いじらないで長瀞さんがうざいし嫌い?怖いしいじめが苦手の声がある?

★PICKUP

イジらないで、長瀞さんは八王子直人が主人公で、とてもイジるのが好きな長瀞さんに目を付けられてしまう作品です。

「〇〇さん」シリーズではよくあるタイトルですが、後輩が先輩をイジるという姿が新鮮ですよね。

今回の記事では、いじらないで長瀞さんがうざいし嫌い?

怖いしいじめが苦手の声について解説していきます。

それではさっそくみていきましょう。

スポンサーリンク



いじらないで長瀞さんがうざいし嫌い?

ヒロインは長瀞さんという女の子で、下の名前は早瀬という可愛らしい後輩です。

主人公である直人の事を「先輩」と呼んでいますが、イジる事で満足した笑顔を浮かべていますよね。

ピクシブからアニメ化まで至った「イジらないで、長瀞さん」ですが、実はマイナスポイントもあげられてるんです。

まずは、イジらないで、長瀞さんがうざいし嫌いと言われる理由を解説します。

ヒロインのニヤニヤした顔が嫌い

長瀞さんはイジる事に恍惚とした表情を浮かべます。

ニヤニヤした顔と言っても口は大きく開き、明らかに笑っているような顔なんです。

「長瀞さんのニヤニヤ顔が苦手」という声がとても大きいんですよね。

イジらないで、長瀞さんでは「長瀞さんが、主人公をイジらないと物語がスタートしない」です。

長瀞さんがイジらないと面白くならないとも言える作品でしょう。

しかし、女の子らしくないニヤニヤ顔が苦手という声が意外にも多いです。

また、「最初は長瀞さんのニヤニヤ顔が苦手だったけど、好きになった」という声もあり、続編を読んでいく内に好きになった読者は多いようですね。

上から目線の態度がうざい

長瀞さんは高校1年生で、主人公は高校2年生です。

長瀞さんは上から目線が基本で、先輩である主人公の直人に対しても偉そうな事がうざいと言われています。

負けず嫌いで、長瀞さんが柔道を習っていた事も要因の1つでしょう。

直人がイジられて困らないととても嫌そうな態度をとります。

長瀞さんが上から目線で、「後輩だけど可愛い」という声もありました。

賛否両論ありますが、新しい属性だと筆者は感じます。

新しい属性に好き嫌いの論争はつきものですよね。

ヒロインの性格が悪くてイライラする

長瀞さんは基本的に性格が悪いです。

素直じゃなく、本当は直人に感謝していても悶えている姿が「イライラする」という声もあります。

また、長瀞さんは直人の事が本当は恋愛感情をもって好きです。

他のキャラクターが直人に近づくと容赦なくイジる姿は少し怖いですよね。

ヒロインらしくない性格ですが、人間味があるとも言えるんじゃないでしょうか。

笑顔が気持ち悪い

長瀞さんは笑顔が気持ち悪いという声があります。

笑顔といっても長瀞さんが笑う時はほとんど直人をイジる時なので、イジって笑っている姿は気持ち悪いという事ですね。

確かに笑顔で人をイジる姿は可愛らしいとは言えないでしょう。

ただ、笑顔が気持ち悪い、極端にニヤついているのは直人に対しての愛情の裏返しです。

作画に関しても「あまり好きではない」という声が多かったですね。

笑顔自体が気持ち悪いというのはとても難しい問題ですが、漫画、アニメだと描き方が違うのではないかと感じます。

長瀞さんが怖いしいじめが苦手の声がある?

スポンサーリンク



イジらないで、長瀞さんは主人公の直人を長瀞さんがイジって成立する日常的作品です。

高校生活をダラダラと過ごしながら長瀞さんが突然直人のもとに襲来してくる形は新しいですよね。

いわゆる「日常系」で、あらすじがほとんどないイジらないで、長瀞さんですが、「イジる」という言葉がマイナスという声があります。

長瀞さんは実は怖く、いじめではないかという意見について解説しましょう。

いじるよりもイジメている様に見える

長瀞さんはイジるというよりもイジメの様な仕打ちをします。

長瀞さんは「~っすね」という口調もあり、可愛げが感じられないというのもポイントでしょう。

長瀞さんは基本的に交友関係も広く、活発な女の子です。

一方主人公の直人は天然パーマが特徴でとても大人しい先輩ですね。

活発な女子が男子をイジメるというシーンは現実で多く見ます。

「イジる」という行為自体も行き過ぎた行為だと長瀞さんが認めているのもマイナスでしょう。

2次元だから許されるという声も多いです。

いじっているシーンが不快で苦手

長瀞さんのいじっているシーンは基本的に不快な事が多いです。

例えば、直人が優しくあしらった際には「イケメンにしか許されない事出来るわけないじゃないですか」と笑います。

心をえぐるような言葉を使うため、苦手という声が多いです。

「先輩はかわいそう」、「キモイ」というストレートな言葉が多いのもマイナスポイントでしょう。

キモイ、うざいという言葉は使われた人間はとても傷つきますよね。

しかし、「長瀞さんは怖くない」というサイトも立ち上げられているくらい長瀞さん擁護の走りもあるため、駆け足で長瀞さんシリーズは好評になっているのではないでしょうか。

いじりが愛情も感じられず怖い

長瀞さんのイジりは愛情を感じられないくらい非道なものが多く、怖いです。

直人が絵を描く事に悩んでいた時、長瀞さんは「ご褒美をあげる」「付き合ってください」と言います。

直人はもしかしたら長瀞さんと付き合えるかもしれないと努力しました。

しかし、長瀞さんの答えは「先輩が女子から告白されるなんてありえない」です。

流石に厳しいなと筆者は感じました。

愛情表現を上手く出来ない女の子はいますが、あまりにもモラルに反していると賛同できなくなってしまいます。

年下のドS女子が怖い

長瀞さんは高校1年生で、主人公の直人は高校2年生です。

直人は周りを気にせず生きていきたいタイプでしたが、長瀞さんに「先輩」と呼ばれた事でイジりが始まります。

長瀞さんはそもそも「年下のドSという設定が怖い」という意見が多いです。

長瀞さんは実際に「先輩」という言葉とセットでイジる言葉を用意しているため、うまく年下、後輩である事を利用しています。

「年下だけど、イキがっちゃって可愛い」という思考に出来そうですよね。

しかし、褐色で「~っす」というあまり女子らしくない口調であるため、マイナスポイントが大きいようです。

まとめ

・イジらないで、長瀞さんは長瀞さんがイジる度ニヤニヤしているのが気持ち悪い

・長瀞さんのニヤニヤ顔が大きく口を開けているため、意地が悪いと感じる

・主人公の直人だけではなく、周囲をコントロールしようとする性格の悪さが嫌い

・直人が先輩なのに、長瀞さんは上から目線でイライラする

・イジるよりも、「キモイ」「うざい」と長瀞さんは主人公をいじめているように見える

・いじっているシーンでは告白するフリをして「告白されるわけがない」と言って笑ったり、愛情を感じられなくて苦手

・長瀞さんは年下のドS女子という設定だが、「~っす」という現実味のある口調であまり好きになれない

・イジらないで、長瀞さんは「最初は苦手だったが、今は好き」という声もある、気になる作品の1つであるという事!

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【超お得!】いじらないで長瀞さんの原作マンガが全巻40%オフ!

実はいじらないで長瀞さんの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばいじらないで長瀞さんの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更にいじらないで長瀞さんの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

ただしキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めにチェックしておくことをオススメします。