ブリーチ/涅マユリ様の正体・誰なのか?設定・敵or味方で仲間か解説




久保帯人によって週刊少年ジャンプに連載されたバトルアクション漫画『BLEACH(ブリーチ)』

個性豊かなキャラクターが多く登場する漫画ですが、中でも今回は涅マユリに注目。

BLEACHのキャラクターの中でも一番の変人キャラと言っても過言ではない優秀な謎の多い科学者である涅マユリを皆さんご存じでしょうか!?

今回は謎の多い涅マユリの正体は何者で誰なのか。

設定や敵or味方で仲間なのか解説をしていきます!

それではさっそく見ていきましょう!

※多少ネタバレ要素も含まれますのでご注意ください。

★PICKUP

スポンサーリンク



ブリーチ/涅マユリ様の正体は誰・設定について

涅マユリ様は素顔もあまり見せないこともあり、注目されているキャラクターの1人です。
本性はマッドサイエンティストであるなど特徴的な部分が多い涅マユリ。

はたして何者なのでしょうか?

正体・設定についても詳しく探ってみましょう。

護廷十三隊の十二番隊隊長及び技術開発局二代目局長

涅マユリは何番隊に所属されているのでしょうか?

彼は護廷十三隊の十二番隊隊長で技術開発局二代目局長。

初代局長は『浦原喜助(ウラハラキスケ)』であり、危険分子として収容されていたマユリは彼に外に出してもらい、十二番隊の第3席の地位と技術開発局副長の座を与えられました。

自身の身体を改造し様々な武器や仕掛けを隠している

涅マユリの身体には多くの改造が施されています。
筋肉や内蔵・骨などの細部まで様々な武器や仕掛けが隠されているのです。

また、マユリが作った失った肉体を再生させる薬「補肉剤(ホジクザイ)」を常に携帯しているので、人間離れした実力の持ち主なのです。

補肉剤は鬼道を使わずして肉体の再生・解毒などの効果があり、すぐに治療が行えます。
護廷十三隊には四番隊という救護班がいます。
彼らは回復の軌道である回道を使用できます。

また、井上織姫(イノウエオリヒメ)も回復能力があります。
全員が治療できたら物語がすごいことになりそうですけど。

趣味は実験で特技は人体実験

普段は隊長として普通にふるまっていますが、本性はマッドサイエンティストなのです。

趣味は研究や実験で、特技を人体実験とする科学者です。
自身の研究力を満たすタメならば、手段を選ばず、たとえ人道に背く実験であっても強行し、瀞霊廷(セイレイテイ)ならびにソウルソサエティの発展のためなら多少の犠牲は厭わない考えを持っています。

趣味や特技に熱中できることはたとえ恐ろしいことであっても素晴らしいですね。

瀞霊廷通信を読んでいて自身の連載脳にキく薬は人気が高い

瀞霊廷通信内では実験レポートを掲載するコーナー「脳に効く薬」を連載しており、読者からファンレターが送られてくるほど人気が高いそうです。

私自身も瀞霊廷通信の方を読ませていただいていて楽しみにしていました。

破面篇以降は参謀的役割

破面篇では、虚圏へ送り込まれた隊長格の1人としてザエルアポロ・グランツと戦います。
ザエルアポロ・グランツも研究者であることから、この戦いは両者譲れない戦いとなっていましたね。

また、千年血戦篇で、星十時騎士団のジゼル・ジュエル(ジジ)や星十時騎士団親衛隊の1人であるペルニダ・パルンカジャスと戦うなどしてマユリは破面篇以降、参謀的役割となっていることがわかりますね。

草鹿やちるからのあだ名はマユリン

マユリは、護廷十三隊十一番隊副隊長の草鹿やちるに「マユリン」とあだ名をつけられていました。
やちるは無邪気で人懐っこい性格で見た目も言動も子供そのものであり、多くの人物にあだ名をつけています。

私もあだ名つけてもらえるとしたら何になるのかな?

