【動画初投稿】1分でテンション上げる方法!

【風都探偵】ときめの正体は何者?エターナルやジョーカー・かわいいの声についても




現在スピリッツで連載中の漫画「風都探偵」。

「仮面ライダーW」の続編として、人気を博しています。

本作でヒロイン的な役割を果たしているのが、謎の美女「ときめ」。

かわいいという声も多い人気のキャラクターですが、隠されていた設定も多数明らかになってきました。

この記事では、ときめの正体やエターナル、ジョーカーについてもまとめています!

ぜひ最後までご覧ください!!

スポンサーリンク



【風都探偵】ときめの正体・何者なのか?

風都探偵の第1話で登場したときめ。

物を浮かせる謎の力を使って、男性からは金を奪い、女性からは服を奪う追剥のようなことをしていました。

彼女を追いかけると異次元のような場所に誘い込まれたうえ、丁字路で姿を見失ってしまうことから、付いた呼び名は「T字路の魔女」。

ときめにかばんを奪われた男性の相談を受けて、翔太郎は彼女の行方を追うことになります。

彼女はいったい、何者なのでしょうか?

ときめはロード・ドーパントではない

調査を進めると、ときめが追剥を行う際に使っていた異次元空間を創り出していたのは、ロード・ドーパントだったことが判明します。

ロード・ドーパントの正体はときめなのかと思いきや、ときめのガイアメモリは破損していたことが判明。

ロード・ドーパントの正体はときめではありませんでした。

ときめはT2メモリプロトタイプの実験体?

ときめは記憶喪失になっており、未だにその過去は謎に包まれています。

ときめの正体として有力視されているのは、「T2プロトタイプの実験体」であるということ。

T2メモリは、財団Xが開発した次世代型のガイアメモリでした。

その大きな特徴は、生体コネクタなしでドーパント化が可能であるという点。

そして、相性のいい人間はメモリと引き合うという性質もあります。

ときめが所持しているジョーカーメモリをと引き合うような描写があることと、ときめの体に生体コネクタがないことから、彼女はT2プロトタイプの実験体だったのではないか?と言われているんです。

そして実験から逃れることはできたものの、何らかの妨害を受けて記憶を失った…

個人的にはかなり説得力のある説だと思っています。

ときめはジョーカードーパントになる予定だった?

作中で、ときめが持っている壊れたメモリは、ジョーカーのメモリであることが明らかになります。

しかし、メモリを修理してもときめにスロットが出現しなかったことから、彼女はドーパントではないということになりました。

しかし、彼女の持つ異常な身体能力や、スロットを使わなくてもドーパント化する方法が登場していることを考えると、彼女がジョーカードーパントとなる予定だったという可能性も考えられます。

これまでの描写から見て、少なくとも一般人とは思えないですよね。

左翔太郎の弟子

ロード・ドーパントが倒された後に、ときめは追剥の罪を問われて警察に連行されてしまいます。

しかし、記憶喪失であるということと、メモリが不明であるという事情から解放され、鳴海探偵事務所で働くこととなりました。

現在は翔太郎の「探偵助手」となり、探偵の業務にあたっています。

【風都探偵】ときめは噴水を風呂代わりに使っている

第1話で、翔太郎がときめを発見したのは早朝の公園。

ときめは、探偵事務所に来る前は家を持たず、いわゆるホームレスのような暮らしをしていました。

風呂を使うこともできないため、体を洗うために噴水を使っていたのです。

噴水の水って循環させて使っていることが多いので、かなり汚いですけどね。

レジオネラなどの怖い細菌も潜んでいるので、良い子は真似しないようにしましょう。

【風都探偵】ときめは仮面ライダーWと仮面ライダーエターナルの戦いを知っていた!

スポンサーリンク



映画「仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」では、仮面ライダーWと仮面ライダーエターナルの戦いが描かれました。

こちらの内容はT2ガイアメモリを空輸する財団Xのヘリコプターが、世界各地でその名を馳せる不死身の傭兵集団NEVER(ネバー)による強襲の末に自爆し、風都全土に「E」以外の25個のT2メモリが飛散して市民が次々とドーパントに変身していく事件が発生するというもの。

NEVERの隊長は大道克己の正体は仮面ライダーエターナル。

風都史上最悪の犯罪者といわれるほど危険な人物となっています。

最終的には風都タワー頂上で仮面ライダーWを迎え撃つも、住民たちの声援と風都中の風を受けてパワーアップしたサイクロンジョーカーゴールドエクストリームに敗北という流れ。

ときめには、この戦いを見ていた記憶があるようです。

しかし、どのような事情で見ていたのかなど、詳しい事情は明かされていません。

仮面ライダーWを応援していた住民たちの中にときめがいた可能性が高そうですね。

ときめにはまだまだ、隠された設定がありそうです。

【風都探偵】ときめがかわいい・嫌いだという意見!

本作で、翔太郎のメインヒロインとして登場したときめ。

スタイルの良さや身体能力、さらには整った容姿を兼ね備えており、とても魅力的なキャラクターです。

ときめがかわいいという意見や、嫌いという声についてまとめてみました。

ときめがかわいい理由

ときめはかなりの美人という設定です。

翔太郎も、ときめの第一印象を「好みのどストライク」と語っていましたし、「映画の中に出てくるような美人」という記述もありました。

さらに、風都探偵は青年誌に連載されているため、下着姿やシャワー(噴水)シーンなど、セクシーな描写も多くなっています。

探偵事務所に通いだしてからは、「T字路の魔女」だった時代のぶっきらぼうな感じは薄まり、感情をあらわにすることも増えてきました。

これらのことから、ときめがかわいい!という声はネット上でも多数聞かれます。

最近はセクシー系のヒロインが減っているので、その意味でもときめはかなり貴重ですね。

ときめが嫌いな理由

実は、ときめが嫌いという声もネット上では散見されます。

ときめには一見、そこまで嫌われるような要素は見当たらないので不思議ですよね。

ときめは現在、翔太郎の探偵助手を務めており、ペアで行動することも多くなっています。

しかし、これまで翔太郎の相棒を務めてきたのは何といってもフィリップ。

「ときめがフィリップの立ち位置を奪っている!」として、ときめを嫌っている人もいるようです。

原作になかった恋愛模様に違和感を抱く気持ち、確かにちょっと分かります。

まとめ

・ときめはロード・ドーパントではない

・ときめはT2メモリプロトタイプの実験体だった可能性がある

・ときめは現在翔太郎の探偵助手として活動している

・ときめは仮面ライダーWと仮面ライダーエターナルの戦いを見ていた

・ときめはジョーカードーパントになる予定だったかもしれない

・ときめは噴水で体を洗っていた

記事は以上になります。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!

【ミカタ生インタビュー⑦】中学受験において番狂わせは茶飯事!?「覚悟」と「強い信念」を貫き通し、絶望の淵から這い上がったミカタ生を直撃
【トラウマ注意】猛スピード【 怖さ★★★★ 】
マーベリック スクリプトタグ

マーベリック 広告タグ
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする