【ブリーチ】吉良イヅルが死亡?その後どうなった・最後はゾンビ化で復活?




アクション漫画として長年ファンを魅了し続ける「ブリーチ」。

残念ながら作中で命の危機に陥るキャラもいます。

そのシーンは壮絶で見ている方もショックを受けたという意見も多いと思います。

今回はその中から「吉良イヅルが死亡?その後どうなった・最後はゾンビ化で復活?」という点を調べてみました。

最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

★PICKUP

スポンサーリンク



【ブリーチ】吉良イヅルは死亡したのか?

吉良イヅルは死亡したと言われています。

吉良イヅルは気の弱そうな副隊長で、貴船理三席が現れた時も自信を無くし人望を失いかけるようなメンタルの持ち主です。

そんな吉良イヅルも「侘助」があれば無敵だと思われていたのですが、事実はどうなのでしょうか。

最終章で腕や右半身のほとんどを吹き飛ばされ死亡

最終章で腕や右半身のほとんどを吹き飛ばされて死亡します。

千年血戦篇の序盤、クインシー(滅却師)バズビーの不意打ちを食らってしまい死亡します。

副隊長は万能型が多く、吉良イヅルもその典型でした。

「侘助」を使いこなせれば向かうところに敵はいなかったはずです。

頭脳を使っての戦闘も得意なのでそんな簡単に死亡するとは思ってもみませんでした。

公式でも死亡が確定している

公式でも吉良イヅルの死亡が確定しています。

しかもその後の事は作中には出てきません。

ブリーチはそう簡単に死なせない事が多かったのでショックを受けた方も多かったのではないでしょうか。

卯ノ花隊長が何とかして助けたのかと思っていました。

ヴァンデンライヒ(見えざる帝国)の最初の犠牲者

ヴァンデンライヒ(見えざる帝国)の最初の犠牲者です。

原作56巻で吉良イヅルは瀞霊廷の第一陣として、ヴァンデンライヒ(見えざる帝国)の第一次侵攻を迎え撃ちました。

ただ、戦闘の様子が描かれていないので右半身を負傷した事しかわかりません。

空座町戦で戦闘能力の高さを見せつけていた吉良イヅルの死は衝撃的でした。

身体が約半分無くなり、斬魄刀を持ったまま右手が千切れ絶命した姿は壮絶だったと思います。

☆関連記事

吉良イヅルは最後はゾンビ化で復活し生きてたのか?

スポンサーリンク



吉良イヅルは最後はゾンビ化で復活し生きてたのでしょうか?

死んだと思われていた吉良イヅルはブリーチのキャラブックの書き下ろし小説で復活を果たしています。

治したのは卯ノ花隊長でも井上織姫でもなく、十二番隊隊長の涅マユリ(くろつちまゆり)でした。

涅マユリが無償で治すとは思えませんが、まさかの復活に喜んだ方も多いと思います。

身体は死んだまま死鬼術で生き返った

身体は死んだまま死鬼術で生き返りました。

吉良イヅルの許可なく生き返るための手術が行われ成功しています。

右半身を吹き飛ばされた人を治すのはすごい技術だと思われます。

やっぱりブリーチはキャラを簡単に死なせる事はない作品だと思いました。

涅マユリによって改造されゾンビ化して復活

涅マユリによって改造されゾンビ化して復活します。

作中では描かれていませんが、吉良イヅルの遺体を回収していて発明の傍ら吉良イヅルの再起を考えていた涅マユリは「死鬼術式」を施しました。

それは、戦いで殺害された席官たちの魂魄を集めて吉良イヅルに使い、死んだまま生きる「死人」として蘇らせるという術式です。

死んだまま生きる吉良イヅルに施した死鬼術式は肉体改造技術の傑作だと涅マユリは語っています。

☆関連記事

殺された席官達の魂魄で身体を補修された為霊圧は隊長並

殺された席官達の魂魄で身体を補修された為霊圧は隊長並となりました。

席官たちの身体の事を知り、吉良イヅルはその事実に罪悪感を抱きます。

ですが、オプションとして強化された霊圧をそのままに戦いに参加しました。

ゾンビ化した吉良イヅルは身体も雰囲気も勇ましく変化を遂げています。

そんな吉良イヅルに「思う存分彼らの人生を受け継ぎたまえ」と言い放つのが涅マユリらしいです。

中央四十六室を復活したシャズ・ドミノの襲撃から守った

中央四十六室を復活したジャズ・ドミノの襲撃から守りました。

ジャズ・ドミノは技術開発局を壊滅に追い込みましたが、ゾンビ化した吉良イヅルの侘助に何度も斬られてしまいます。

ただ、生前も死後も人に操られる人生に同情の声も出ていました。

吉良イヅルはその後どうなった?

吉良イヅルはその後どうなったのでしょうか。

千年決戦後の世界で死人のまま三番隊副隊長として在籍し、辺境警備を趣味にしているようです。

また、真央霊術院特別講師として真央霊術院生たちへ講演したり、人手不足問題を解消するために「死神見習い制度」を導入したりしています。

あまり出番はないようですが、活躍している事が分かりますね。

最終回では登場していないが生きてる

吉良イヅルは最終回では登場していないが生きてます。

黒崎一護vsユーハバッハの戦いがメインだったので吉良イヅルや他のキャラも存在が霞んでしまいました。

ですが、登場しないだけで生きているのは嬉しいですよね。

現在も死人で孔も空いたまま生活している

現在も死人で孔も空いたまま生活しています。

記憶も人格もそのままの特殊な身体で存在、生活をしている事が判明していますが、

苦労人だけにもっと活躍の場を見たかったという意見も多かったです。

涅マユリがなぜ孔を塞げなかったのか、孔が開いている方がかっこいいと思っているのかなど未だに議論されています。

孔が空いたまま仕事復帰やルキアと恋次の結婚のお祝いに参加している

孔が空いたまま仕事復帰やルキアと恋次の結婚のお祝いに参加しています。

ルキアと恋次の招集で、貴族街にある料亭「花くれなゐ」に隊長、副隊長らが集まり、そこには吉良イヅルもいました。

詳しい描写の中に吉良イヅルの反応は書かれていませんでしたが、松本乱菊や檜佐木修兵などもいた事から和気藹々とした雰囲気だったと思われます。

はしゃぐというイメージはなさそうなので、遠慮がちに祝福したという場面が想像できます。

☆関連記事

10年後はローズ(鳳橋楼十郎)の部下

10年後はローズ(鳳橋楼十郎)の部下として働きます。

鳳橋楼十郎(おおとりばしろうじゅうろう)は110年前は三番隊隊長を務めていました。

藍染の策略にはまり虚化しましたが、藍染捕縛後三番隊隊長に復帰しています。

その鳳橋楼十郎の下で部下となり働く事になりました。

吉良イヅルが星十字騎士団に斬られた際、鳳橋楼十郎が激高した事からも二人の絆の深さが分かります。

☆関連記事

まとめ

スポンサーリンク



・吉良イヅルは最終章で腕や右半身のほとんどを吹っ飛ばされ死亡。

・公式でも死亡が確定されている。

・ヴァンデンライヒ(見えざる帝国)の最初の犠牲者。

・吉良イヅルは最後はゾンビ化で復活し生きていた。

・身体は死んだまま死鬼術で生き返った。

・涅マユリによって改造されてゾンビ化して復活。

・殺された席官達の魂魄で身体を修復された為霊圧は隊長並。

・中央四十六室を復活したジャズ・ドミノの襲撃から守った。

・吉良イヅルは最終回では登場していないが生きてる。

・現在も死人で孔も空いたまま生活している。

・孔が空いたまま仕事復帰やルキアと恋次の結婚のお祝いに参加している。

・10年後はローズ(鳳橋楼十郎)の部下。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

★PICKUP

☆この記事を読んだ人におすすめの記事

ブリーチの原作漫画やアニメを無料で見る方法!

『ブリーチの原作を読みたいけどわざわざお店に行って買うのもめんどくさい』

『漫画を読みたいけど、できれば無料または安く読む方法がないものか・・・』

『アニメを途中から見て面白いから最初から見たい!』

アニメを見ているとこう言った考えが出てきたりする事がありますよね。

実際僕もアニメを見て原作が読みたくなったり、途中から見て最初から見たくなったパターンがありました。

個人的には上記の悩み解決の方法をもっと早く知れておけばよかったと思っています!

【超お得】ブリーチの原作マンガが全巻40%オフ!

実はブリーチの漫画を全巻40%オフで読む方法があります。。

この方法を使えばブリーチの原作の漫画全巻を40%オフで読むことが可能。

サクッと読む事が出来るのでストーリーの先の展開を早く知りたい人にとってはオススメな方法になります!

◆原作マンガ全巻を40%オフで購入する方法

ブリーチの漫画を全巻安く買う方法!安い値段で買えるサービスを比較

【料金不要】ブリーチのアニメを無料で視聴できる!

アニメを見逃した場合にも実質無料で視聴できる方法もあります。

過去に放送された作品を見る事が可能!

こちらはアニメを見れるだけでなく、漫画も1冊分お得に読む事が出来ますよ。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

★PICKUP