【動画初投稿】1分でテンション上げる方法!

【よう実】堀北は過去櫛田と同中?退学やなぜDクラスなのかについても




MF文庫Jで出版されている日本のライトノベル作品ようこそ実力至上主義の教室へ。

作中で仲の悪い堀北と櫛田はなんと過去に同中だった?

更に堀北の退学との噂があり、櫛田との関係性があるのか。

そもそも優秀な堀北がなぜDクラスに居るのでしょうか。

こちらの記事ではようこそ実力至上主義の教室への堀北は過去櫛田と同中?また、退学やなぜDクラスなのかについても深堀り&考察をしていきます!

それではさっそく見ていきましょう。

※一部ネタバレ要素もありますのでご注意ください。

スポンサーリンク



よう実(ようこそ実力至上主義の教室へ)堀北は過去櫛田と同じ中学だった?

序盤では櫛田が掘北に友だちになろうとアタックしますが、撃沈。

そんな2人ですが、過去の描写で同じ中学だったことがわかっています。

どんな関係性だったのでしょうか。

中学時代堀北は櫛田の事はうろ覚え

同じクラスになったことはなく、実際の所堀北は櫛田のことはあまり覚えていません。

他人に興味のない堀北ですから考えられますね。

そう考えると綾小路は堀北を普通にしゃべらせるまで至ったのだから櫛田よりも社交性が高いのでしょうか?(笑)

余談から戻りますが、友達になろうとアタックしていた櫛田ですが、堀北のことを嫌っている様子が見られます。

友達になってくれないから。

果たしてそれだけでしょうか?

堀北は櫛田が過去の学級崩壊の真実を知っている可能性がある

掘北を嫌っている理由を話すためにまずは櫛田がクラス崩壊させた過去を知る必要があります。

いつも明るく誰にでも優しい櫛田。

本年度の面接試験では満点を取るほど社交性が優れている。

そんな櫛田ですが、実は裏の顔があります。

実は他人をけなしており、自分より下に見ている。

中学時代には明るく誰にでも優しく振る舞う櫛田。

それにより、誰からも信頼され相談される人気者になります。

相談されることに喜びを感じている櫛田ですが、裏の顔とのギャップによりストレスをかかえてしまいます。

ストレスが溜まっていくにつれ相談してくる人たちの悪口などをネットに書き込むようになります。

しかし、匿名で書いていたにもかかわらずクラスにそれがバレてしまう。

クラスはそんな櫛田を責め、追い詰められた櫛田は今まで相談されてきた秘密を全て暴露。

最後には学級崩壊にまで至ってしまいました。

その過去を同じ学校だった堀北が知っていると思いこんでおり、退学させたいと考えています。

しかし、堀北は詳細については知らず、櫛田の思い込みである。

こんな明るく元気な生徒に大きな闇があることに驚きですね。実は思っている以上に繊細なのかもしれません。

【よう実】堀北は退学になるのか?

スポンサーリンク



櫛田が退学させようと躍起になっているため堀北は退学になってしまうのか。

という疑問が浮かび上がります。

実際のところどうなのでしょうか?

退学にはなっていない(記事執筆時)

堀北は今の所、退学とはなっていない。

良かったですね。

掘北を中心にAクラスへ上がろうと奮闘しているのにその堀北がいなくなっちゃおわりですからね。

ただ、今後どう転ぶかわかりませんし、安心はできません。

問題はクラスの受けが良い櫛田が掘北を退学させようとしているということです。

櫛田は堀北を退学にさせようとしている

櫛田は過去の学級崩壊を知っている掘北を退学させようと考えています。

しかし、櫛田から直接事件の詳細を聞いた堀北は学級崩壊のことについて知らなかった様子。

櫛田にとっては少しでも知っている可能性があるなら野放しにしておけない、そんな考えなのでしょう。

完全にとばっちりですが、自分の過去をクラスに知られてしまうと立場が危ういため、自分の身を守るためと考えればそんな対応になってしまうのはわからくもないですね。

そんな闇があることで櫛田はDクラスへ配属されていますが、どこにも欠点が見当たらなそうな掘北はなぜDクラスに居るのでしょうか?

【よう実】堀北はなぜDクラスなのか?

学力、知性、身体能力などAクラス並みのステータスを持っている優秀な掘北。

Dクラスに居るのはなぜなのでしょうか?

堀北には大きな欠点がありました。

それは、協調性です。

他人を思いやる気持ちも皆無ですが、他人と協力し合う能力が0に近い。

兄、堀北学には「相変わらず孤高と孤独を履き違えている」と言われています。

やはり、他のステータスがずば抜けている分他人をお荷物と感じてしまうのでしょう。

中学校では他のクラスメイトなどと衝突するところがあり、問題視されていたよう。

そこで社会人となるために矯正が必要だと感じた教師は堀北をDクラスに配属とした。

優秀な堀北ですが、実はコミュ障なのでしょうか(笑)

それであれば少し親近感がわきますね。

そんなプライドの高い堀北がDクラスの面々と協調しあい、今後Aクラスへ上がれるのでしょうか?

これからが楽しみですね。

まとめ

・堀北と櫛田は中学時代同中であったが、クラスが同じだったことは1度もないため堀北は櫛田のことをあまり覚えていない。

・櫛田は過去の学級崩壊を知っているかもしれない掘北を退学させようと考えている

・今の所堀北が退学した話は出ていない

・協調性が欠けており、矯正が必要だと感じたため堀北はDクラスへ配属されている

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

【ミカタ生インタビュー⑦】中学受験において番狂わせは茶飯事!?「覚悟」と「強い信念」を貫き通し、絶望の淵から這い上がったミカタ生を直撃
【トラウマ注意】猛スピード【 怖さ★★★★ 】
マーベリック スクリプトタグ

マーベリック 広告タグ
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする