【動画初投稿】1分でテンション上げる方法!

【風都探偵】サイクロンメタルは強い!能力やスペック・必殺技についても




「風都探偵」は仮面ライダーWの正統続編で、現在週刊ビッグコミックスピリッツで連載中です。

2022年8月から動画配信サービス「U-NEXT」でアニメ配信が決定しています。

仮面ライダーWには様々な強化フォームがあります。

その中の1つ「サイクロンメタル」は緑とシルバーの姿をした、基本強化フォームになります。

今回は、仮面ライダーWの強化フォームの1つ「サイクロンメタル」に注目して、その強さを見ていきましょう!

また、その能力やスペック、必殺技についても確認していきましょう!

それでは最後までご覧ください!

スポンサーリンク



【風都探偵】サイクロンメタルは強いのか?

サイクロンメタルは素早さが特徴のサイクロンメモリと、力はあるが鈍足なメタルメモリという相反したメモリを装着する少し変わった強化フォームである。

使用武器はメタルメモリの専用武器であるメタルシャフトを使用する。

このフォームの一番の特徴は防御力と仮面ライダーWのサポートツールである、メモリガジェットを唯一複数使用して別々に組み合わせる事ができることです。

メモリガジェットのバットショット、スパイダーショック、スタッグフォンをメタルシャフトに合体させることができます。

  • バットショット:ソニックシャフトとなり、超音波を発生させ遠くの敵を攻撃できる様になる
  • スパイダーショック:先端から白いワイヤーを放ち、相手の能力や行動を封じることが可能になる。
  • スタッグフォン:スタッグシャフトとなりマキシマムドライブが強化される。

サイクロンメタルの使用箇所はほとんどが防御目的で、相手の攻撃を防いだらヒートメタルにフォームチェンジするという戦い方が多いです。

サイクロンメタルは弱くはないが、チャンス作りに徹底する縁の下の力持ちタイプのフォームといったところでしょうか!

【風都探偵】サイクロンメタルの能力やスペック・強さ

スポンサーリンク



サイクロンメモリとメタルメモリというお互いの長所と短所を打ち消した独特なフォーム。

そんなサイクロンメタルの能力やスペックを見ていき、実際の強さについて確認していきましょう!

基本9形態の中で最も防御力に優れている

サイクロンメタルの1番の特徴は防御力である。

メタルシャフトを用いて、サイクロンメモリ特有の風の力を使用。

暴風を纏わせた棒術で相手の飛び道具や攻撃を防ぐという使い方をしている。

防御特化と言われると地味なイメージが先行しますが、それを跳ね除ける程面白みのあるフォームの1つですね!

基本9形態の中で唯一幹部クラスのドーパントをメモリブレイクしてる

防御特化のサイクロンメタルですが、実は幹部クラス1体のメモリブレイクをしている。

相手は、上級ドーパントのスミロドン・ドーパントである。

スミロドン・ドーパントは、仮面ライダーWとアクセルを終盤まで圧倒していた強敵。

しかし、フィリップの頭脳プレーを絡めてメモリブレイクさせたという、基本フォームで唯一の功績を持っている。

いろいろな噛み合わせがあったとはいえ、終盤まで手を焼いていた強敵を倒したという事実は驚きですよね(笑)

サイクロンメタルのスペック

サイクロンメタルのスペック
身長 195cm
体重 100kg
パンチ力 3.5t
キック力 7t
ジャンプ力 37m
走力 100mを9.5秒

メタルメモリの影響で、サイクロンメモリの素早さや身軽さが無くなっています。

メタルメモリのスペックを少し多く引き継いでいる様に見てとれます。

完全に防御に徹する使い方で、変身時間も長くなく、攻撃や移動は基本別フォームに依存する形なので、最低限戦えるレベルといった所ですね!

【風都探偵】サイクロンメタルの必殺技マキシマムドライブ

サイクロンメタルには2つのマキシマムドライブを使用できます。

◆メタルツイスター

メタルメモリ専用武器のメタルシャフトをサイクロン側で持ち、発生する暴風と共に回転しながら相手を連続で叩く

◆メタルスタッグブレイカー

スタッグシャフトの時に使用できるマキシマムドライブ。

スタッグシャフト状態では、風が巨大な鉤爪状とになる。

この状態でマキシマムドライブを使用する事により、相手を挟み潰す攻撃である。

スミロドン・ドーパントのメモリブレイクした時に使用した技である。

マキシマムドライブは、風の力を上手くメタルシャフトに取り入れられていてマッチしていますね!

風都探偵でサイクロンメタルの登場は何巻?

スポンサーリンク



仮面ライダーWでは防御面で活躍したサイクロンメタルです。

そんなサイクロンメタルですが、「風都探偵」では2巻から登場しています。

その後は、12巻とあまり出番の少ない様子です・・・

タイプとしては面白いフォームではあると思いますが、やはり使い勝手が悪いのかまだ登場数は少ないので、今後の活躍に期待したいですね!

まとめ

・メインを張れるフォームでは無いが、縁の下の力タイプでチャンス作りが可能

・防御面に特化したタイプで、少し能力としては地味だが、最大の功績を得ている

・風の力を最大限に活かした必殺技を使用することができる

・風都探偵では登場回数がが少ないが、今後の活躍に期待

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【ミカタ生インタビュー⑦】中学受験において番狂わせは茶飯事!?「覚悟」と「強い信念」を貫き通し、絶望の淵から這い上がったミカタ生を直撃
【トラウマ注意】猛スピード【 怖さ★★★★ 】
マーベリック スクリプトタグ

マーベリック 広告タグ
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする