【ブリーチ】ルキアの過去や生前は?経歴や年齢・白夜との関係についても




「ブリーチ」は久保帯人(くぼたいと)原作のバトルアクション漫画です。

2001年から週刊少年ジャンプに連載され、今でも絶大な人気を誇っています。

そんな「ブリーチ」はアニメや舞台にもなっていて様々なストーリーがあり、キャラクターもたくさん出てきます。

その中でも人気のキャラクターとして必ずといっていいほど名前が上がる準主人公の「朽木ルキア」について、過去や生前の事、経歴や年齢、白哉との関係などを調べていきたいと思います。

良かったら最後までお付き合い下さいね。

★PICKUP

スポンサーリンク



【ブリーチ】朽木ルキアの過去や生前・経歴を解説!

朽木ルキアは可愛らしい見た目とは裏腹に波乱万丈な人生を送っています。

冷静で落ち着いたキャラですが、ウサギグッズに目がないお茶目な一面も持ち合わせている少女です。

ここではそんな朽木ルキアの過去や生前・経歴を解説していきます。

南流魂街78地区戌吊(イヌヅリ)の出身

朽木ルキアは南流魂街(みなみるこんがい)78地区戌吊(イヌヅリ)の出身で、阿散井恋次(あばらいれんじ)も同じ南流魂街の出身です。

阿散井恋次とは家族同様に育ちましたが治安が悪すぎて仲間全員が亡くなってしまいました。

そんな危険な場所で暮らしていたら身を守るために強くなるしかないと思います。

どんな相手にも立ち向かう姿勢はこの頃からすでに培われていたのでしょうか。

瀞霊廷に住むために死神を目指して共に真央霊術院に入学

朽木ルキアは生き残った阿散井恋次と共に南流魂街を出て真央霊術院に入学しました。

死神の本拠地である瀞霊廷に住むためです。

流魂街出身でも真央霊術院への入学は可能で、朽木ルキアが生きるためには真央霊術院の入学しか道がなかったのかもしれません。

ただ、一緒に入学した阿散井恋次とは霊力に差があったため同じクラスにはなれませんでした。

慣れない環境で知り合いがいないというのは心細いものがあると思います。

朽木家の養子縁になる

朽木家とは4大貴族の一つで、朽木ルキアはその朽木家の養子に迎えられる事になります。

朽木家の養子になる事を阿散井恋次に告げた際「良かったな」と言われ、複雑な心境のまま養子になる事を決め、朽木白哉の義妹となったのでした。

朽木ルキアを養子にする事を決めたのは義兄の朽木白哉でしたが、優しい義兄ではなく寂しい思いで過ごします。

必要最低限の事しか言わないばかりか、冷たい言葉しか投げかけない朽木白哉にはちょっと厳しすぎるのではないかと感じてしまいました。

後に理由が分かりお互い歩み寄りますが、それまでは朽木ルキアが健気な義妹に見えていました。

生前は赤ん坊だったので記憶はほぼない

朽木ルキアは赤ん坊の頃に死亡してしまった状態で尸魂界(ソウルソサエティー)にたどり着きました。

その為、姉と共に流魂街で暮らしていたので、生前の記憶はないと思われます。

赤ん坊で亡くなったというのは悲しい事ですが、現世にいた時の年齢が幼過ぎて覚えていないと考えても良いのではないでしょうか?

緋真は貧しかった為赤ん坊だったルキアを置き去りにした

緋真(ひさな)は朽木白哉の亡き妻でルキアの実姉です。

あまり出番がないので印象が薄い方もいるかもしれません。

見た目は姉妹だけあって瓜二つで、朽木白哉がルキアを養子に迎えたのは緋真の願いだったからでした。

緋真は現世で赤ん坊だったルキアと共に命を落とします。

その後流魂街で暮らすものの貧しさに耐えられずルキアを置き去りにしてしまいました。

そして朽木白哉に見染められ結婚しますが「自分だけが幸せになっていいのか」と罪悪感があったようです。

護廷十三隊入隊後は十三番隊に配属

ルキアは護廷十三隊に入隊し、十三番隊に配属されます。

ですが貴族の名門・朽木家の養子という立場からかルキアは他の隊員たちに距離を置かれていました。

そんな状況の中、副隊長の志波海燕(しばかいえん)だけが普通に接してくれていました。

周りから敬遠されている中で分け隔てなく接してくれる人がいるのは心強いと思います。

志波海燕を殺害した

十三番隊の副隊長はルキアにとって安らぎであるといってもいいような存在になっていました。

志波海燕は浮竹十四郎のスカウトで護廷隊に入隊したほどの実力の持ち主で、人柄もいいうえに面倒見も良く人望のある人物です。

その志波海燕をルキアは殺害してしまいました。

理由は、志波海燕の妻である都を殺した虚メタスタシアとの戦いでメタスタシアに肉体を乗っ取られてしまい、志波海燕とメタスタシアを引き剥がすのは不可能と知った浮竹十四郎はメタスタシアを斬ります。

