【回復術士のやり直し】セツナの能力やスキルは?強さについても!




Pocket
LINEで送る

回復術士のやり直しに登場する氷狼族のセツナ。

ケヤルのパーティのメンバーとして活動している一員になります。

彼女にはなかなかの戦闘力がありますが、どういう能力やスキルを使えるのか整理しておきたいところ

こちらの記事では回復術士のやり直しのセツナの能力やスキル、更に強さについても深掘り&考察をしていきます!

それではさっそく見ていきましょう。

※一部ネタバレ要素がありますのでご注意下さい。

スポンサーリンク



【回復術士のやり直し】セツナの能力やスキル

セツナは奴隷としてラナリッタで売られていたところをケヤルに買い取られましたね。

その後、ケヤル一行のパーティで欠かせないポジションとなっています。

亜人という事もありとても強そうですよね。

彼女のスキルや能力について見ていきましょう!

ステータス
種族 氷狼
名前 セツナ
クラス 氷狼戦士
レベル 7
MP 27
物理攻撃 20
物理防御 15
魔力攻撃 20
魔力抵抗 15
速度 21
レベル上限 7

素質値
MP 76
物理攻撃 105
物理防御 71
魔力攻撃 106
魔力抵抗 71
速度 108
合計素質値 537

技能
精霊魔術(氷) レベル2
狼人格闘術 レベル2

スキル
氷精霊の眷属レベル2 氷精霊の加護を得る

①MPの自動回復率向上

②精霊魔術(氷)の精度

③威力向上

氷狼王の血統レベル2 ①身体能力の向上

②狼人格闘術の威力向上

③両腕の爪に氷のオーラを魔王ことが出来る

氷狼族という事もあり氷系のスキルが多いですね!

並みの人間だと各素質値は60の合計も300半ば。

セツナの素質値の合計は術の勇者であるフレアに迫る勢い。

レベル上限がなければかなり強くなりそうですね!

セツナの強さについて考察!

スポンサーリンク



セツナの素質値の合計は勇者に迫る勢いでレベル上限がなければかなり強くなりそうだという事が分かりました。

では、彼女の強さはどうなっているのでしょうか。

こちらについても見ていきましょう!

氷の爪で戦う

戦闘時には巨大な氷で形成された爪を両手に纏い戦います。

大勢のジオラル兵を相手に圧倒。

接近戦が得意という感じがしますね!

また、フレアに稽古をつけるほどセツナは戦闘力が高い。

後ほど詳しく紹介させて頂きますが、セツナのレベル上限が上がった事でステータスも上がった様に感じます。

戦闘力が高い

セツナは希少な氷狼族という事もあり、かなり戦闘力が高いです。

更に亜人という事もあり素質値の合計はかなりのもの。

フレアが王女だった時の近衛騎士隊副隊長バーコの攻撃を受け止めるほど。

更に弱い魔物と戦ったときには『もっと強い魔物と戦いたい』というほどの戦闘狂でもあります。

ケヤル達と出会う前はレベルの制限がありましたが、彼のスキルにより上限がどんどん上がっていますよね。

戦闘狂という事もあるのでセツナは戦えば戦うほど強くなるのではないでしょうか。

セツナの正体・何者なのか紹介!

セツナの戦闘の強さについて解説・考察をしました。

続いて彼女は何者なのか人物像を見ていきましょう!

レベル上限が低かった

セツナは氷狼族最強の家の生まれ。

素質値も同年代よりも高く、ユニークスキルの発現、更に天性の戦闘センスもありました。

しかし、レベル上限が7ととても低い。

その為、いくら努力してもレベルが上がる事がなく同年代に抜かされてしまいました。

これって実際にあったらかなりキツイですよね。

どれだけ努力しても成長しないとなるとやる気も無くなってしまいますよね。

レベル上限の制限はケヤルのスキルである〝レベル上限突破〟で解決。

ケヤルとの出会いがセツナの人生を変えたといっても過言ではありませんね!

クレハと恋のライバル?

剣聖クレハがケヤルとイチャイチャしている時にとても嫉妬していました。

出会った時はケヤルの事を警戒していましたが、復讐を手伝いパーティに加わった事で距離感がグッと近づいた感じがありますよね。

セツナを含めパーティのメンバーはケヤルの事が大好き。

なので全員が恋のライバルという印象もあります。

羨ましい限りですね(笑)

まとめ

・セツナは希少な氷狼族で戦闘力がとても高い

・レベル上限が低かったが、ケヤルと出会い彼のスキルで上限があがった

関連記事:【回復術士のやり直し】登場人物の強さランキング!最強の能力やスキルについても!

関連記事:【回復術士のやり直し】ブレット(砲の勇者)の能力やスキルは?強さについても!

関連記事:【回復術士のやり直し】ブレイド(剣の勇者)の能力やスキルは?強さについても!

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!