【君の膵臓を食べたい】桜良の病気名は何?病名は膵臓がんor1型糖尿病?




〝君の膵臓をたべたい〟で山内桜良はタイトルから分かる通り、膵臓の病気でしたね。

作中では病気名については一切語られていません。

一体何の病気だったのか気になるところ。

また、この病名については膵臓がんや1型糖尿病なのではないかという情報がありました。

こちらの記事では〝君の膵臓をたべたい〟の病気名は何なのか、更に膵臓がんや1型糖尿病なのではないかという事についても深掘りをしていきます!

それではさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク



【君の膵臓を食べたい】桜良の病気名は何?

ストーリーの軸となる山内桜良の膵臓の病気。

こちらについては何の病気なのかという事について作中では語られる事はありませんでした。

まず、山内桜良の病状は下記になります。

・13~15歳時にある膵疾患を指摘された

・「余命数年」とかかりつけ医より説明を受け通院中

・医学が発達する前は不治の病だった

・症状の訴えは特にない

・注射器、錠剤、検査機器等を持ち歩いている

等の状態でしたね。

上記の情報を元に調査しました。

1型糖尿病説

1型糖尿病の特徴と似ているという情報がありました。

ほとんどの1型糖尿病患者さんは発症と同時にインスリン注射による治療を開始しているそうですよ。

注射器や錠剤を持ち歩いてるという点から見ると似ている感じがしますね。

しかし、山内桜良は志賀春樹とスイパラへケーキバイキングに行っていました。

ケーキバイキングは糖尿病が悪化するだけでなく、お腹の痛みも悪化するそうですよ。

スイパラのシーンではそういった描写はありませんでしたね。

また、現代において余命宣告される病気ではないという事も分かりました。

スイパラで症状が出ていない、余命宣告をされる病気ではないという2点から1型糖尿病の可能性は低そうですね。

膵臓癌説

膵臓の病気で余命宣告をされているとなると癌である可能性がありそうですよね。

直感的にもこちらは直ぐに想像出来そう。

〝13~15歳時にある膵疾患を指摘された〟という点から見ると5年生存率は10-30%くらいというのは辻褄が合いそうですね。

しかし、初期には症状が出ないことも多いと思いますが、診断から数年経って何も自覚症状がないというのもちょっと引っかかります。

なのでこちらも1型糖尿病と同様に可能性は低いのではないでしょうか。

架空の病気説

1型糖尿病と膵臓癌の可能性は低いという事が分かりました。

しかし、Twitterに情報がありましたよ!

原作の作者である住野よるさん曰く〝架空の病気〟と2017年頃にTwitterでツイートをされていたそうですよ。

こちらのツイートは現在削除されています。

この事から山内桜良の病気は〝架空の病気〟という事が分かりますね!

病名をはっきり書いてしまったら〝君の膵臓を食べたい〟の世界観が崩れてしまいそうですよね。

また、『この病気にこんな症状はない!』等と医療関係者からの指摘がありそう。

この事から架空の病気にしたのではないかと思われます。

臓器移植は出来なかったのか

スポンサーリンク



内臓が悪かったら臓器移植等が出来そうですよね。

では、なぜ臓器移植はしなかったのでしょうか。

まず、膵臓移植は日本でもドナー不足が深刻となっています。

ドナーの数が少ないという事になりますね。

また、膵臓を全て手術で摘出したとしても、インスリンを注射して消化酵素をきちんと服用すれば生きていけるという情報がありました。

しかし、〝君の膵臓を食べたい〟は余命が決まっているからこそストーリーが成り立っていると思います。

でなければ、山内桜良が『死ぬまでにやりたい事リスト』を作って志賀春樹と九州へ旅行へ行くというシーンも無くなりますよね。

なので物語の構成上、臓器移植や手術で摘出するという選択をしなかったのではないかと思います。

山内桜良の余命はどのくらいだったのか

山内桜良は膵臓の架空の病気でしたね。

では、余命はどのくらいだったのでしょうか。

山内桜良が志賀春樹と出会った時には余命1年になっていたそうですよ。

なのでこの時にふたりが図書館で出会ってから1年という事になりますね。

まとめ

・山内桜良の病気は架空の病気

・物語の構成状、臓器移植や手術で摘出するという選択をしなかったのではないかと考察

関連記事:【君の膵臓を食べたい】春樹のその後は?結婚や恭子との関係についても!

関連記事:【君の膵臓をたべたい】ラーメン屋の屋台はどこ?梅ヶ枝餅の撮影地についても!

関連記事:【君の膵臓を食べたい】恭子の結婚相手は誰?旦那はガムくん?

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!