逃げるメタスタシアの先にルキアがおり、ルキアが構えていた斬魄刀(ざんぱくとう)に自ら飛び込みます。

最後に一瞬意識を取り戻しますがメタスタシアと融合したまま絶命しました。

この1件はルキアにトラウマを与える出来事となってしまいます。

自分が慕っていた人をどんな状況でも自分が刺してしまったという事実はかなりのショックですよね。

実際あの時のルキアは悲痛そのものでした。

破面篇終了後の1年17ヶ月の間に副隊長に昇進

朽木白哉の根回しで長い事平隊員でしたが、破面篇終了後の1年17ヶ月後に副隊長に任命されます。

瀕死の重傷を負いつつもエスパーダ(十刃)を倒した事が任命の理由だったと考えられます。

ルキアの前の副隊長は志波海燕でした。

慕っていた人と同じ立場になったルキアは責任の重さを感じていたのではないでしょうか。

就任祝いにと朽木白哉から手甲を贈られています。

千年血戦篇の後に十三番隊隊長に就任

ルキアは滅却師との戦いの千年血戦篇10年後に十三番隊隊長に就任します。

前隊長の浮竹十四郎が滅却師との戦いで殉職した為、副隊長だったルキアが隊長に昇格したのだと考えられます。

物語が始まった頃は一般隊士でしたが、最終回で隊長に就任という長い期間をかけての就任でした。

ルキアの成長ぶりには目を見張るものがあり、壮絶な戦いを勝ち抜いてきた結果だと思います。

さらに隊長就任後、阿散井恋次と結婚し女児を授かりました。

ルキアは一護とくっつくのかと思っていた人も多かったのではないでしょうか?

作者はインタビューで聞かれても否定も肯定もしません、と答えていました。

朽木ルキアのプロフィール

スポンサーリンク



ここでは朽木ルキアのプロフィールを紹介しています。

名前の意味や出来事も書いていきますね。

年齢は何歳?

朽木ルキアは150歳前後です。

一護にルキアが「貴様の10倍は生きている」と言うセリフがありました。

その時一護は15歳だったので150歳という説が出ています。

見た目と年齢は大きく違いますね!

誕生日:1月14日

朽木ルキアの誕生日は1月14日。

ブリーチで同じ月の誕生日のキャラは山本元柳斎重國(やまもとげんりゅうさいしげくに)、四楓院夜一(しほういんよるいち)、コヨーテ・スタークなどがいます。

実力者ばかりですね!

身長体重:144cm・33kg

朽木ルキアの身長は144㎝で体重は33㎏。

一般的な女性の144cmの平均体重は40kg台になります。

そう考えるとルキアは相当軽いと思われ、華奢なイメージです。

小柄な身体で斬魄刀を振り回すのは大変なのでは、と思いました。

朽木ルキアと白哉の関係は?

朽木ルキアと朽木白哉との関係を深堀していきたいと思います。

口には出さないが義妹を大切に思っています。

ですがルキアには伝わっていないのでぎこちない関係です。

ルキアと白哉は義兄妹

朽木白哉はルキアの実姉である朽木緋真と結婚をしています。

ルキアは朽木緋真の妹。

その為ルキアは朽木白哉の義妹という事になります。

白哉の妻の緋真の遺言で引き取った

朽木白哉は掟を守らなければいけないという立場で今までずっと掟を破らずに生きてきました。

掟を破ってまで妻にした緋真の願いを聞き入れたということだと思います。

普段自分の意見をあまり言わない緋真の、最後の願いという事もあったのではないでしょうか。

ルキアを養子に迎え入れる事でまた一つ掟を破りました。

白哉の根回しで危険度の高い任務に出来なかった

ルキアは実力を考えれば危険な任務にも参加できるはずなのですが義妹を思っての事だったのではないでしょうか。

ルキアが死に直面するような目に合わないように根回しをしたのだと考えられます。

口に出してルキアに直接言うのではなく根回し、というあたりが朽木白哉の不器用な一面を覗かせていると思います。

朽木ルキアの名前の由来や意味

スポンサーリンク



作者の久保帯人さんが朽木ルキアの名前について、なぜカタカナなのか、名前の意味や由来は?などをあるインタビューで聞かれた際に色々語っていました。

理由は以下の通りです。

名前の意味はラテン語で光

ルキアはラテン語で女性に使われる名前で「光」という意味があります。

一護にとって一筋の光のような存在なのでルキアにしたそうです。

「ルキア」という名前はキャラにとても合っていると話していました。

由来はテレビで見た南アメリカのコスモスの原種から

昔から気になった名前を書き留めていて、コスモスの原種が「クチキルキア」と聞こえたのでその名前に決めたと話しています。

「朽木」という漢字が死神らしくて良いと思ったそうです。

なので「朽木ルキア」となりました。

まとめ

・朽木ルキアは実姉に捨てられ、流魂街から真央霊術院に入学しました。

・朽木白哉に言われて朽木家の養子になります。

・護廷十三隊に入隊し十三番隊に所属が決まりました。

・志波海燕を自分の意志ではないが刺し殺害してしまいました。

・破面篇終了後の1年17ヶ月の間に副隊長に昇進します。

・千年血戦篇の後に十三番隊隊長に就任し、阿散井恋次と結婚しました。

★PICKUP

☆この記事を読んだ人におすすめの記事

ブリーチの原作漫画やアニメを無料で見る方法!

『ブリーチの原作を読みたいけどわざわざお店に行って買うのもめんどくさい』

『漫画を読みたいけど、できれば無料または安く読む方法がないものか・・・』

『アニメを途中から見て面白いから最初から見たい!』

アニメを見ているとこう言った考えが出てきたりする事がありますよね。

実際僕もアニメを見て原作が読みたくなったり、途中から見て最初から見たくなったパターンがありました。

個人的には上記の悩み解決の方法をもっと早く知れておけばよかったと思っています!

【超お得】ブリーチの原作マンガが全巻40%オフ!

実はブリーチの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばブリーチの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

◆原作マンガ全巻を40%オフで購入する方法

ブリーチの漫画を全巻安く買う方法!安い値段で買えるサービスを比較

【料金不要】ブリーチのアニメを無料で視聴できる!

アニメを見逃した場合にも実質無料で視聴できる方法もあります。

過去に放送された作品を見る事が可能!

こちらはアニメを見れるだけでなく、漫画も1冊分お得に読む事が出来ますよ。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

★PICKUP