ
アイモバイルネットワーク 記事下


 

 
✔︎Check
 
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする