【借りぐらしのアリエッティ】翔のモデルは神木隆之介?苗字や手術は成功するのかその後についても




アニメ等の作品では人物や建造物であったりと、元ネタとなっているモデルがありますよね。

借りぐらしのアリエッティに登場する翔はどうなのでしょうか?

また作中で名前は呼ばれていましたが、フルネームでは呼ばれていませんでした。

こちらの記事では借りぐらしのアリエッティの翔のモデルとなっている人物、更に苗字は何なのかという事について解説をしていきます!

それではさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク



【借りぐらしのアリエッティ】翔のモデルは誰?

12歳の少年である翔。

生まれつき心臓が弱く、過度に運動出来ない体質ですよね。

この翔にモデルとなる人物は誰になるのでしょうか?

モデルは神木隆之介

元ネタとなっているのは神木隆之介さん!

有名な俳優さんがモデルとなっていますね。

彼がモデルとなったのはあるエピソードがあります。

作画監督の賀川愛さんがキャラを描く上で〝誰かを観察して描きたい〟と話されていましたよ。

この時、たまたまあるドラマで神木隆之介さんが病弱な少年の役をされておりベッドに横たわったり起き上がったりするシーンがありました。

それをプリントアウトして作画の参考にしたそうですよ。

作画ルームにも神木のポスター等を貼り、動作・表情の研究をされました。

凄く徹底されていますね^^

また、絵コンテには

・美少年

・妙に色気のあるcut

とありました。

正に神木隆之介さんをモデルにするにはピッタリですね^^

病弱な少年の役のドラマは赤鼻のセンセイ?

翔はあるドラマで神木隆之介さんが病弱な少年の役をされていたという事が分かりましたね。

一体どういうドラマだったのでしょうか?

リサーチしたところ、2009年7月8日から9月9日まで放送された赤鼻のセンセイだという事が分かりました。

こちらのドラマで神木隆之介さんは八重樫守役をされていましたよ。

赤鼻のセンセイは大泉洋さんが主演を務めたドラマ。

このドラマは長期入院の為、学校に通えない子どもたちと間抜けな熱血漢の教師のドラマとなっています。

八重樫守は中学3年生で難治性喘息で入院中でした。

赤鼻のセンセイに出演した時の神木隆之介さんの画像がありました!

翔のモデルとなっているのも分かりますね^^

そのままという感じがしました。

凄く納得できます!

神木隆之介は病弱だった

翔のモデルとなっている神木隆之介さんは幼い頃に生存率1%の大病を患ったことがあります。

病気を患ったのは生後すぐのことだったそうですよ。

・生存率1パーセント

・ミルクを受け付けないほどの消化器系の病気

病名については公開されていません。

現在は奇跡的な完治を遂げ、現在は後遺症もなく元気に生活しているそうですよ。

そういう所もリンクしている印象がありますね!

翔の苗字は何?

スポンサーリンク



作中では〝翔〟とだけ呼ばれており、苗字は一切呼ばれていません。

フルネームは公開されているのでしょうか?

〝牧〟という説

翔が療養の為に過ごした屋敷。

この屋敷には牧貞子が住んでいます。

牧貞子は翔の祖母の妹で、いわゆる大叔母。

雰囲気があって素敵な屋敷ですよね。

また、翔の両親は離婚しているという事が分かっています。

彼女が祖母であれば、離婚した母親の旧姓が〝牧〟となりますが祖母の妹。

そうなると翔の母親の旧姓は〝牧〟ではありません。

なので翔の苗字が牧である可能性はなさそうですね。

〝藪〟という説

冒頭では翔が屋敷に連れてこられましたよね。

この時に屋敷の門が映っており、表札もありました。

この表札には〝藪(やぶ)〟と書かれているのですよね。

こちらは冒頭部分で〝母の育った屋敷〟と話されています。

なので翔の母親の実家という事になりますね。

しかし、現在は翔の祖母の妹である牧貞子が住んでいます。

ここから考察をしてみました。

この屋敷には牧貞子の姉である翔の祖母が元々住んでいた。

その家を何らかの理由で牧貞子に譲ったけど表札はそのまま。

そう考えると〝藪〟が母方の苗字になっている可能性がありそうですよね。

なので個人的には〝藪翔〟なのではないかと思っています。

翔の手術は成功したのか

作中ではアリエッティと翔が別れて終了しましたよね。

その後、翔の手術が成功したのかどうかという事については公表されていません。

制作側からも裏話として明かされることもありませんでした。

手術は成功したのか、それとも失敗して死ぬのか気になるところ。

一体どうなったのでしょうか?

この事について僕の独断と偏見で考察をしてみました!

こちらは冒頭部分で〝翔のその後〟についてのヒントがありましたよ。

実はここで『僕はあの年の夏、母の育った古い屋敷で一週間だけ過ごした』と翔のナレーションがありました。

この事から、アリエッティは翔の思い出のストーリーと考えられます。

そうなると翔の手術は成功したと思われるのではないでしょうか。

その後について語られない理由

個人的にはその後どうなったのかという事もあってほしかったです。

モヤモヤする終わり方なので余計気になってしまいますよね。

なぜこのような終わり方になってしまったのか、ここも僕の独断と偏見で考察をしてみました。

借りぐらしのアリエッティには原作があります。

この原作と比べると驚異的な速度でストーリーが進んでいるという事が分かりました。

なので、手術結果について加えるとストーリー上かなり長い話になります。

尺の都合もあり、ちょうどここが区切りやすかったのかもしれません。

なので個人的には作品の尺の都合上、その後については描かれなかったのではないかと思います。

まとめ

・借りぐらしのアリエッティの翔のモデルは神木隆之介

・神木隆之介さんが出演していた赤鼻のセンセイを作画の参考にした

・翔の苗字は藪なのではないかと考察

・翔の手術は成功したと思われる

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!