【動画初投稿】1分でテンション上げる方法!

【ドクターストーン】あさぎりゲンは黒幕?死亡や石化復活・過去についても




漫画とアニメが人気の作品「ドクターストーン」に登場する朝霧幻(あさぎりゲン)。

主人公・千空の頼りになる仲間の一人です。

優れた知能を持ち、五知将に任命されています。

特に、交渉・話術では、仲間たちのなかで最も優れていると言ってもいいでしょう。

ここでは、あさぎりゲンは黒幕なのか?

死亡や石化復活、さらにあさぎりゲンの過去について説明します。

それでは早速見ていきましょう!

スポンサーリンク



【ドクターストーン】あさぎりゲンの黒幕説や裏切りはある?

まず、あさぎりゲンの黒幕説と裏切り説について解説します。

ゲンは、物語の中で、一筋縄ではいかない曲者っぷりを見せていました。

そのため、「ゲンが石化事件の黒幕なのではないか」とか、「ゲンは千空のことも裏切るのではないか」という憶測がありました。

実際にはどうだったのでしょうか?

黒幕はあさぎりゲンではなく機械生物の石化装置

石化事件の黒幕は、あさぎりゲンではなくて、機械生物の石化装置・メデューサでした。

あさぎりゲンは、全体的に言動が怪しく、黒幕説にも信ぴょう性がありました。

しかし、実際には違ったわけです。

ドクターストーンの物語では、他にも様々な人物に黒幕説がありました。

結局、全員違ったという事ですね。

司帝国から千空側へ寝返った

「ゲンが千空を裏切るのではないか」という説には、根拠があります。

そもそも、ゲンは最初は司帝国の人間だったのです。

司の命令で、千空が生存している可能性を調べていて、石神村にたどり着きます。

そこで千空に出会い、司に報告しようとするのですが、その前に千空に篭絡(ろうらく)されて仲間に加わりました。

そうやって裏切って千空の仲間になったゲンは、「今度は千空のことも裏切るのではないか」と噂されていたのです。

ちなみに、裏切りの決め手になったのは、大好物のコーラを千空が再現して見せたことです。

ゲンにとって、「文明の象徴」がコーラだった、という事ですね。

最終回まで千空への裏切りはなかった

そんなゲンですが、千空の事は最終回まで裏切りませんでした。

最終回では、ゲンは外交官を務めています。

大樹と杠の結婚式に参加した後、千空からタイムマシンを製作していることを聞いて仰天していました。

ゲンは終始怪しげな言動をしていましたが、結局「いい人」だったのでしょうね。

言動や行動は、偽悪的なものだったのでしょう。

自分で望んで、怪しく見えるように行動していたようにも見えます。

ゲンは心理学にも長けていますから、自分の怪しげな振る舞いで本当に裏切っている人間をあぶりだそうとしたのでしょうか。

【ドクターストーン】あさぎりゲンは死亡しない

スポンサーリンク



ドクターストーンの物語りでは、激しい戦闘もいくつもありました。

千空の仲間たちは、何度も命の危機にさらされています。

ゲンも例外ではありません。

次は、ゲンが死亡するのかについて説明します。

石槍で刺されて死にかける

ゲンは、石神村でマグマに石槍で刺されています。

マグマは、戦闘能力だけなら石神村で最も強い男です。

ゲンは抵抗もできずにボコボコに殴られて大けがを負います。

さらに槍で刺されて血が飛び散り、殺されてしまったように見えました。

しかし、この時飛び散った血はただの血のりでした。

かつての文明社会では、マジックと心理トリックで芸能人として活動していたゲンは、服の中に血のりを仕込んでいたのです。

飛び散った血を見たマグマは、ゲンを殺したと勘違いしたため、一命をとりとめています。

宝島編:イバラによって石化して復活

宝島編では、ボスのイバラによって千空以外の全員が石化させられています。

この時に、ゲンも石化させられました。

しかし、戦闘後に千空によって復活させてもらっています。

南米アラシャで全人類が再度石化して復活

南米のアラシャでの戦いの結果、全人類が再び石化したときも、ゲンは石にされました。

この時は、復活まで数年の時間がかかりましたが、最終的には千空によって仲間たち全員が復活しています。

突然メデューサが起動し石化して復活

保管していたメデューサが突然作動したことで、ゲンと陽が石化したこともありました。

すぐに復活させてもらいましたが、メデューサが作動した原因が不明で、なぜそのような事態になったのかは、視聴者の間で議論になりました。

ゲンが実は黒幕で、疑われないためにわざと石になったという説もありましたね。

ゲンの言動がいつも怪しいのが原因でしょう。

あさぎりゲンに死亡フラグがあった?

ゲンには死亡フラグがあったと言われています。

石神村で、千空が作った発電機に触れて、物思いにふけっているシーンがそれです。

このシーンの後、前述したようにマグマに襲撃され、ゲンは死にかけます。

しかし、実際には死亡せずに生き残りました。

死亡フラグは回避できたということですね。

石化&石化解除で全快・絶命しても生き返る

アラシャでの戦いの後は、大けがをして死亡してもいったん石化して石化解除すれば生き返ることが証明されています。

これにより、千空の仲間たちが死亡する確率はずいぶん低くなりました。

最終回でも死亡しない

そして、ゲンは最終回まで死亡せずに生き残ります。

途中で死にそうなキャラクターだったのに、しぶとく生き残りました。

以外と根性があるキャラだったな、という印象がありますね。

【ドクターストーン】あさぎりゲンの過去

次は、あさぎりゲンの過去について詳しく説明しましょう。

ゲンは、かつての文明社会でどのような仕事をしていたのでしょうか?

メンタリストとして活躍

かつての社会で、ゲンはメンタリストとして活動していました。

マジシャンのようなテクニックと、心理学を組み合わせて、芸能人として活動していたようです。

「マジック心理学」という本も出版していたとのこと。

メンタリストという名称から考えても、キャラクターのイメージは某有名人なのでしょうね。

軽めの言動にも名残があるような気がします。

声帯模写のモノマネも出来る

ゲンは多才で、声帯模写のモノマネも得意です。

物語中でも、アメリカの有名歌手のモノマネをして敵をだましていました。

なんというか、非常に役に立つ男ですね。

頭脳戦においては、かなりチートな能力を持っていると言えるでしょう。

まとめ

スポンサーリンク



ここでは、あさぎりゲンは黒幕なのか?

死亡や石化復活、さらにあさぎりゲンの過去について説明しました。

・黒幕はゲンではなく機械生物のメデューサ

・司帝国から千空側に寝返り、最後まで生き残って千空を裏切らなかった

・かつての文明社会では、メンタリストとして活動していて、マジック・心理学・声帯模写な どの特技がある

ここまでお読みいただきありがとうございました!

【ミカタ生インタビュー⑦】中学受験において番狂わせは茶飯事!?「覚悟」と「強い信念」を貫き通し、絶望の淵から這い上がったミカタ生を直撃
【トラウマ注意】猛スピード【 怖さ★★★★ 】
マーベリック スクリプトタグ

マーベリック 広告タグ
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする