ビフ・タネンの車種・車名は何?フォードのスーパーデラックスについて!




1985年にアメリカで公開され大ヒットした名作映画のバックトゥザフューチャー。

作中では主人公の前に立ちはだかる悪役であるビフ・タネンはカッコいい車に乗っていますよね。

男なら一度は乗ってみたいと思うほど魅力的な車。

今回はビフの愛車であるフォードのスーパーデラックスについて深掘りをしていきたいと思います!

それでは、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク



【バックトゥザフューチャー】ビフ・タネンの車種・車名はフォードのスーパーデラックス!

ビフ・タネンの愛車である黒いオープンカー。

彼が乗るには凄く似合っていますよね!

ビフ・タネンの愛車の車名は1946年式フォードスーパーデラックス スポーツマン・コンバーチブルになります。

1941年~1948年まで続いたフォード車のシリーズにおけるグレードの一つですね。

ビフ・タネンが乗っていたのは1955年になるので約10年の型落ち。

新車ではなく中古だと思います!

グレードは2種類ある

1946年式のフォードにはデラックスとスーパーデラックスがあります。

デラックスの上位グレードでV8エンジンを搭載したものがスーパーデラックスになります。

このスーパーデラックスをビフ・タネンは乗っていたのですね!

キャラクター的にもデラックスよりもスーパーデラックスの方があっている印象があります^^

価格は1,000万円以上!

フォードスーパーデラックスは凄く魅力的なクラシックカー。

一体価格はどれくらいなのでしょうか。

当時1946年式の、2,282ドルで価格設定がされていました。

1946年時の1ドル15円。

日本円にすると34,230円

現在の日本円にすると約13,000,000~17,000,000円!

高級車だったのですね。

作中ではあまりお金も持っている印象はありません。

もしかしたら親の車だったという事があったのかもしれませんね。

ビフ・タネンの愛車はデラックソと呼ばれている?

スポンサーリンク



ビフ・タネンはパート1、パート2で肥やしまみれになっています。

パート3ではビフの先祖であるビュフォード・タネンも同じく肥やしまみれに。

ビフ・タネンは愛車ごとジョーンズ肥料店の車に突っ込み肥やしまみれになっています。

この事でビフ・タネンのフォードデラックスはファンの間ではデラックソと言われているそうですよ。

上手いですね~(笑)

タネン家は先祖代々肥やしと縁があるという事が分かります。

畑等をやっていて縁があるのはまだ良いですが、肥やしまみれになるのはやっぱり嫌ですね。

フォードのスーパーデラックスは輸入する事が可能

ビフ・タネンのフォードスーパーデラックスは70年以上前の車になります。

クラシックカーですね。

実はフォードスーパーデラックスは輸入して購入することが出来ます!

気になる値段は輸入車のサイトに記載されていたのは現地の販売価格で約40,000~30,000ドル。

分かり易く1ドル110円で計算すると440万円~330万円!

ここに色々と手数料等も掛かると思うので購入するとなると500万円するのではないでしょうか。

肥やしまみれのミニカーがある!

スポンサーリンク



ビフ・タネンの肥やしまみれになってしまったフォードスーパーデラックスですが、実はミニカーも販売されています!

ユニークですね^^

肥やしは取り外し可能なのでフォードスーパーデラックス単体にすることも可能。

個人的には肥やしもあった方が面白いと思います(笑)

まとめ

・ビフ・タネンの愛車は1946年式フォードスーパーデラックス スポーツマン・コンバーチブル

・ファンの間ではビフ・タネンの車はデラックソと言われている

・フォードスーパーデラックスは輸入して購入することが可能

・肥やしまみれになってしまったミニカーが販売している

関連記事:バックトゥザフューチャーはネットフリックスで見れない!abemaやFODでは視聴できる?

関連記事:バックトゥザフューチャー3で落ちた機関車の撮影は本物でなくミニチュアの模型?モデルについても

関連記事:バックトゥザフューチャー3のクララ役が嫌い?女優をうざいと感じる理由

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!