【動画初投稿】1分でテンション上げる方法!

【ドクターストーン】クロムかわしいしイケメンでかっこいい!真の主人公なのか解説




漫画とアニメが人気の作品「ドクターストーン」に登場するクロム。

主人公・千空の仲間の一人です。

ストーンワールド(3700年後の世界)において、妖術使いを名乗り、すでに失われている科学をたった一人で追い求めていました。

千空と出会い、過去の科学の知識を学ぶことで、飛躍的に成長します。

ここでは、クロムがかわいい、イケメンだしかっこいいと言われる理由と、実はクロムが主人公なんじゃないのかと言われている理由を説明します。

それでは早速見ていきましょう!

【ドクターストーン】クロムがかわいいしイケメンでかっこいい!

ドクターストーンに登場するキャラクターの中で、クロムは「かわいい」面と「カッコよくてイケメン」な面を両立させている珍しいキャラクターです。

ドクターストーンのキャラクターは、「かわいい」キャラと「かっこいい」キャラとに、はっきり分かれていますからね。

千空はかっこいいですが、あまりかわいくはありません。

まずは、クロムのかっこいい面とかわいい面を説明します。

仲間との約束は絶対に裏切らない姿がかっこいい

クロムは、仲間との約束を絶対に裏切らない男です。

友情に厚く、仲間のためならば命を賭けることも厭いません。

そして、クロムが命を賭けると言ったならば、本当に命を賭けて成し遂げようとするのです。

言葉に重みのある男ですね。

クロムがやると言ったならば、絶対にやり遂げてくれるのだろうというカッコよさがあります。

ひらめきの良さが長所でありかっこいい

クロムは、発想力においては科学王国でNO,1の人間です。

とっさのひらめきだけならば、千空をしのぎます。

いわゆる「天才肌」の人間といえるでしょう。

科学に対する先入観がないクロムは、自由な発想でのひらめきは得意なのです。

そのひらめきの良さがクロムの最大の武器で、かっこいいところですね。

科学を愛する熱い部分がイケメンでかっこいい

クロムは、科学に対する熱い情熱を持っています。

子供のころ、まだ科学という言葉を知らない頃から、「世界のルール」を求めて、鉱石や薬草を集め、試行錯誤を繰り返していました。

その「世界のルール」こそが科学であると千空から教わって、クロムは科学に対する愛情を深めます。

クロムは、科学に最も重要な「知的好奇心」を持っている男なのです。

千空のようにクールで冷めた態度ではなく、熱い情熱で科学を愛するクロムの姿は、とてもイケメンでかっこいいですね。

科学に純粋で可愛い

クロムは、科学に対してとても純粋です。

科学の素晴らしさや凄さを、そのまま素直に受け止めています。

科学の生み出した電気の光や、科学の万能薬である抗生物質といったものに、心から感動して喜ぶのです。

その姿は、かわいさすら感じます。

千空のかわいげのなさとはえらい違いですね。

クロムがかわいい・かっこいいという声

クロムには、視聴者からのかわいい・かっこいいという声が沢山あります。

そのうちの一部を紹介しましょう。

クロムのかっこよさと人気ぶりが良くわかるコメントばかりです。

確かに、発想力で科学を扱うクロムの姿は、かっこいいですからね。

【ドクターストーン】クロムが真の主人公?

スポンサーリンク



視聴者の間では、クロムがあまりにも主人公っぽい行動をするものだから、「真の主人公はクロムなんじゃないか?」とまで言われています。

理由の一つは、千空が主人公っぽくないからなのですが。

確かに、クールで冷めていて、悪役っぽい雰囲気のある千空よりも、クロムの方がずっと主人公らしいですね。

次は、クロムが真の主人公だと言われている理由を一つずつ説明しましょう。

知識ゼロの状態から試行錯誤している

クロムは、科学が失われているストーンワールド(3700年後の世界)で、科学知識0の状態から試行錯誤を繰り返してきました。

その努力する姿勢は、主人公にふさわしいものではないでしょうか。

仮に、ドクターストーンに千空が登場しないのなら、クロムが0から科学を発展させる話になっていたかもしれませんね。

タングステンのみを温めるという技に成功

クロムは、千空からタングステンの加熱装置の製作を頼まれて、見事に成し遂げました。

これまでに自分が得てきた知識を総動員して、成功するまで繰り返し努力する姿は、まさに主人公のようです。

科学知識の師匠である千空をうならせる成果ですね。

少年漫画の古典的な主人公像

クロムの姿は、古典的な少年漫画の主人公を思い出させられます。

努力し、工夫し、仲間との友情に厚く、協力して勝利をつかみます。

まさに、ジャンプ漫画の「古き良き主人公」の姿そのままです。

少なくとも、千空よりも少年漫画の主人公らしいのは間違いありません。

絶体絶命でも最後まで諦めない性格

クロムの、絶体絶命の状況でも最後まで諦めない性格も、クロムが主人公だと言われる所以です。

クロムは、どれだけ追い詰められても諦めずに打開策を考え続けます。

そして、その発想力で道を切り拓くのです。

その姿はまさに主人公そのものですね。

ドライな千空にも見習ってほしいです。

まとめ

スポンサーリンク



ここでは、クロムがかわいい、イケメンだしかっこいいと言われる理由と、実はクロムが主人公なんじゃないのかと言われている理由を説明しました。

・仲間を大事にしていて、情熱を持って科学に向き合う姿がかっこいい

・科学を純粋に追い求める姿がかわいい

・千空よりもずっと主人公っぽい

ここまでお読みいただきありがとうございました!

【ミカタ生インタビュー⑦】中学受験において番狂わせは茶飯事!?「覚悟」と「強い信念」を貫き通し、絶望の淵から這い上がったミカタ生を直撃
【トラウマ注意】猛スピード【 怖さ★★★★ 】
マーベリック スクリプトタグ

マーベリック 広告タグ
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする