羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)テンフーの能力や強さは?正体について考察!




羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)に登場するフーシーの仲間であるテンフー。

作中では火の能力を使っていましたよね。

この能力で一体どういう事が出来るのか整理しておきたいところ。

こちらの記事では羅小黒戦記に登場するテンフーの能力について深掘りをしていきます!

それではさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク



羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)テンフーの能力や強さは?

妖精であるテンフー。

可愛いルックスからゆるキャラの様な感じがしますよね。

作中でも癒される感じがありました。

戦っているシーンもメインのキャラクターに比べたら少なかったですが、どういう能力が使えるのか気になるところ。

まずはテンフーの能力について整理していきましょう。

火を吹く事が出来る

御霊系は火。

火を操ることが出来ます。

作中でも攻撃をする際は火を操っていましたね。

こちらは正確には火を操るというよりも〝火を吹く事が出来る〟という印象でした。

テンフーが火を吹くシーンは物凄く早く一瞬。

なかなか初見で確認するには難しい感じがあります。

ビジュアル的にも手や空間から火を出すよりも、口から火を吹く方が合っている感じしますね^ ^

動物を呼び寄せる事が出来る

テンフーは叫ぶ事によって動物を呼び寄せる事が出来ます。

見た目が人間ではなく、虎なので見た目と能力がマッチしていますね^ ^

優しい性格なので、動物達といるのが凄く似合う。

動物達を呼び寄せたのは、シャオヘイを拐って行ったムゲンを見つける為。

遠くの相手を察知したり探索する事が出来る種をロジュに渡され、その種を動物達に食べさせていました。

ウサギやイタチ等は行動範囲は狭いので、索敵にはあまり向かないと思いますが鳥だったら広範囲で活躍しそうですね^ ^

巨体のわりに素早く動くことが出来る

テンフーはフーシーの仲間内では、1番体が大きいですよね。

肩幅は仲間達の約2倍!

いかにもパワー系で素早く動くのが苦手という印象がありました。

しかし、執行人から逃げている時は素早く動いていましたね。

ジャンプする際も長い距離を飛ぶ事が出来ていましたよ。

見た目とは裏腹に俊敏性もあるのは個人的には凄く意外でした。

テンフー(天虎)の正体について考察!

スポンサーリンク



テンフーの強さや能力について整理する事が出来ましたね。

では、テンフーはどういうキャラクターなのでしょうか。

彼の人物像に迫っていきましょう!

テンフーは虎の妖精?

テンフーはパッと見るでは何の妖精なのか分かりづらいですよね。

シャオヘイはひと目で黒猫、ムゲンが初めに戦っていたネパは豹の妖精だという事が分かります。

先ほども少しだけ触れさせて頂きましたが、テンフーは虎の妖精になります。

まん丸な体をしているので、虎とたぬきを足して2で割った様な感じもしますよね。

個人的には虎を擬人化するともっとスマートだったり、ゴリマッチョの様な体型になると思っていました。

肉を焼くのが上手い

テンフーは肉を焼くのがとても上手です

シャオヘイの歓迎会をしている時には、自分が焼いた肉を振る舞っていましたね。

この時にシャオヘイは物凄く感動していました。

料理上手なのかもしれませんね^ ^

反対にムゲンは料理下手。

鶏肉を焼くだけなのに、シャオヘイとムゲンは食べたら吐き出していました。

テンフーがレクチャーした方が良いかもしれませんね。

昔は小さくて丸かった

フーシーの回想シーンにはまだ幼い頃のテンフーが登場します。

小さくて丸い。

コロコロしていて可愛いですよね^ ^

テンフーは昔から丸かったという事になります。

マスコットみたいで癒されそうですね!

フーシーがシャオヘイの領界を奪う事に賛成していない?

フーシーがシャオヘイの領界を強奪で奪っていましたね。

空間系の能力を強奪で奪われると、その奪われた人は死んでしまいます。

この時にテンフーは凄く悲しそうな顔をしていました。

ロジュは全力でフーシーを止めようとしていましたよね。

そう考えるとテンフーやロジュも含め、シャオヘイの領界を奪う事をあまり快く思っていなかったのではないでしょうか。

まとめ

・テンフーは口から火を吹く事が出来る

・多くの動物を呼び寄せることが可能

・テンフーは虎の妖精で、昔から丸かった

関連記事:羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)の相関図!登場人物・全キャラクターまとめ!

関連記事:羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)の霊域や領界とは?己界や能力についても!

関連記事:羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)の聖地やロケ地はどこ?モデルや舞台を考察!

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!