やちるは上官などには可愛がられていますが、マユリはそうではないみたいですけど。

素顔はイケメンでかっこいい

コミックス20巻のソウルソサエティ(尸魂界)での戦いで、液状化して石田雨竜(イシダウリュウ)から逃亡したマユリ。
そこから素顔に戻った時のマユリがイケメンすぎてかっこいいですね。

マユリは自分自身を改造するので、素顔といってもあちこちにツギハギが見られます。
しかし本当にマユリはイケメンだと思いますね。

私自身、好みの顔立ちです!

BLEACH/涅マユリ様は敵or味方で仲間か解説

スポンサーリンク



涅マユリ様は敵か。

それとも味方で仲間なのかを解説していきたいとおもいます。

敵ではなく味方で仲間

涅マユリは敵ではなく味方で仲間とされているが、マユリ自身仲間意識などない。
下の説明にもあるが、護廷十三隊の部下を人間爆弾にして利用したりと護廷のために利用できるものは有効活用するスタンスなんですよね。

結果的には仲間に見えますが、私はどちらでもないのではないかとおもいました。

味方になると頼もしい

マユリの強さは明らかなもので戦う相手を調べ上げ対策を練って戦闘するので勝率も高く味方になると頼もしい存在です。

しかし、強さはあるものの攻撃手段が周りのことを考えたものではないため危険も多いことが難点ですね。

護廷十三隊の部下を人間爆弾にして裁判になった

自分の隊士を爆弾に変えてしまうマユリの肉爆弾。

他の死神の体内に遠隔操作ができる爆弾を仕込んでおき、スイッチで死神ごと爆発させるといった残酷なことをマユリは実行したのです。

流石に護衛十三隊部下を爆弾にしたことはまずいことであるため、四十六室で裁判になりました。

そりゃ裁判なるわ。

ただ四十六室も技術開発局の技術の恩恵を今までたくさん受けているので厳しい処罰にはならないのでないかと考えます。

千年血戦篇の隊首会議でヴァンデンライヒが卍解を奪うと警告した

死神の奥義「卍解を奪い取る技・星章化(メダライズ)」によって卍解を奪うと千年血戦篇の隊首会議でヴァンデンライヒが警告しました。

ただし、星章化は負担が大きいため、実力と釣り合わない卍解を奪えば危険が生じてしまうなどのデメリットもあります。

卍解を奪うことで相手の弱体化・卍解の無効化を目論んでいるのでしょうか?

見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)がソウルソサエティに侵攻を始めた際には、隊長4人がすでに卍解を奪われるなどしていたので危険な技であることがわかります。

まとめ

・マユリは護廷十三隊の十二番隊隊長及び技術開発局二代目局長

・マユリ自身が身体の改造をしている研究者である

・素顔はイケメンでかっこいいが素顔はあまり見せない

・趣味は実験であり、特技は人体実験(例として人間爆弾など)

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

★PICKUP

ブリーチの原作漫画やアニメを無料で見る方法!

スポンサーリンク



『ブリーチの原作を読みたいけどわざわざお店に行って買うのもめんどくさい』

『漫画を読みたいけど、できれば無料または安く読む方法がないものか・・・』

『アニメを途中から見て面白いから最初から見たい!』

アニメを見ているとこう言った考えが出てきたりする事がありますよね。

実際僕もアニメを見て原作が読みたくなったり、途中から見て最初から見たくなったパターンがありました。

個人的には上記の悩み解決の方法をもっと早く知れておけばよかったと思っています!

【超お得】ブリーチの原作マンガが全巻40%オフ!

実はブリーチの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばブリーチの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

◆原作マンガ全巻を40%オフで購入する方法

ブリーチの漫画を全巻安く買う方法!安い値段で買えるサービスを比較

【料金不要】ブリーチのアニメを無料で視聴できる!

アニメを見逃した場合にも実質無料で視聴できる方法もあります。

過去に放送された作品を見る事が可能!

こちらはアニメを見れるだけでなく、漫画も1冊分お得に読む事が出来ますよ。

★PICKUP