ティア・ハリベルの特徴を解説!司る死の形についても




久保帯人さん原作「ブリーチ」黒崎一護が突然死神代行として様々な敵と戦い成長していく人気アクション漫画です。

その一護が戦う敵の中にアランカル(破面)という存在がいて一護、死神たちと死闘を繰り広げました。

今回はその中から「ティア・ハリベルの特徴を解説!司る死の形についても」について書いていきたいと思います。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

★PICKUP

スポンサーリンク



ブリーチ/ティア・ハリベルの特徴を解説

ティア・ハリベルは「(虚圏)救出篇」で初登場し、「空座町決戦篇」では圧倒的な強さを見せつけました。

エスパーダで唯一の女性破面でミラローズ、スンスン、アパッチという三人の女性破面を配下として共に行動しています。

ハリベルは戦いの最中でも取り乱すことも大声をあげることもない沈着冷静なタイプで、十刃の中では藍染に対する忠誠心が高い方です。

そんなティア・ハリベルの特徴を解説していきます。

現エスパーダ(十刃)の唯一の女性成体のアランカル(破面)

ティア・ハリベルは現エスパーダ(十刃)の唯一の女性成体のアランカル(破面)です。

藍染惣右介によって生み出された破面と言われる種族の十刃のメンバーで階級は3位という強さを持っいて、ハリベルの階級を第3十刃(トレス・エスパーダ)といいます。

黒崎一護を散々手こずらせたウルキオラ(第4十刃)よりも階級が上というのは驚きました。

フラシオン(従属官)3人とは破面になる前から一緒に活動していた

ティア・ハリベルはフラシオン(従属官)3人とはアランカル(破面)になる前から一緒に活動しています。

3人とはミラローズ、スンスン、アパッチのことで虚を撃退する生活をしていて3人を大切な存在と認識していました。

ハリベルを中心にお互いを守り尊重していたため4人の絆は固かったようです。

ホロウ時代と容姿はほぼ同じ

ティア・ハリベルはホロウ時代と容姿はほぼ同じで顔に至っては人間と変わりません。

アニメのみで描かれているのですが、藍染と知り合った時の姿が虚で、アランカル(破面)になった後も人の姿と変わっていないことから推測されたのが、ヴァストローデ(最上級大虚)クラスの虚だったのではないかという事でした。

ヴァストローデは人間と変わらない大きさでウェコムンド(虚圏)に数体しかいない希少な存在ですが戦闘能力は隊長を凌ぐレベルで実際、日番谷冬獅郎は大苦戦しています。

ただハリベルの虚時代のことは原作では描かれていないので、あくまでも可能性という事になります。

露出の多い過激な衣装

ティア・ハリベルは露出の多い過激な衣装が特徴です。

胸の部分は下乳が出ていて下半身は腰に巻いたベルトで支えていてスリットに見えますが、両腰部分は露出、前の部分もかろうじて隠れている程度で、あんな冷静沈着なキャラがなぜあそこまで過激な衣装なのかと不思議に思った方もいたと思います。

あまりにも露出が激しすぎるのでアニメでは修正が入ったものの「千年血戦篇」では原作通りの衣装だと言われています。

孔の位置は子宮

ティア・ハリベルは孔の位置は子宮にあります。

虚にはお腹や胸に孔が空いているのですが、ティア・ハリベルはその孔が見当たらないことが指摘されていました。

その後ハリベルの孔の位置が子宮にあることが判明しています。

孔が見えないキャラはザエルアポロも同じ。

孔が見えないエスパーダは何人かいるという事が分かりますね。

BLEACH/ティア・ハリベルの司る死の形は?

スポンサーリンク



十刃には個々が司る「死の形」があり、それは「人間が死に至る十の要因」で同時にそれぞれの思想、存在理由、時には能力にも繋がるようになっています。

他にはウルキオラの「虚無」、スタークは「孤独」、バラガンは「老い」などキャラに合った死の形を持っています。

ティア・ハリベルの司る死の形はどんな物なのでしょうか。

司る死の形は犠牲

ティア・ハリベルの司る死の形は犠牲です。

恐らく自己犠牲の精神が高いところが藍染への忠誠心に繋がっていると思われますが、平気で仲間を犠牲にする藍染の本質を見抜けなかったのは残念です。

ハリベルはウェコムンド(虚圏)で過酷な日々を送っていたことが原因なのか、仲間に対する思いやりが厚くアパッチ、スンスン、ミラローズが犠牲となって倒された際には「よく戦った」と追悼の言葉を口にしています。

ハリベルは犠牲を好んでいない

ティア・ハリベルは犠牲を好んでいません。

ウェコムンド(虚圏)では強くなるために他の虚を殺して食べるというのが当たり前ですが、ハリベルは誰かを殺し食べてまで強くなりたいとは思えなかったようです。

理由は1人で倒せないならみんなで倒せばいいと考えていたからでした。

ですが、仲間がハリベルのために身代わりとなって倒されたことがきっかけで、自身の考え方が間違っていると痛感するのでした。

まとめ

・ティア・ハリベルは現エスパーダの唯一の女性成体のアランカル。

・フラシオン3人とはアランカルになる前から一緒に活動していた。

・ホロウ時代と容姿はほぼ同じ。

・露出の多い過激な衣装。

・孔の位置は子宮。

・司る死の形は犠牲。

・犠牲を好んでいない。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

★PICKUP

☆関連記事

ブリーチの原作漫画やアニメを無料で見る方法!

スポンサーリンク



『ブリーチの原作を読みたいけどわざわざお店に行って買うのもめんどくさい』

『漫画を読みたいけど、できれば無料または安く読む方法がないものか・・・』

『アニメを途中から見て面白いから最初から見たい!』

アニメを見ているとこう言った考えが出てきたりする事がありますよね。

実際僕もアニメを見て原作が読みたくなったり、途中から見て最初から見たくなったパターンがありました。

個人的には上記の悩み解決の方法をもっと早く知れておけばよかったと思っています!

【超お得】ブリーチの原作マンガが全巻40%オフ!

実はブリーチの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばブリーチの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

◆原作マンガ全巻を40%オフで購入する方法

ブリーチの漫画を全巻安く買う方法!安い値段で買えるサービスを比較

【料金不要】ブリーチのアニメを無料で視聴できる!

アニメを見逃した場合にも実質無料で視聴できる方法もあります。

過去に放送された作品を見る事が可能!

こちらはアニメを見れるだけでなく、漫画も1冊分お得に読む事が出来ますよ。

★PICKUP