【動画初投稿】1分でテンション上げる方法!

サイクロンジョーカーのモチーフは?能力や必殺技・かっこいいの声についても




国民的特撮テレビドラマ作品である仮面ライダー。

2009年に放映された仮面ライダーW。

仮面ライダーWの中でも通常フォームであるサイクロンジョーカーですがデザインや
戦闘シーンの多さから人気ですよね。

今、絶賛連載中の風都探偵でも活躍しています。

今回はそんなサイクロンジョーカーのモチーフや能力・必殺技・かっこいいとの声に
ついても説明していきます!

さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク



サイクロンジョーカーは仮面ライダー新1号と仮面ライダーBLACKがモチーフ

サイクロンジョーカーのフォームは平成の主人公ライダーとしては初めてのマフラー
を身に着けているキャラクターです。

マフラーを着けているライダーといえば一号、BLOCKなどがあり、サイクロンジョーカー
がオマージュしていることが感じられますね。

また、サイクロンジョーカーのカラーは緑と黒でありますが、一号のカラーは緑、BLOCKの
カラーは黒と二人を合わせたカラーリングでますますモチーフにされていることが分かりますね。

他にも、一号のベルトは風車をモチーフとしていますが、Wでは「風都」や「サイクロンメモリ」などお互い「風」がコンセプトにあるという共通点も見られますね。

これら三つの要素から一号やBLACKがモチーフなのは間違いないようですね!

サイクロンジョーカーの能力やスペック・強さ

スポンサーリンク



サイクロンジョーカーは最もスピードに優れ、かつ最もバランスがとれているフォームな
ため基本的に戦闘の最初に変身するフォームです。

そんな基本フォームであるサイクロンジョーカーの能力・スペックを見ていきましょう!

サイクロンジョーカーのスペック

サイクロンジョーカーのスペック
身長 195cm
体重 85kg
パンチ力 2.5t
キック力 6t
ジャンプ力 60m
走力 100mを5.2秒

さすが仮面ライダーなだけあって通常フォームでも超人離れしている身体能力ですね。

キック力がパンチ力の2倍もあり、強い威力を誇りますね。

スピードとバランスが優れている

サイクロンジョーカーは素早い戦闘を得意とするフォームです。

旋風を纏った拳や蹴りを主体とした戦闘も行います。

これといった弱点もないことから一番バランスの良いフォームと言えますね!

純粋な近接格闘だけで戦っているところがかっこいいですよね!

メモリの相性が良い

サイクロンジョーカーに使用される二つのメモリはそれぞれ翔太郎とフィリップの所持する
メモリの中でも適合率が高いメモリで組まれているフォームのため一番相性が良いフォームです。

だからこその一番使用されるフォームなのかもしれませんね!

戦闘は蹴りが主体

サイクロンジョーカーは素手による格闘も行いますが、後述される必殺技でも使われる通りキックを主体とします。

スペックでもわかりますがキック力のほうが高いですね。

やはり、一号などをモチーフにしているためキックを売りにしているのかもしれませんね!

サイクロンジョーカーの必殺技マキシマムドライブ

仮面ライダーWの必殺技の呼称でもあるマキシマムドライブ

形態にとってマキシマムドライブの効果は違いますが、サイクロンジョーカーのマキシマムドライブは主に3つあります。

それでは、そんなサイクロンジョーカーのマキシマムドライブを紹介していきます!

ジョーカーエクストリーム

サイクロンジョーカーの必殺技であり、仮面ライダーWに濃い印象をつけた技です。

風の力で宙に舞い上がって、身体を正中で分離させ両半身でライダーキックを放ちます。

本編で一番最初にしようされたマキシマムドライブであり、体が半分に分かれるという衝撃的なインパクトを持つ必殺技でもあります。

これは誰もが最初に見たら驚きますよね!

サイクロンエクストリーム

「MOVIE大戦アルティメイタム」という劇場版作品で使用されたマキシマムドライブです。

サイクロンメモリのマキシマムドライブを使用し、風を纏って体を回転させながら連続蹴りを放ちます。

連続蹴りという技がかっこいいだけにもっと登場してほしかったマキシマムドライブですね。

ヘブンズトルネード

ダンスチームを組んでいた星野千鶴と稲本弾吾のダンス技です。

戦闘に加わった弾吾がWを逆さに持ち上げて回転し、旋風を纏ったウィンディスタビライザーで敵を殴打する技です。

この技には弾吾の存在が必須なので残念ながら第8話以外では登場していないです。

ダンスを利用するというとても面白い技なのにもったいないですね。

サイクロンジョーカーがかっこいい!

スポンサーリンク



サイクロンジョーカーといえば強さもさることながらかっこいいことでも人気のフォームです。

ここからは、サイクロンジョーカーのカッコよさ・魅力について説明していきます!

デザインがカッコいい

今までのライダーのイメージカラーが基本的に単色だったのに対して、Wは二色がイメージカラーでありながらとても人気なデザインですよね。

顔の造形も平成ライダーでありながらどこか昭和ライダーの顔を思わせるような感じです。

額にWの文字があるのもまたかっこいいですね。

マフラーが似合う

仮面ライダーWのコンセプトとして風都、サイクロンメモリなど風がよく使われます。

そのため、Wのマフラーはたびたび風になびいてとても様になっていますよね!

このマフラーがあるからこそWは平成ライダーの中でも渋い感じを出していますね!

サイクロンジョーカーがかっこいいという声

放送当時の人気もとても高いですが現在風都探偵が連載されていることにより最近でも高い人気を誇っています!

また、他のフォームに比べてかっこいい、好きといった声が圧倒的に多かったです。

まとめ

・サイクロンジョーカーは一号とBLACKをモチーフとされたフォーム

・素早い格闘と蹴りが自慢であり、最もバランスが良い

・体が半分に分かれる衝撃的なマキシマムドライブ

・風都探偵が連載されているためこれからも活躍するであろうフォーム

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【ミカタ生インタビュー⑦】中学受験において番狂わせは茶飯事!?「覚悟」と「強い信念」を貫き通し、絶望の淵から這い上がったミカタ生を直撃
【トラウマ注意】猛スピード【 怖さ★★★★ 】
マーベリック スクリプトタグ

マーベリック 広告タグ
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする