<PR>当ブログはアフィリエイトプログラムを利用しています。
又、プロモーションが含まれています。

黒執事/タナカさんの正体は誰で何者?日本人か解説

「黒執事」に登場するキャラは謎めいた人物が多いのですが、ファントムファイヴ家に仕えているタナカさんもその1人ではないでしょうか。

優しそうなおじいちゃん風ですが、実は真シエル(双子の兄)の件では重要な鍵を握る人物でした。

そこで今回は「黒執事/タナカさんの正体は誰で何者?日本人か解説」というタイトルで書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

☆この記事を読んだ人にオススメ

黒執事/タナカさんの正体は誰で何者?

枢やな先生いわく”タナカは幼い頃から憧れの老紳士だった藤村俊二さんをモデルに作ったキャラ”だそうです。

その藤村俊二さんにアニメのCVをやってもらえた事は光栄だったとも語っていました。

そんなタナカさんの正体は誰で何者なのか調べてみました。

ファントムハイヴ家のハウススチュワード(家令)

タナカさんはファントムハイヴ家のハウススチュワード(家令)です。

ハウススチュワード(家令)とはかなり稀な存在と言われていて、基本的には裕福な家にしかいないとされています。

その為タナカさんのハウススチュワードというのは、ファントムハイブ家の家柄を分かりやすくする為に作った設定という可能性もありそうです。

先々代(クローディア・ファントムハイヴ)時代からファントムハイヴ家に仕えている

タナカさんは先々代(クローディア・ファントムハイヴ)時代からファントムハイヴ家に仕えています。

クローディア、ヴィンセント、シエルとファントムハイブ家の3世代に仕えているという経歴がある人物です。

ヴィンセント時代には執事長も務めており、30人以上いた使用人たちをまとめていた事もありました。

それだけ長く働けるという事は信用されていると考えられ、ファントムハイブ家の重要な秘密を知っているかもしれません。

身分は執事のセバスチャンより上

タナカさんは身分は執事のセバスチャンより上です。

普段仕事をしている姿がほとんど描かれていないのは、セバスチャンが有能だからかもしれません。

しかしエリザベスが屋敷に泊まっていた時に異変があった際には、エリザベスに気づかれないように寝室に行かせていました。

田中さんは日本人?

タナカさんはあまりにも謎が多すぎて、一部の読者からは黒幕説が出ているほどです。

実はシエルやセバスチャンの正体を知っているのかも?と思わせるシーンがいくつか出てきますが、何を考えているのかは全く読めません。

そんな田中さんは日本人なのか調べてみました。

黒執事には多国籍のキャラクターの登場が多い

黒執事には多国籍のキャラクターの登場が多いのも特徴の1つです。

メイリンは中国人、バルドはアメリカ人、ディーデリヒはドイツ人、ソーマはベンガル藩王国など様々なキャラクターがいます。

田中さんは本名ではなさそうですが、日本人なのは間違いなさそうです。

当時のイギリスの影響力の強さを物語っている

当時のイギリスの影響力の強さを物語っていると思われます。

イギリスは18世紀に産業革命が起き”世界の工場”と呼ばれるほど発展し、それがヴィクトリア女王の生きた時代でした。

しかしアメリカやドイツなどの国々の勢力が増した事で、イギリスの繁栄に陰りが出てきた頃が黒執事の舞台になっています。

当時のイギリスの影響力の強さを描くにあたって枢やな先生は、この時代を選んだのかもしれません。

当時の日本は鎖国中から幕末・明治にかけての時代で岩倉使節団がイギリスに行く前

当時の日本は鎖国中から幕末・明治にかけての時代で岩倉使節団がイギリスに行く前です。

シエルの祖母クローディアが亡くなったのが1866年で、タナカさんはこの頃既にイギリスにいたという事になります。

岩倉具視、伊藤博文、大久保利通など錚々たる人物が渡英するよりも先にイギリスにいて、なおかつ伯爵家で執事長を任されているというのは並大抵の事ではありません。

タナカさんは遥かに進みすぎている日本人

タナカさんは遥かに進みすぎている日本人だと考えられます。

上記の事を考えるとタナカさんはまだまだ日本人が渡英する事は珍しかった時代に、ファントムハイブ家で執事をしていた事になります。

“女王の番犬”をやっているファントムハイブ家で執事をするぐらいなので、タナカさんが只者ではない事は間違いなさそうです。

ebookjapanなら黒執事の原作マンガが70%オフ!

黒執事の漫画を70%オフで読む方法があります。

ebookjapanの「6回使える70%OFFクーポン」なら、1回の購入につき500円×6回で最大3,000円割引で読むことができます。

※表は横へスクロールできます

表の値引き後1冊の値段・全巻の合計金額は、通常価格からクーポンやポイントを使用した際の金額です。

通常価格の合計金額:24,090円

ebookjapanの合計金額:21,090円

差額:3,000円

サービス オススメ度 値引き後
1冊の値段
全巻の
合計金額
特徴
ebookjapan 約639円 21,090円 まとめ買い最安値!
6冊分の70%OFF
クーポンがもらえる
(6回で最大3,000割引)
Amebaマンガ 約664Pt 21,912Pt 100冊まで50%還元
クーポンがもらえる
まんが王国 約664Pt 21,912Pt 最大で50%ポイント還元
DMMブックス 約669円 22,090円 初回のみ90%OFF
クーポンがもらえる
(上限2,000円)
コミック.jp 約694円 22,890円 30日無料おためしに登録すると
1,200ポイントがもらえる
U-NEXT 約712円 23,490円 無料トライアルに登録すると
600ポイント
220,000本の動画が見放題
music.jp 約712円 23,490円 無料おためしに登録すると
600円分通常ポイント
1,000円分動画ポイントが付与
楽天KOBO 実質
723円
実質
23,849円
原則100円(税抜)で
1ポイントが進呈
Amazon Kindle 実質
723円
実質
23,849円
対象商品に
ポイントが付与される
通常金額 約73円 24,090円 通常の金額

※33巻までの金額

電子書籍サービスで漫画を買うほうが安くてお得であることがひと目でわかりますね!

『クーポンを利用して安く買える!』ということを知らない人は定価で漫画を購入することになります。

その為、とても損をしてしまうことになるのでもったいないですよね。

無料登録するだけでもらえる「70%OFFクーポン」を使えば、『黒執事』をどこよりも安く読むことができますよ!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。

「6回使える70%OFFクーポン」をチェックする

『詳細情報を更にチェックしてから』という方はこちらの記事をどうぞ↓

登録は最短30秒で
▼サクッと終わります▼

ebookjapanで
6冊70%OFFのクーポンをもらう

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

まとめ

・ファントムハイヴ家のハウススチュワード(家令)。

・先々代(クローディア・ファントムハイヴ)時代からファントムハイヴ家に仕えている。

・身分は執事のセバスチャンより上。

・黒執事には多国籍のキャラクターの登場が多い。

・当時のイギリスの影響力の強さを物語っている。

・当時の日本は鎖国中から幕末・明治にかけての時代で岩倉使節団がイギリスに行く前。

・タナカさんは遥かに進みすぎている日本人。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

☆この記事を読んだ人にオススメ
✔︎Check
 
アイモバイルネットワーク 記事下


 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする