【動画初投稿】1分でテンション上げる方法!

よう実(ようこそ実力至上主義の教室へ)綾小路清隆の過去!ホワイトルームや父親についても




MF文庫Jで出版されている日本のライトノベル作品ようこそ実力至上主義の教室へ。

成績優秀で身体能力も抜群にいい綾小路清隆。

どんな環境で育ち、どんな過去を持つのでしょうか。

また、両親はどんな方達なのでしょうか。

こちらの記事ではようこそ実力至上主義の教室への綾小路清隆の過去やホワイトルーム、父親についても主観を交えて解説していきたいと思います。

それではさっそく見ていきましょう。

※一部ネタバレ要素もありますのでご注意ください。

スポンサーリンク



よう実(ようこそ実力至上主義の教室へ)綾小路清隆の過去や幼少期

主人公、綾小路清隆は学校内で全てにおいてトップと言えるほどのポテンシャルを持ち合わせています。

学力、身体能力はもちろん喧嘩や予測力なんかも全てチート級です。

一体彼は何者なんでしょうか?

ホワイトルームの最高傑作

ホワイトルームという綾小路父が創設した天才を育成する施設。

その名の通り真っ白な無機質で隔離された空間です。

そこで様々な天才を育成するための教育を施されており、その道のプロが指導。

学力面だけでなく、ピアノや書道などの芸術面。

護身術や武術など身体能力強化、ありとあらゆる教育を行っています。

綾小路清隆がなぜあそこまでポテンシャルが高いか見えた気がしますね。

しかし、ただただ何の遊びもなく教育するだけの機械的な厳しすぎる環境に過呼吸を起こしたり、精神を病んでしまう生徒も少なくありません。

そんな中唯一リタイアせず課した目標ステータスを超えた生徒が綾小路清隆。

ホワイトルームの最高傑作と言われており、他の生徒には綾小路清隆を超える存在になるよう教育をされています。

まさか学校内だけでなく天才を育成するホワイトルーム内でもトップであったなんて驚きです。

この厳しい環境で励み、しっかりと結果を残せていますし天才と言うしかありませんね。

しかし、簡単なことではないと思うので彼なりの苦労があるでしょう。

無気力な性格はホワイトルームが原因?

人をものとしか見ていない節があり、人がどうなろうとどうでもいいなど無気力で冷徹な性格の持ち主。

その原因はほぼ間違いなくホワイトルームが関係しています。

厳しすぎる環境に過呼吸を起こしたり、精神的に病んでしまうホワイトルーム生がいるわけで綾小路はそんな子達を見てきているわけです。

また、もしかしたら綾小路も辛い思いをしていたのかもしれません。

そんな環境の中であれば壊れてしまってもおかしくありません。

しかし、なぜホワイトルームにいるのでしょうか?

よう実(ようこそ実力至上主義の教室へ)綾小路清隆の父親について解説

スポンサーリンク



綾小路清隆の父親は作中でちょこちょこ出ていますね。

その父親が息子の清隆をホワイトルームに入れた張本人です。

一体どんな目的があり、父親は何者なんでしょうか?

ホワイトルームのトップ

ホワイトルームの創設者である綾小路父。

20年間運営しており、天才を育成するために様々なカリキュラムが組まれています。

息子を入れた理由は単純に天才を超える人材に育ってほしいため。

父親は凡人であったが、努力し天才たちと戦いぬいた過去を持ちます。

その経験から凡人でも教育すれば天才を超えうるのではないかという意図からホワイトルームを創設し息子をそこで教育させている。

しかし、進行は難航しており、20年続けているにもかかわらず与えた目標値を超えた生徒が未だ綾小路清隆ただ一人。

その綾小路も高度育成高等学校に逃げてしまい、頭を抱えています。

まさか、ホワイトルームを造って息子をそこで教育させているなんて考えがぶっとんでますね。

しかし、これでなかなかの権力者だということがわかりました。

父親のラスボス説

綾小路の父親は権力を酷使し、息子をホワイトルームへ連れ戻そうとしている。

高校の坂柳理事長を謹慎処分させ、月城を理事長代理に置き換えたり、新1年生に清隆を退学させるよう吹き込んだりとあらゆる手段を酷使し退学に追いやろうとしています。

しかし、天才に育成された綾小路清隆はそんな簡単にはやられはしません。

事態を予測し天才的頭脳で全て回避しています。

自由を手にするため、立ちはだかるラスボス的存在はやはり父親になると考えています。

この先どんな手で綾小路清隆をホワイトルームに連れ戻すのでしょうか?

父親VS清隆の戦いが楽しみですね。

母親は作中で記述がほぼない

今の所母親に関する記述はされていません。

父親の権力が強く、好き勝手やっている印象なので母親とはすでに別れていると考察しています。

今後綾小路の過去が少しずつ暴かれていくと思うので、その過程で母親の存在も描かれるのでは。

まとめ

・綾小路の正体は天才を育成するホワイトルームという施設の生徒。

・ホワイトルームではトップとなり、最高傑作とまで言われている。

・父親はホワイトルームの創設者であり、天才を超える存在になってほしいという意図から息子をそこで教育させた。

・自由を得たい清隆に立ちはだかるラスボスは父親になるのではないかと予想!

・今の所母親に関する記述はされていないが今後過去について詳しく暴かれる可能性がある。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【ミカタ生インタビュー⑦】中学受験において番狂わせは茶飯事!?「覚悟」と「強い信念」を貫き通し、絶望の淵から這い上がったミカタ生を直撃
【トラウマ注意】猛スピード【 怖さ★★★★ 】
マーベリック スクリプトタグ

マーベリック 広告タグ
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする