チェンソーマン/マキマの神社で押し潰し・潰す能力は何?遠隔の圧死を解説




2022年10月からアニメ放送が決まり話題になっている「チェンソーマン」。

作中に登場するマキマは公安退魔4課のリーダーですが謎の多い人物です。

周囲には好かれる、恐れられる、敬われる、嫌われるなど印象は様々で、岸辺に至ってはそんなマキマの目的・正体についての情報を持っていて強く警戒しています。

今回は「チェンソーマン/マキマの神社で押し潰し・押し潰す能力は何?遠隔の圧死を解説」というタイトルで書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

★PICKUP

スポンサーリンク



チェンソーマン/マキマさんで押し潰し・押し潰す能力は何?

マキマさんはコミック4巻で狙った人物を押し潰すというシーンがありました。

人を押し潰すというあり得ない能力を使うことで、ますますマキマの残忍さが浮き彫りになったように思います。

そこでマキマさんで押し潰し・押し潰す能力を調べてみました。

名前を言わせる儀式で呪殺ターゲットを呪殺した

マキマさんは名前を言わせる儀式で呪殺ターゲットを呪殺しています。

マキマさんが選んだ人に他者の名前を言わせて圧死させました。

作中ではデンジを追うヤクザを排除するために犯罪者を用意させ、ヤクザの名前を言わせた途端「パン!」という音と共にヤクザは圧死しました。

マキマさんは距離があっても遠隔操作で人を攻撃できるという事が判明した瞬間でした。

殺害対象の真名でターゲットを固定し発動させた?

マキマさんは命を代価に変えて殺害対象の真名でターゲットを固定し発動させたのでしょうか。

京都にいながら東京にいる約30人のヤクザを一瞬にして圧し潰すというとんでもない能力で、恐ろしいのは何も分からないまま潰されるのではなく異変を感じた後で潰されているという事です。

マキマは能力を発動する際に死刑囚を使う事、狙う相手の本当の名前が必要だと語っています。

この事から発動条件として”死刑囚を代価にして殺害対象の真名でターゲットを固定する”という可能性が出てきました。

支配の悪魔の能力で身体を支配して押し潰した?

マキマさんの支配の悪魔の能力で身体を支配して押し潰したとも言われています。

マキマが身体を支配し「潰される」と相手に思わせた為、押し潰されたという可能性です。

相手を直接攻撃せずに倒せる、遠隔操作が可能というのはすごいと思います。

これが事実なら支配の悪魔の能力の恐ろしさがさらに浮き彫りになった事になりますね。

神社と高い場所を指定した為制限がある?

マキマさんが神社と高い場所を指定した為制限があったのでしょうか。

マキマは京都のデビルハンターに「なるべく標高の高い神社を貸し切るよう指示を出しており、圧死したヤクザたちが頭を抱えているので上から何かしらの力が働いたと考えられます。

その点からマキマが高い場所を選んだのは”気圧”を使ったのでは、と言う考察があるのですが作中では解説されていません。

ただ高い場所という事は頭上に何かを落として押し潰した、と考えるのが有力のようです。

支配する=相手より上の立場にいる必要がある=高い場所という可能性もありますね。

マキマさんの遠隔の圧死

スポンサーリンク



マキマさんの遠隔の圧死は「手を擦り合わせている」ように見えます。

この手の動きが圧死に繋がっている可能性ないでしょうか。

人の手で直接押し潰すのは到底不可能ですが、呪殺的な方法で”マキマなら可能”なのかもしれません。

犯人たちの名前を盗聴能力で知っていたほどの能力があるので、遠隔操作もそう難しい事ではなさそうです。

圧殺は支配の悪魔の能力ではない説

マキマの圧殺の力は支配の悪魔の能力ではない説もあります。

マキマは他の契約者の悪魔を使役する事が可能というチートな点があり、それは支配の悪魔の能力のおかげです。

支配の悪魔の能力は直接攻撃する能力ではないので、攻撃系の悪魔の能力を支配した可能性があるとも考えられるのではないでしょうか。

押し潰す能力は罰の悪魔の可能性がある

マキマさんの押し潰す能力は罰の悪魔の可能性があります。

マキマの側には罰の悪魔と契約している天堂、黒瀬がいました。

目隠しされていたという事はマキマの能力を知る立場にない=マキマより格下、となるので罰の悪魔の力を支配し、死刑囚の命を使って押し潰したという考察がありました。

他の悪魔の力も支配して使えるとしたらマキマは向かうところ敵なし状態ですよね。

遠隔の押し潰しは神社でしか発動出来ない?

マキマの遠隔の押し潰しは神社でしか発動できないのか調べてみました。

悪魔の力の発動条件に場所は関係ないと思われるので、「罰の悪魔」を使う=「死刑囚を使う」=「天罰を下す」といった意味を表したかったのではないかと言われています。

「天罰」も人間からしたら十分恐怖の対象になるので、神社を使ってそういった演出をしたのではないでしょうか。

まとめ

・マキマさんは名前を言わせる儀式で呪殺ターゲットを呪殺している。

・命を代価に変えて殺害対象の真名でターゲットを固定し発動させた可能性がある。

・支配の悪魔の能力で身体を支配して押し潰した可能性もある。

・神社と高い場所を指定した為制限があった説がある。

・圧殺の力は支配の悪魔の能力ではない説もある。

・押し潰す能力は罰の悪魔の可能性がある。

・遠隔の押し潰しは神社でしか発動できない可能性がある。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【超お得】チェンソーマンの原作マンガが全巻40%オフ!

スポンサーリンク



実はチェンソーマンの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばチェンソーマンの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

更にチェンソーマンの漫画を含め、100冊まで40%オフで購入する事が出来ますよ。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

★PICKUP